容疑者は全員ロバート秋山?→「黒い十人の秋山」のどんでん返しに驚愕の声

お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんが主演を務めたドラマ「黒い十人の秋山(テレビ東京系)」が12月26日深夜に放送されました。

この作品は、タイトルが示す通り離島のホテルで起こった殺人事件の10人の容疑者をロバート秋山さんが1人で演じる事が話題で、放送前から注目を集めていました。

 ロバート秋山が“1人11役”に挑むドラマ「黒い十人の秋山」!

お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんは”憑依型芸人”としての特性を生かして、様々な職業の架空のキャラクターを1人で演じる「クリエイターズ・ファイル」が好調です!

そんな、ロバート秋山さんが主演を務めたドラマ「黒い十人の秋山(テレビ東京系)」が12月26日深夜に放送されました。

この作品は、嵐の夜、離島のホテルで起きた殺人事件の10人の容疑者を全員ロバート秋山さん演じるストーリーが展開。

ホテルの客役・本庄一朗役を滝藤賢一さん、殺人事件を調査する刑事・桐島さなえと取手健を仲里依紗さんと満島真之介さんがそれぞれ演じています。

劇中で、ロバート秋山さんは世界的ファッションデザイナーのYOKO FUCHIGAMIをはじめ、オペラ歌手、美人秘書、外国人画家、建設会社社長、美容整形外科医、サーファー、プロゴルファー、ファッションモデル、猫を飼う男の10人の容疑者を演じます。

この殺人事件の10人の容疑者に加えて、「クリエイターズ・ファイル」の中でもYOKO FUCHIGAMIと並ぶ人気キャラ・天才子役の上杉みちくんも友情出演!

ロバート秋山さんは、1人11人役という前代未聞のチャレンジに挑む事になるのです。

ドラマは前半は、ロバート秋山さんの”憑依芸”が爆発して、クセの強いキャラクターが続々と登場するコミカルな展開が続き、キャラが渋滞しすぎなカオスな画面が爆笑を誘います。

ただし、物語の後半からはシリアスなムードが強くなると、結末はまさかのどんでん返しが待ち受け視聴者を驚愕させます!

 

作品を見た人からも、予想もつかないラストの展開やロバート秋山さんの演技が絶賛されています。

また、カメレオン俳優の山田孝之さんの企画も見たいという意見もあり、ぜひとも企画の実現して欲しいですね!

ちなみに、放送は終了しましたが、「黒い十人の秋山」は期間限定で全編無料で視聴可能です。