no-image

やきもちを焼く理由と心理。かわいいやきもちの焼き方もご紹介!

やきもちと聞いて、どんなことをイメージしますか?好きな人が他の誰かと仲良くしていたり、誰かのことを褒めているのを聞いて嫉妬する人もいますが、行き過ぎるとめんどうくさい人認定されますので注意が必要です。

やきもちを焼く女性の心理

やきもちは良くないと知りながら、ついやきもちを焼いてしまう。周りを見渡せば、自分と同じようにちょっとしたことですぐに怒っている人がいる反面、ドンと構えて楽しそうに恋愛している人も目に入ります。

恋人を信じている人はゆとりがあります。ゆとりがあれば、相手に優しく接することもできますので、良い関係が続きやすいと言えます。

彼を信頼していない

好きだからこそ、不安になるのが恋愛。気が付いたら、付き合い出す前よりも嫌な人間になっていたなんて聞くこともあります。その背景には、彼が他の女性に惹かれてしまうのではないかといった心配があることが少なくありません。

つまり、自分に自信がないのです。自分よりももっと綺麗な女性の所に行ってしまうのではないか。自分よりも、もっと優秀な人に惹かれてしまうのではないか……

しかし、こういった感情はあなたの態度や言葉、雰囲気にすぐに滲み出てきてしまいます。特別な関係だからこそ、何よりも信頼が必要なのに、それがない。結果的に、二人とも疲れて自滅します。

愛されていないと感じる

愛されていると確かな感覚があれば、仮に彼の目の前に素敵な女性が現れても、やきもちは焼きません。しかし、この「愛されている確かな感覚」は人によって感じ方が様々。自分が嫌いな人や、愛を知らずに育った人などは、なかなか愛されていると感じられないので、結果的にいつも不安でやきもち焼きになりやすい傾向があります。

反対に、自分を好きな人は相手のことも信じることができます。万が一何か嫌なことが起きても、話し合って解決しようと考えるので、無駄にやきもちを焼くことがありません。無駄に誤解を重ね、無駄に傷付き合うこともあまりありません。

独り占めしたい

独占欲が強すぎる女性は、やきもちを焼きやすい傾向があります。これは、「好き」という感情が故と言うよりも、相手を自分の思い通りにコントロールしたいといった気持ちの方が強いのかもしれません。しかし、自由を奪われるような恋愛は、男性も女性も嫌。そもそも、例え恋人であっても、独り占めなどできないのだと知ることが必要です。恋人は、あなたのモノではありません。

▼関連記事
彼氏に不信感を抱いてしまう理由とその対処法

やきもちを焼く男性の心理

やきもちを焼く男性も少なくありません。多少のそれなら嬉しく思っても、あまりにもそれが強すぎれば、女性は疲れるだけ。愛情も冷めてしまうことでしょう。

さみしいから

あまり人付き合いが得意ではない人や、友達が多くないような人の中には、孤独を感じている人もいます。そんな中、恋人が一人で楽しんでいるのを見るとよりさみしさを感じてしまう。しかし、プライドがありますので素直にさみしいとは言えないのです。そして、やきもちを焼くのです。

やきもちを焼く相手は、必ずしも男性に対してだけではありません。友達と仲良く出かけていたり、何かに没頭している姿を見た時も嫉妬することがあります。もし、あまり友達がいないタイプだったり人付き合いが苦手のような男性と付き合っているのなら、彼を蚊帳の外にしないように気配りしてあげると良いでしょう。恋人がいない席での楽しかった話しは、あまりしないようにするのが優しさです。

認めてほしい

多くの男性は、凄い!カッコイイ!素敵!と褒めてもらいたがっています。それによって、男性としても恋人としても自信を持てるのです。しかし、そのチャンスが少ないと、ちょっとしたことでやきもちを焼きやすくなります。

褒めることは、認めること。そう思って接すると良いでしょう。また、感謝の言葉をどんどん伝えるのもオススメです。

男性としての本能

好きな女性を誰かに取られてしまっては大変!それは、男性の本能とも言える感情です。ですから、多少のやきもちは許してあげましょう。そして、安心させてあげてください。

男性に嫌われるやきもちの行動

やきもちも、度が過ぎれば愛情を失う危険な行為です。更に、誰かを陥れるような行為をしてしまえば、一発でその恋を失うと思っていて良いでしょう。男性にとって、自分の恋人がそんな最悪な人間であって良いわけがないからです。

悪口を言う

何気ない愚痴であっても、誰かの噂話しをしたり悪口を言う女性を嫌う男性は少なくありません。もちろん、悩みを相談するといった行為であれば良いのですが、悪口はそれを口にしている人をブスに見せてしまいますので止めることをオススメします。

男性は、心のどこかで恋人のことを自慢したいと思っているものです。それは、見てくれや能力だけではありません。「人を悪く言わない女性」と言うのも、評価が高いポイントです。

同じことを何度も言う

しつこい女性は嫌われます。同じことを何度も言うのもしつこい行為。また、随分昔のことをほじくり出してネチネチ言うのも嫌がられます。言いたいことがあったら、その時にすぱっと一言で。これが鉄則です。

また、誰かの失敗を繰り返して話題にしたり、バカにしたりするのも絶対に止めましょう。ちょっとした話題のつもりで話しているかもしれませんが、これをされると男性は疲れます。

信用していない

長くつきあ合っていれば、時に誤解が生じることもあるかもしれません。そんな時、きちんと話し合って誤解を解くことも、恋人関係において大切なルールの一つです。しかし、解決したはずなのに、その後も何度も恋人を疑ったり試したりする行為をする女性もいます。つまり、男性を信用していないのです。

信用されていないと思いながら付き合っても、楽しいわけがありません。気になることがあった時は、納得できるまでしっかりと話し合う。その後は、一切その話をしない。これも仲良くいられる大切なルールです。

▼関連記事
彼氏の女友達と彼が仲良すぎ?!嫉妬を抑える方法や対処法とは

かわいいやきもちの焼き方

やきもちはいけないと思いつつ、どうしても嫉妬してしまうこともあるかもしれません。そんな時は、恋人からウザいと思われない方法でそれを伝えてみてはいかがでしょうか。「もっと、こちらを見て欲しい、かまって欲しい」。そんな気持ちを可愛く伝える方法があります。

そっとさみしがる

忙しくて、会う時間がなかなか作れないような時、一方的に相手を責めるような言い方は良くありません。こんな時は、そっとさみしがってみましょう。そして、待ってみてください。あなたを大切に思っているのなら、きっと何かしらのアクションを起こしてくれるはずです。

甘える

あなたのそばにも甘え上手がいませんか?甘え上手とうっとうしい甘えん坊の違いは、相手に何とかして欲しいと求める甘え方と、自分の気持を素直に伝える甘え方の違い。「どうして○○してくれないの?」、「○○してくれないと嫌だ!」のような発言は、うっとうしい甘え方です。そうではなく、主語を私にして気持ちを伝えるのが甘え上手です。

「私は○○でさびしいの」。「私は○○だから○○したい」のように伝えてみてください。例えば、「ずっと仕事が忙しかったから、会える日がなくてさびしいな」とか、「できれば、今度の連休に一緒に過ごせたら嬉しいな」などです。くれぐれも、「どうして会ってくれないのよ!」とか、「今度の連休は絶対にデートするって約束してよね」などとは言わないでください。

スキンシップを取る

言葉が無くても、気持が伝わることってよくあります。さびしい時は、彼を後ろから遠慮気味に抱きしめてみてください。言葉は要りません。これで、恋人にさびしいという気持ちが伝わるはずです。

▼関連記事
彼氏に嫉妬しない女性になりたい!克服方法はあるの?

やきもちを抑える方法

やきもちを抑えてスマートな女性になりたい方に一番必要なのは、恋愛にふりまわされないこと。恋愛以外にも、夢中になれる何かを見つけることです。これは、余計なやきもちを焼かずに済むといったメリットもありますが、それだけではありません。

仕事でも趣味でも勉強でも、一生懸命に取り組んでいる姿は、キラキラしているように見えるもの。恋人も、そんなあなたを素敵だと思ってくれることでしょう。中身のあるいい女だと思ってくれるかもしれません。自分と付き合ったことで、恋人が更に素敵になって行くことは、男性にとっても鼻の高いことです。

彼氏を信じる!

何があっても、付き合うと決めたからには堂々としていましょう。万が一、彼が他の女性に心を動かされてしまったとしても、その問題はその時に考えたらいい。彼を疑いながら眉間にシワを寄せて付き合うよりもずっと良いです。ひたすら信じましょう。信じるからこそ、信じてもらえるんです。

自己肯定を高くする!

星の数ほどいる女性の中から、彼はあなたを選んだ。それは事実です。人は、自分の良いところに気が付かないことが多いもの。でも、彼はちゃんとあなたの良さを知っているんです。だから、そんな彼や彼の「目」も信じてみませんか?あなたは自分が思うよりずっと素敵です。毎朝、鏡の前で是非言ってあげてください。

「あなたは最高にいい女だ!」と。

敢えて距離を取る!

近くにい過ぎると、どうしてもぶつかりやすくなります。恋愛も同じ。敢えて距離を取ることも必要です。毎日連絡し合うよりも、時々連絡する方がワクワク感が得られて良いもの。また、デートの時も早めに切り上げるのがコツです。こうすることで、また会いたいと思うようになるからです。あなたやあなたとの時間を、恋しいと思ってくれることでしょう。

まとめ

恋愛にどっぷりと浸かっていると、他に何も見えなくなります。付き合い始めはそれもまた楽しいのですが、いつまでもこの状態でいるのはオススメできません。一人の時間も楽しめるように工夫したり、恋愛以外に何か取り組めるものを見つけることが大切です。

どんな結果になろうとも、この恋に出会えて本当に良かったと思えるようにしたいものです。