相手の気持ちが分からない人の特徴・原因と対処方法

人はいろんな人と関わり生きています。気の合わない人と無理に時間を共有する必要はありませんが、自分の周りの大切な人とより良い関係を築くためには、人の気持ちを理解することが大切です。

もちろん、100パーセント他人の気持ちを理解することはできません。しかし、分かろうと努力することはできるはずですよね。しっかりと相手の気持ちを考え理解し、良い関係を築けるようにしましょう!

相手の気持ちが分からない人の3つの特徴とは

人と会話をしていると、少し違和感を感じたり、モヤモヤしてしまったりすることはありませんか?そういう場合は、相手との人間関係がうまくいっていないサインかもしれません。相手に問題があるのか、自分に問題があるのかわかりませんが、まずは相手の気持ちがわからない人の特徴を理解しておきましょう。

相手の感情が理解できない

色んな人がいて、色々な考え方が存在しています。あなたにとって大したことでなくても、他の人にとっては重大なこともあるかもしれませんし、その逆もあるでしょう。それなのに、いつも自分の基準で物事を見たり判断してしまう人がいます。

自分の基準で見たことを、自分の心の中にしまい込んでいるのなら問題は無いのですが、相手の気持ちを考えられない人はありがたいことに、それをわざわざ伝えてきます。自分の言ったことに対する否定とも取れるような対応をされてしまうと、悲しくなったり腹立たしく思ったりしてしまいます。

まずは、相手が言っていることをそのまま受け止めるようにしましょう。「○○さんはそう思っているんですね」といった風に、そのまま受け止めるのです。これだけでも相手は自分の気持ちを理解してもらえたと安心することができます。相手の感情を理解することができなくても、この方法ならスムーズに会話が進みます。

言葉の裏を読めない

顔でイエスと言って心はノーと言っている。日本語では、こういったことがよくあります。言葉だけでなく、相手の表情や置かれている環境、雰囲気などを全てイメージして何を考えているのか想像することが必要な場合もあります。

相手の話を聞いてすぐに判断したり、答えを出したりせずに、相手の様子を見ながら少しずつ話を進めて、建前なのか本音なのかを判断したり答えを出したりするようにすると安心です。

人と表面上でしか付き合えない

今の時代は、表面上でしか付き合えない方が多いかもしれません。理由は色々ありますが、深い内容の会話をすることで自分が傷ついたり、相手を傷つけてしまったりするのを避ける為だったりもします。

ある意味、これもまた時代にマッチした付き合いと言えるのかもしれませんが、もう一歩踏み込んだ付き合いをしたい場合は、同じ目標を持っている人や趣味が同じである人だと話が合いやすいかもしれません。

また、多少傷付くリスクを負う覚悟で会話することも必要です。あなた以上にコミュ力が低い人もいるでしょうし、人間嫌いの人と話すこともあるからです。

▼関連記事
好きな人の気持ちを確かめたい時に使えるテクニック!脈アリサインはこれ

片思いの相手の気持ちが分からないときはどうする?

相手の気持ちを真剣に考える機会は、恋愛している時が一番多いのかもしれません。好きな人ができると、相手はどう思っているのだろうと気になることってありますよね!

しかしいくら想像をしても、好きな相手の気持ちは理解できないと感じることの方が多いですよね。どうしたら好きな相手の気持ちを理解できるようになるのでしょうか?

他人の立場を想像してみる

全く異なった環境で暮らしている人の立場になってみるのは、なかなか難しいことかもしれませんが、できる範囲で想像してみましょう。その上で、会話内容をもう一度思い起こしてみると、どんなところで相手が戸惑っているのか、悩んでいるのかが見えてくることがあります。

例えば、あなたは朝出勤までに比較的時間があるが、相手は朝早くからの仕事の為に夜は早く寝る必要があり、あなたといつも遅くまでデートすることができない。

あなたは、早めに帰ってしまう彼氏に不満を抱くかもしれませんが、朝暗い内に起床して寒い中準備して出かける彼氏を想像すれば、それに怒るどころか、むしろ少しでも早く帰って寝て欲しいと思うのではないでしょうか?

もしかしたら最初は何も想像できないこともあるかもしれませんが、相手の立場に立ち理解しようと努めることが大切なのです。それを繰り返していくことで分かるようになることもありますよ!

