子供が算数でいちいち途中式を消す癖→「余計な式が残ってたらバツにされるから」

小学校教育についてはしばしば問題になることがありますが、Twitterでのある投稿が物議を醸しています。

算数教育に物議「どういう指導をしているのだろう」

「余計な式が残ってたらバツにされるから」

というのは確かにちょっと不思議な感じがします。たしかに途中式を残しておかないと検算もできません。

算数教育という意味では、簡単な計算を暗算する癖をつけるといった効果があるのかもしれませんが、それを「途中式は書いてはいけない」と間違って子供が解釈してしまったということでしょう。

同じような声が続々・・・

一度書いた途中式を消すというのはあまりにも非効率ですが、同じような事がよく行われているようです。

大学でも同じような声が

小学生が先生の言われたからと言って、途中式をわざわざ消していた癖が大学生になっても残っていたのでしょうか。

「正解だけが許される」育ち方をしたら社会に出ても困る?

このツイートが話題を呼び、中には「正解だけが許される」という教育を受けて育つと、失敗を恐れて何もできないようになってしまうという意見もありました。

途中式と同じように自分がしてきた事や失敗を隠そうとするようになってしまうのではないかというような意見がありました。