【メンタルアドバイザーが解説】相手の気持ちがわからないのはなぜ?

職場や友人関係、恋愛などで回りの人とうまくいかずに、「相手の気持ちがわからない」とお悩みの人は少なくないのでは?相手の気持ちがわからなければ、さまざまな人間関係でトラブルが発生しやすいことは事実です。

今回は、相手の気持ちがわからない人の心理や、わかる人との違いなどを解説していきたいと思います。また、相手の気持ちがわかるようになるための改善策も紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

相手の気持ちがわからない人の心理とは


はじめに、相手の気持ちがわからない人というのは、どのような心理状態なのかについてお話ししたいと思います。

ストレスがたまっている

相手の気持ちがわからない人の心理状態として、「ストレスがたまっている」ことが考えられます。誰しも心に余裕があるときには、周囲に対して寛容になる傾向がありますよね。

ところが、ストレスがたまっている状態では、自分のことしか考えられなくなって視野も狭くなります。すると、相手について考える余裕もなくなってしまいます

相手の気持ちを考えすぎてしまう

もう一つ考えられることは、「相手の気持ちを考えすぎてしまう」ということがあげられます。人は、自分自身の気持ちでさえも、わかっているようでいて、実は正確に理解することは難しいといわれています。ましてや、他人であればなおさらでしょう。

きちんと相手の気持ちを確認することが大切ですが、なかなか自分自身をオープンにすることを、怖がっている人も少なくありません。そうなると、相手にどんな気持ちなのかを確認することも、臆病になってしまいます

相手の気持ちがわからない人はどんな行動や言動をしやすいか

次に、相手の気持ちが分からない人は、どんな行動や言動をしてしまいがちなのかについて、見ていきましょう。

言葉をそのままの意味で受け取る

人は言葉以外でも、表情やしぐさなどで気持ちを表しています。そういった部分も含めて、相手の気持ちを察することがコミュニケーションでもあります。

しかし、相手の気持ちがわからない人は、その場の雰囲気などを理解せずに、言葉のみで相手の気持ちを判断しようとしてしまいます

すると、例えば「今度食事に行きましょう」という社交辞令があった場合に、空気を読めずに「じゃあいつ?」などと、的外れな返答をしてしまうのです。

警戒心が強く自分自身を閉ざしてしまう

警戒心が強く、自分自身を閉ざしてしまっている人も、相手の気持ちがわからなくなります。こういう人は、「相手の気持ちがわからずに、今までうまくやってこれなかった」という気持ちが、自分自身の気持ちを閉じてしまうのです。

結果、さらに相手の気持ちがわからないという、負のスパイラルに陥ってしまいます。相手の気持ちをわかるためには、まずは相手に自分の気持ちを知ってもらうことも、大切なことといえます。

相手の気持ちがわからない人とわかる人の違いとは


では、相手の気持ちがわからない人をより理解するために、相手の気持ちが分かる人との違いには、どんなことがあるのか見ていきましょう。

相手の気持ちがわかる人

相手の気持ちが分かる人は、気遣いや思いやりが得意で、相手の状態に合わせて上手に対応を変えられます。例えば、相手が疲れているときには優しく労わってあげられます。また、相手が楽しそうにしていたら、自分も楽しそうに冗談を言ったりなど、その場に応じて対処できます。

ただし、相手の気持ちがわかる人は、他人のネガティブな感情にも共感しやすいので、疲れやすい傾向があるともいえます。

相手の気持ちがわからない人

一方、相手の気持ちが分からない人は、「相手の気持ちが分かる人」のように、他人の心の機微がわかりにくいのです。そのため、同じような行動ができません。

ただし、悪いことばかりではありません。相手の気持ちが分からない分、「相手のネガティブな感情に引きずられない」「自分の意志でどんどん行動できる」という側面も、相手の気持ちがわからない人にはあるのです。

恋愛で起きる相手の気持ちがわからないときの心理とは


恋愛において、相手の気持ちが分からないということは、何よりも耐えがたいことではないでしょうか。恋愛で起きる「相手の気持ちがわからない」という心理として、以下のようなことがあげられます。

  • 恋愛状態では盲目になりがち
  • 感情を振り切りがち

相手に恋をしているといった恋愛状態のときには、誰しも盲目になりがちです。また、よい方向に考えすぎたり、逆に悪い方向に考えすぎたりと、感情を振り切りがちともいえます。

それもこれも、「相手に嫌われたくないから」と、相手の本当の気持ちを確認できずにいるために、そのような傾向が多くなります。

日本人は特に、「本音と建て前」を使い分けるので、より分かりにくいでしょう。そうすると、余計に心に焦りができて余裕がなくなり、視野が狭くなってしまいます。

相手の気持ちがわかるようになるためにはどうすればいい?


ここまで、相手の気持ちがわからない人の心理や特徴などを見てきました。最後に、相手の気持ちがわかるようになるためにはどうすればよいのか、改善策をお伝えします。

相手の言葉以外の情報をよく観察する

まずは、相手の言葉だけでなく、表情や声のトーン、姿勢など、言葉以外の情報をよく観察してみましょう。「その言葉は、本心から出ているものなのか?」という、悪くいえば「疑ってみること」もときには大切です。

「目は口程に物を言う」ということわざにもあるように、言葉以外の情報を観察する能力を、鍛えていくとよいでしょう。

自分の気持ちをオープンに伝える

自分の気持ちを、オープンに伝えることも大切です。心を閉ざしていたのでは、相手も自分のことを警戒してしまいます。そうなると、相手も自分に本当の気持ちを伝えてくれることは、なかなかありません。

まずは、自分から心を開いていくことで、相手の警戒心を解かせていくことが大切です。

相手の気持ちを考えすぎない

相手の気持ちを考えすぎてしまうという人は、できるだけ考えすぎないようにしてみましょう。人の本当の気持ちなんて、どんな勉強や経験を積んでも正確にはわからないものです。

嫌われることも覚悟のうえで、ときには思い切ってきちんと確認することも大切です。

まずは自分自身を振り返り「相手の気持ちがわかる人」を目指そう

相手の気持ちがわからずに、友人関係以外にも職場や恋愛関係などで、悲しい思いをしてきたという人もいることでしょう。ただし、「人の気持ちがわからない」人というのは、ネガティブ要素ばかりでなく、回りの人に流されずに、たくましく生きていける人でもあります。

とはいえ、人間関係においては、少し苦労をしてしまうかもしれませんね。まずは、相手の気持ちをわかろうとする前に、ストレスはたまっていないか、自分のほうが心を閉ざしていないか、自身の状況を確認してみましょう。

そのうえで、相手の表情や声、ジェスチャーなどを読み取る練習をして、相手に気持ちに合わせた対応をすることも大切です。長所としていかしつつも、改善できることは試してみて、よい人間関係を築いていっていただけたらと思います。