彼氏に不信感を抱いてしまう理由とその対処法

長い人生において、誰にだって不信感を抱いてしまうことが来ます。それが親族や恋人であっても同じことです。今回はこの不信感に着目して、実際に恋人に不信感を抱くのはどういうタイミングなのか、解消する方法はあるのかなど、気になる部分を解説します。

恋人に不信感を抱く瞬間

まずは、どんな行動を見て、不信感を抱くのかを考えていきましょう。思い当たる節が多すぎる方は要注意です。逆に、自分がそれらの行動を無意識でしてしまっている場合は、相手から不信感を持たれている可能性があるので、気を付けましょう。

隠し事をしている

最もシンプルではありますが、隠し事がある人はどんな理由があったとしても、不信感を抱かれます。お互いのすべてを赤裸々に見せ合う恋人は少ないでしょうが、隠し事が多すぎる人とは一緒にいたいとは思えません。

隠し事がある人はミステリアスなので惹かれる部分もあるでしょうが、隠している部分が多すぎる人と一緒にいると、信用しきれないという気持ちがどうしても発生するので、お互いにすれ違いが多発するようになってしまいます。

嘘をつかれた

どんな理由があったとしても、嘘をつかれるのは悲しいものです。物語には優しい嘘が登場することがしばしばありますが、どちらにしろ自分をだましていたことには変わりませんので、信用感がガタ落ちになって不信感が増してしまいます。

特にアウトなのが、別の異性関係の嘘です。これだけは絶対にいけません。前の恋人と陰で連絡を取り合っていたことがばれた場合、不信感を通り越していきなり分かれることになるでしょう。

実際に、浮気には嘘が必ず発生するので、異性関係のトラブルと嘘がセットとなって登場してしまった場合は、大問題に発展すると考えましょう。

時間にルーズ

これは恋人ではなくても頻繁に問題になるケースです。とにかく時間を守れない人間は信用を得られず、不信感を抱かれます。待ち合わせの時間に必ず遅れてくるとか、遅れてきたうえにドタキャンされるという人を信用することは難しいでしょう。

これは社会通念上の考え方でも適応される部分ですので、時間にルーズな人は不信感を抱かれてもしょうがない存在となってしまいます。恋人がとにかく遅刻する癖がある人だと、100年の恋も冷めてしまうでしょう。

また、約束事は待ち合わせの時間以外にもあります。例えば、近日中に借りた本やゲームを返すという約束をしたけどいつになっても返さないといった、ものの貸し借りの期限についてです。たとえ、口約束であったとしても約束された期限を守れない人は信用されません。

女に嫌われる女の特徴とは?異性だけではなく同性の目も気にしよう

彼氏に不信感を抱く原因とは

今度は不信感を抱く瞬間ではなく、抱くようになってしまう原因について探っていきます。これはある意味共通して理解できてしまう原因なので、自分の行動も顧みたほうがいいでしょう。当てはまっている傾向にある人は改善する努力が必要です。

彼氏に対する欲求が大きい

これは恋人同士になってしまったときに、不信感を抱いてしまう原因によくなってしまうものです。自分の恋人に対する欲求がひたすら大きい人は、その欲求通りにいかないと、自分の理想からは離れているという気持ちが芽生えるので、不信感を抱くようになってしまいます。

この状態が続いてしまうことで、この彼氏は信用できないと思うようになってしまい、最終的には自分の欲求をかなえることが不可能な人と見切りをつけてしまうでしょう。理想が高く欲求が大きすぎる人は、そのため次々と付き合っては別れるを繰り返してしまいます。

何度も裏切られたから

裏切りのボーダーラインはその人によって違いますが、大きな裏切りが発生しなかったとしても、小さな裏切りと感じられる行為が蓄積されるとやがては信用できないと考えるようになり、別れるようになるでしょう。

特に、女性は些細なことでも自分が裏切られたと感じることは覚えておりますが、男性の場合は小さなことは忘れてしまう傾向にあるので、お互いに大きなギャップが生まれるようになり、男性側は気にしていないけれど女性から見たら不信感の塊に見えてしまうようになります。

さりげないことで嘘をつかれる、ちょっとした約束事を忘れる、時間を守らないことがしばしばある、このような細かい裏切りが積もってしまうとやがては爆発して、完全に信用できなくなります。

お金のトラブルがあった

現代社会ははっきり言ってお金がかかりすぎます。そのため、女性であれ男性であれ、金銭感覚がないと一気に生活が苦しくなるのです。このような状況にありますので、金銭的なトラブルが発生すると高確率で不信感につながります。

お金を貸してほしいと何度も言われるのもかなり辟易としますので、それだけで信用度は一気に低下していきますが、勝手に財布の中からお金を持っていくといったトラブルが発生した場合は修復不可能な状況になるでしょう。これはもはや泥棒です。

また、トラブルにまで発展していなくても金銭感覚がなくて、浪費癖がある人が恋人になると、将来が著しく不安に感じますし、子供を作るのも不可能と感じてしまうでしょう。このような人でも浪費癖を見るたびに不信感が募ってそばにいたいという気持ちがなくなります。

不信感に対処する方法

では実際に不信感がたまり始めた場合、どのように対応してみるのが正解なのでしょうか。実際にどのような行動をしているのか、参考意見を集約して文章にしていきましょう。

彼氏と話し合う

最初にお願いしたい行動の一つが話し合いです。お互いにすれ違っている部分がはっきりとわかっている場合は、解決することができないケースもありますが、言葉にしてくれないとわからない部分も大量にありますので、まずは話し合ってください、

いったいどのような部分が信じられないのかを、正直に話しましょう。本心を見せてくれない部分があるとか、隠し事があるのではないかとか、浪費癖はどうにかならないのかとか不信感を抱いている部分を指摘してください。

さりげなく指摘してもまったく気にしないで行動する人も多いので、解消されない場合は別れるといった覚悟をもって話しましょう。話された側もどのような行動によって不信感につながっているのかを説明されれば、改善するための努力を見せてくれるはずです。

それでも、まったく変わらずに好き勝手行動するような人だった場合は、諦めたほうがいいでしょう。その後は、自分には合わない人と考えてきれいさっぱり別れる道を検討して動いてください。

彼氏とうまくいかない・・・ついついとってしまう行動と対処法3選

静観してみる

静観する、様子を見るといった方法です。信用できない出来事が積もっていって爆発した場合には取れない選択肢ですが、たまたま信用できない出来事が一度だけ発生してトラブルになっている場合は一度だけかもしれないと考えてこの選択肢を選ぶことがあります。

自分が激高して冷静になれていない部分もある場合も、有効な方法です。すぐに結論を出すよりもまずは相手の様子を見て、答えを出しましょう。ある程度期間を決めたうえで、そのまま一緒に行動し続けるのかどうかを考えてください。

一度距離を置いてみる

様子を見るだけでは足りないという人は、あえて距離を置くことも検討します。距離を置くことでお互いを考える時間を設ければ、本当に必要な恋人同士だったのかが再認識できます。近すぎて見えなかったものが遠くなることで見えるということです。

別れる前に、この人と本当に別れてもいいのか、判断する手段の一つとして実行する女性が多い対処法の一つで、そこから不信感がぬぐえたということで付き合いなおした人ももちろんいます。それでも信用できないという人は別れたほうがいいでしょう。

なんだか楽しくない・・・カップルに訪れる倦怠期を乗り越え方法とは

彼氏への不信感をなくす方法

不信感がそこまで大きくなく、できればその彼氏とは長い付き合いをしたい場合、どうやってその不信感を消すべきなのか、その方法は果たして存在しているのかを考えます。

原因をよく考えている

不信感の中には明らかな嘘によって発覚するものもありますが、中にはよくわからないけど小さなものが積み重なって不信感になっているケースもあります。なので、いったい何が原因となって不信感が増えてしまっているのかを具体的に考えてください。

彼が信用できないことはよくありますが、実際に「何が」信じられないのかを考えてください。あやふやなままでは解決方法は登場しません。ただ単に、あなたが人を信じ切れないだけという可能性もあります。

男性性欲は正しく理解しないと不仲の原因に?男性性欲の特徴と性欲が強い男性の見分け方とは

紙に問題点を書いてみる


より具体的に障害を取り除く方法として、古くから愛用されているのが、紙に問題点を記載するということです。不安なこと気になること、改善してほしいこと、いっぱい気持ちが巡っているでしょうが、それをいったん整理して、問題だと思っていることを書き出してください。

それだけでも気持ちがすっきりすることもありますし、問題点を具体的に指摘できますので、恋人との関係がよりスムーズになるケースも多々あります。

将来像を想像してみる

多少の不信感があったとしても、その人との将来像をはっきりと想像できている場合は、まだまだ付き合うことができます。特に、その将来の自分と彼が近い距離間で一緒にいる場合はその人の価値観や人柄を問題なく受け入れられているということです。これがうまくいけば多少の不信感は吹き飛びます。

彼女と結婚したいと思う瞬間ってどんな時、そう思わせるコツは?

彼氏に不信感を持たれないためには

逆に、彼氏に不信感を持たれないようにするためにはどうしたらいいのかを考えていきましょう。こちらが相手を疑っているときは、相手もさりげなくこちらを疑っているのです。

何事もオープンにする

恋人になった場合、ある程度の線引きは必要になりますが、隠し事が多すぎるとお互いに不信感が溜まってしまいます。なので、可能な限りオープンにすることが大切です。隠している部分がない状態であれば、後ろ暗いことは何もないので不信感は抱かれません。

誤解を招くような行動をしない

しかし、不信感というのは相手の勘違いによっても発生するので、相手が誤解を抱くような行動をするのはNGです。勘違いはやがて誤解につながり、誤解を早期に解かないと不信感になってしまいます。

まとめ

不信感は一度芽生えてしまったら、拭うのはかなり苦労します。不信感が芽生えてしまうと、何を言っても相手から見たら言い訳にしか見えなくなってしまいますので、熱い関係も急速に干上がってしまうでしょう。

悲しいすれ違いから別れにつながらないように、自分たちでできることはやっておきましょう。特に、言葉にしないと伝わらない部分も多いので、不信感につながる行動があった場合はお互いに指摘しあえる仲が最適かもしれません。