「いいな」を届けるWebメディア

【これは信じる】 子供を黙らせた『サンタの図解』がスゴイ…!

もうそろそろ子ども達がクリスマスを意識し始める頃です。一方、毎年のように大人達の頭を悩ませるのが、サンタを信じ切る子ども達からの質問攻め。

「サンタはいるの?」「サンタは誰?」など直球の質問に対し、できるだけ夢を壊さないような回答を返したいところですが…これが難しい。なかなか緊張感を伴うやり取りではないでしょうか。

サンタクロース

写真:PIXTA

「世界サンタクロース協会組織図」がスゴイ!

好奇心いっぱいの子ども達とどう向きあえばよいのか。なの(@nanong_551)さんがツイッターに投稿した「世界サンタクロース協会組織図」の仕組みが話題になっています。

サンタクロースの仕組みを図解したイラスト

イラスト提供:なの(@nanong_551)さん

説明によると、まずトップに座するのが、選ばれしただ一人のサンタである会長。そして、配下にオセアニア本部、ヨーロッパ本部、アジア本部、アメリカ本部、アフリカ本部などの支部が存在します。

アジア本部から日本支部→全国47都道府県→市区町村担当へとつながり、子ども達のもとにプレゼントが届きます。なお、「全日本トナカイ飼育・養成センター」への出向や企業へ臨時配属される「産業サンタ」といった現実っぽい制度も設けられています。

「Q&A集」反論の隙を与えない…!

さらに、組織図をみた子どもから寄せられる疑問点もまとめています。

子供から寄せられたサンタクロースへの疑問に対する回答集

イラスト提供:なの(@nanong_551)さん

サンタクロースが複数人いる理由、デパートの包み紙が使われている理由など、夢を壊さないギリギリのラインをせめぎ合うように、どれも論理的に返しています。

「お母さんは、外れだった」……。妙にリアル!

世界サンタクロース協会組織図が拡散されると、「我が家も、今年はこれで子供にサンタの有無を伝える!」「笑った」「これは小学生中学年辺りまでなら信じちゃうかも」「こんなセンスが欲しい」などの反響が寄せられます。

ちなみに、質問集は昨年以前に寄せられた内容も含むとのことですが、「今年も依然として信じています」と、なのさんは話します。壮大すぎる組織図に、むしろ夢は膨らむ…?

【関連記事】
サンタはいるの?と聞かれたら……『現代の大人らしく、スマートな返答』が話題

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです