「あれ?この曲って」19年前のあの名曲が『午後の紅茶』CM登場で話題に!

「ん?この曲どこかで聴いたことがある!」

テレビやラジオから流れてくる音を聴いて、こんなことを思うときがありませんか?

今回ご紹介したいのはそんな、ある特定の世代には懐かしい、キリンビバレッジの『午後の紅茶』CM起用曲です。

「あいたいって、あたためたいだ。」

こちらは「あいたいって、あたためたいだ。17冬」篇と名付けられた製品ブランドムービー。

冬の夜空の下で『午後の紅茶 あたたかいミルクティー』を手に、女優・タレントの上白石萌歌さんがある歌をほぼアカペラで歌っているのですが・・・

この歌、実はスピッツの名曲『楓』だったことに気付きましたか?

この曲の発表は1998年。30代・40代には青春時代を思い出させる曲です。

「なんか聴いたことある・・・」と気になったそこの70年代後半~80年代生まれのあなた!

それですよ、将来への希望と不安、上手く説明できない怒りと悲しみ、そして根拠のない自信に溢れていたあのときに流れていたスピッツの『楓』。

(画像はスピッツ公式サイトから)

やはりYouTubeにアップされたこれらの動画には「懐かしい」との声があがりましたが、一方で「いい曲だから調べに来た!」という10代・20代と思われる視聴者もチラホラ。

「懐かしい」CMソングが気になった人多数

そして、『楓』は様々なアーティストによってカバーされていました。

 

 

すでにリリースから19年の歳月が経っているわけですが、それでも当時のことを知らない今の若い世代に支持されるスピッツの『楓』は、名曲に時代は関係ないということを改めて教えてくれました。