「いいな」を届けるWebメディア

エンタメ

2017年10月13日 更新

「え。大人がまだマンガ読んでんの?」→有吉がピシャリ!

40歳を過ぎたけど、まだ少年誌を読む。皆さんは、いつ卒業したの?(会社員・45歳)

10月11日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)にて紹介された視聴者の悩み。

寄せられた相談に返した有吉弘行さんとマツコ・デラックスさんの言葉が注目を集めました。

漫画(イメージ)

写真:PIXTA

毎週発売されるジャンプやマガジンをつい購入してしまうという45歳の会社員。

子どもの頃に抱いたワクワクするような高揚感はないけど、クセになっているそうです。

はたして、漫画を卒業できるのか? 60歳になっても読み続けていいの?

投稿者の気持ちに共感できるか。有吉さんとマツコさんの2人は私見を述べました。

有吉&マツコが鋭く意見

有吉さんが「今はとくにそうなってきてるだろうねえ…。昔の人達と比べると」と言葉を発すると、マツコさんは文芸雑誌が漫画へと置き換わったのでは?と、一例をあげて推測します。

「昔の人は昔の人でなかったのかな、そういうの? 文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう)とかをクセで買っちゃうのと変わらないと思うんだよ。あれって60代とか70代の人が買ってるんだって」

「たぶん、自分がサラリーマンの時に読んでいたのを、リタイアされてもずっと買い続けてるわけじゃん…。それが漫画になったのよ」

すると、有吉さんは、漫画を嗜む行為について否定的、批判的な意見を耳にすると話します。

有吉弘行さん

写真:MANTAN / アフロ

「まだいるからね。『え?漫画なんて読んでんの?』って人が」

さらに、このような意見をピシャリ! こう表現しました。

「そんな奴が、漫画原作のドラマでボロッボロ泣いてたりとかね!」

マツコさんも同調。反省を促し、たしなめました。

「いいかげん気づかないとね。漫画なんてとっくのとうだしさ、今やオタク文化が日本の主流だし、そこがお金を動かしているわけだしさ」

マツコ・デラックス

写真:Sports Nippon / Getty Images

2人の意見には「まじで共感」「馬鹿にしたり、否定するのは違うよね」「オタクキモイとか言うならそれを突き通してもらいたい」など共感の声が多く寄せられました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです