【感動】呼びかけから1年―「BLEACH」久保帯人ファンレターの差出人が見つかる

漫画「BLEACH」の作者、久保帯人氏は連載中にもらった1通のファンレターの差出人を探すために2016年11月に呼びかけのツイートを投稿し、大きな反響を呼びました。

久保帯人氏のTwitter(@tite_official)

1通のファンレター・・・

きっかけは久保先生のこのツイートから。

BLEACH連載中には数え切れないほどのファンレターが届いたそうですが、久保先生はそのすべてに必ず目を通していました。

連載10年目のころ、体を壊してしまい連載しては休載を繰り返すものの一向に体調がよくならず、

連載の終了を考えるまで衰弱してしまいます。

「漫画家失格だ…。」そんな風に毎日悩んだ時期がありました。

そんな時に、ある1通のファンレターが届きます。

そんなある日、久保先生のもとに名前も住所も書かれていない一通の手紙が届きます。最初はイタズラかもと思った久保先生ですが、いざ開けてみると、それは病により余命1年半を宣告された闘病中の男の子からの手紙でした。

その手紙には名前も住所もありませんでした。

何かのイタズラかと思いながら開けたその手紙は余命1年半を宣告された男の子が書いたものでした。

突然の病によって入院生活を余儀なくされ、何をしても友達と遊んでいた頃を思い出して面白いと思えなくなってしまったこと、そして自分の病気がもう治らないということを知っていること、そんな状況の中で希望を与えてくれたのが毎週連載される「BLEACH」だったことなどが書かれていました。

「『BLEACH』の次の巻が楽しみで、入院してから初めて明日のことこ考えるようになったこと」

そして、

「自分がもうこの世にいないこと」

これを見た久保先生は差出人を探すためにTwitter上で漫画という形にして呼びかけました。

 

あれから1年・・・。遂に差出人の情報が!

差出人は同じ病院に入院していた友人の方だったそうです。