「完成度高すぎ」ドキンちゃんの代役の声優に絶賛の声!

11月に急逝した鶴ひろみさんさんの代役として12月22日に放送された「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん役を佐久間レイさんが担当することになりました。

長年愛されてきた鶴さんのドキンちゃん役という事もあり注目されていましたが、代役で完成度高すぎな演技でドキンちゃんを演じた佐久間レイさんに絶賛の声が寄せられています。

佐久間レイがドキンちゃんを演じる!

11月26日に「アンパン」のドキンちゃんや「ドラゴンボール」のブルマなどの声優を担当していた鶴ひろみさんが大動脈解離のために急逝した事が報じられました。

人気キャラクターの声を数多く担当していた鶴さんの訃報に対しては悲しみの声が多数寄せられるとともに、鶴さんの代役は誰が演じるのかが注目されていました。

そうした中、12月22日に「それいけ!アンパンマン」が放送される事になり、鶴さんの代役としてドキンちゃん役を同作品のバタコさん役でもおなじみの佐久間レイさんが担当する事になります。

この日放送された「コキンちゃんとクリスマスのおくりもの」で佐久間さんはバタコさんをいつものように演じつつ、ドキンちゃんの声も担当する一人二役に挑むにあたっての決意をブログで綴っています

放送前は、鶴さんのドキンちゃんの声は特徴的な事もあり代役がうまくいくのかと心配する意見もありました。

しかし、佐久間さんは声の抑揚のつけ方や語尾の震え具合まで見事に鶴さんの声に近づける見事な演技を披露して、素晴らしいと絶賛の声が多数寄せられる事になります。

ちなみに今回の佐久間さんが担当するドキンちゃんはこの日の放送限定で、次回からの「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんは以前収録されていた鶴さんの声で放送されます。

そして、2018年1月26日放送予定の1390話からはドキンちゃんの声を冨永みーなさんが演じる事になります。

正式なドキンちゃんの後継者は冨永みーなさんですが、一話限定とはいえ見事なドキンちゃんの声を演じた佐久間さんのスキルは素晴らしく、改めてプロの声優さんは凄いと言いたくなります。

関連記事

関連記事