人と積極的にかかわる

何でもそうですが、慣れることで上手になってくることがたくさんあります。コミュニケーションもその一つです。

一緒にいると気持ちよいと思える人がいるなら、その人がどんな対応をしているのかちょっと気を付けて見てみると良いでしょう。会話の内容はもちろん、視線の行先や姿勢、表情など、気づくことがたくさんあるはずです。

大人の発達障害の可能性もある

恋愛上だけでなく、全ての人付き合いにおいて相手の気持ちが分からず上手く行かない場合は、大人の発達障害の場合も考えられます。気になる方は、一度診察を受けてみても良いでしょう。

ただし、相手の気持ちが多少分からないからといって、全てが病気と言うわけではありません。自分と違う考え方をする相手であれば、想定外の会話になっても当然ですし、賛同できない場合だってあるかもしれません。

▼関連記事
彼氏の気持ちがわからない…もう冷めちゃった?確かめる方法

相手の気持ちを確かめるための方法とは?

会話していると、相手が何を思っているのか不安になることもあるものです。あまり気にする必要はありませんが、どうしても気になる時はアクションを起こしてみても良いでしょう。

視線や仕草を観察してみる

あなたの話を聞くときに、体を前のめりにしている場合は、あなたの話に興味があると思って良いでしょう。

更にその会話を続けても大丈夫です。反対に、下を向いて話を聞いていたりスマホをいじったりしている人は、あなたの話にあまり興味がなかったり飽きていたりすることがあります。いくら口で肯定的なことを言っていたとしても、注意して判断する方が良いでしょう。

信頼できる友人に相談する

口が堅い、信頼できる友人に相談してみるのも良いでしょう。但し、相談する時は話し方に注意することも必要です。くれぐれも、相手の悪口にならないように気を付けながら相談するようにしてください。

▼関連記事
男性の気持ちが分からない!困ったときの解決方法

カウンセリングのプロに電話で相談する

「相手の気持ちがわからなくてもやもやしてどうしようもない…」

「相手の気持ちがわからなくて自分は損している気がする…」

相手の気持ちを理解できないと、「相手は私を貶めようとしているのではないか」と思ってしまうこともあると思います。結果的に自分の心も不安になってしまいますし、とてもつらいですよね。

相手の視線を意識しても何を考えているのかわからない場合もあると思います。友達に「人の考えていることがわからない」と相談しても「それ病気じゃないの?」と言われて傷ついてしまう方も多いです。

そこでfeelyがおすすめするのが「『電話占い』でカウンセリングのプロに電話で相談する」ことです。

でも、「電話占いって占いでしょ?胡散臭いし法外な料金を取られそう…」

そう思うのが普通でしょう。

実は、電話占いは今や10代~50代の女性の5人に1人が使うという話題のサービス。気軽に、かつ安全に利用できると毎年ユーザー数が増えているサービスなんです!

以下の記事では、「電話占いとはなにか」「電話占いのメリットはなにか」「電話占いが爆発的に流行っている理由」など詳しく解説しています!電話占いについて詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

人の気持ちが分かる人になるには?

人の気持ちがよく分かる人というのは、自身もたくさんの経験を積んでいることが多いようです。だからこそ、痛みも分かるし、何をしたら相手が嬉しく思うのか分かるのです。でも、全ての人が経験豊富ではありません。分からないことがあっても当然と言えば当然です。

分からないのに分かったフリで話をしない!

分からないのに分かったふりをして話をするのも、相手にとっては不快なことです。安易に分かったとは言わないようにしましょう。

それよりも、もう少し相手の状況を聞き、理解しようとしている姿を見せる方

が良い場合もあります。

また、相手の話を半分聞いて、分からないないからと話題を変えることもしないでください。これは、相手を傷つける行為です。

分からなくても話をしっかり聞いてあげる!

人は、話し上手よりも聞き上手の方が好かれます。大好きな人を大切に思うなら、聞き上手を目指すのもオススメです。実は、人の話を真っ直ぐに聞くのはなかなかの労力を要することです。ましてよく分からないことを聞くとなれば、更に苦痛に思うかもしれません。

しかし、ちゃんと話を聞いてもらえると、人はとても嬉しく思います。話しながら、頭の中で悩みを整理することもできます。

まとめ

相手の気持ちが分からないのは、多かれ少なかれみな思うことかもしれません。むしろ、何でもよく分かると言う人の方が危険だと言えるようにも思います。心の内は、そう簡単に人に言うことでもありませんし、他人が理解できることでもありません。

でも、だからこそ相手を思いやり、丁寧に話したり聞いたりできるのでしょう。優しさがあれば、相手の気持ちや話のスピードに合わせて行くことができるはずです。そんな風に気遣いながら接するからこそ良い関係が築けるのかもしれません。

謙虚な気持ちを持ちながら、人付き合いをしたいものです。