小田急線新宿駅のトイレが『神すぎる』と話題に

旅行や出張で大きい荷物があって、「トイレがしにくい」、「外に置いていたら不安」、といった思いをしたことはありませんか?そんな悩みを解決してくれる便利なシステムが小田急線新宿駅に設置されてツイッターで話題になっています。

 (ツイートは顔須竜児さんのツイートから)

このシステムは株式会社ジブタニが開発した大型荷物一時保管装置「バゲッジポート」と呼ばれるもので、2016年のグッドデザイン賞を受賞。その後満を持して2107年春から販売を開始したものです。使い方はいたって簡単。荷物にチェーンを通した後にSuicaなどのICカードをリーダーにかざすだけでロック完了。外すのも同じICカードをかざすだけで良いのでとっても簡単です。しかも無料なので気軽に使うことができます。

(動画は株式会社シブタニの公式サイトより)

なお、ロックに使用したICカードを紛失した場合もマスターカードやマスターキーで強制解除が可能なので安心です。

ツイッターでも「ハイテク!」「かっこいい〜」「利用者の不便をわかっているな〜」などなど、賞賛の声がたくさん上がっております。もうすでに大宮駅や池袋のバスセンターなどで使われており、今後ますます普及していくと思われます。今後もこういうシステムが登場することで、より快適でスムーズな社会になることが期待されます。

 

関連記事

関連記事

関連記事