「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2017年12月18日 更新

女子大生社長がセクハラ被害を告白。「クスリ盛られたなと確信」

今、Twitter上で#metooというハッシュタグが流行しています。

きっかけは女優のアリッサ・ミラノさん。

Me too。

友人が提案しました。「セクハラや性的暴行を受けてきた全ての女性が『Me Too(私も。)』と投稿すれば、人々に問題の深刻さを知ってもらえるかもしれません」

このツイートが世界中に広まり、日本でもたくさんの#metooが投稿されています。

「女子大生社長」椎木里佳さんもセクハラ被害を告白

椎木里佳さん(@rikashiikiamf)の公式Twitter

 

先日、ブロガー・作家のはあちゅうさん(本名・伊藤春香さん)が大手広告代理店、電通勤務時代に受けた壮絶なパワハラ・セクハラを告白しましたが、こうした被害は私たちの想像以上に多いようです。

中学3年生のときマーケティング会社を起業したとして話題になった椎木里佳さん(現在慶應義塾大学在学中)は先日、このようなツイートをしてセクハラ被害を打ち明けました。

現在は女子大生社長として活動している椎木さんは仕事の関係で打合せへ。会食しながら仕事の話をする予定でしたが、相手の男性が用意した飲み物を口にした途端、「ガクンと脳」にくるような異変を感じたそうです。

椎木さんのツイートの通り、その後は彼女なりの“対策”を実行しているそうですが、このような対策は今後、残念ながらすべての女性に必要になるかもしれません。

今年はツイッターをはじめとするSNSでセクハラ被害が数多く報告されました。

どのような職種・職場であっても、女性が働くことには様々な困難が立ちはだかっているという厳しい現実に、私たちはどのように立ち向かえばよいのでしょうか。

被害を受けた方々の心の叫びを、老若男女問わず誰しもが真剣に受け止める必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです