女性不信に陥った男性にありがちな3つの特徴と克服方法!

人間関係というのはすべからく面倒なものではありますが、その中にも楽しさがあり満喫している人が多いのも事実です。しかし、中には異性を全く信用できない女性不信に陥ってしまうケースもあります。今回は、この女性不信について、詳しく解説していきます。

女性不信になっている男性の特徴

それでは具体的に、女性不信になってしまっている男性とはどのような人なのか、特徴を調べてまとめ上げていきます。あなたの周りにいる男性も、これらの特徴が当てはまってしまった場合は、女性不信の可能性があります。

女性を認めない

最も分かりやすい特徴であり、どうしようもない部分です。過去のトラウマなのか、心の中の葛藤なのかわかりませんが、女性を絶対に認めようとしません。基本的に人を信じるという前段階、女性を信じないという気持ちからのスタートとなっているので、あらゆる女性も大幅なマイナスイメージを持たれてしまいます。

ある程度親切にはしてくれるかもしれませんが、女性だったら誰でも認めてはいないので、距離を置こうとするでしょう。人によっては近づくことも困難になります。

結婚願望がない

女性不信の男性は結婚願望や恋愛願望がとっても薄いです。もはやなくなっているといってもいいでしょう。そのような人達は、恋愛や結婚に対してとってもネガティブで否定的な言動をたくさんとってきます。

その気持ちの裏には、「結婚しても悲惨な状況になって別れる」という気持ちや「女性には裏の顔があるから近づかないほうがいい」ととってもネガティブな思考が働いているので、
近づいたとしてもちょっとした日常会話程度しかできません。

また、「結婚をしたら非常にお金がかかるし、子供なんか論外」と考えている人もいますので、結婚をしたいという意欲がどうあがいても芽生えないのです。女性不信の人はいろんなものを犠牲にしてまで結婚をする意味を見出せないので、付き合うことすら考えません。

1人きりが好き

己が満足できるような趣味を持っている人は、誰かと付き合うという行為を非常に面倒と感じてしまいますので、一人でいる時間をとっても大切にします。この手のタイプは会社の付き合いや友達付き合いも最小限にしたいと思っている人も多く、人間関係も希薄で構わないと思っていることすらあります。

他の人のために時間を割くくらいなら、趣味の映画鑑賞や車いじり、スポーツをひたすら打ち込みたいという考え方が強いので、この趣味や考えを邪魔する人間は敵と認識されます。

人間関係が辛いという経験がある人にとって、わざわざ関わるメリットが浮かばないのは当然でしょう。特に、女性にトラウマがある人は異性と一緒に痛いとは全く思わないので、時間がある限り一人でいる努力をします。

▼関連記事
彼氏に不信感を抱いてしまう理由とその対処法

男性が女性不信になる原因

男性はなぜ女性不信になってしまうのでしょうか。様々な原因がありますが、根深いものほど払しょくする難易度は非常に高く、生涯独身を貫かれる確率も上がります。

過去の恋愛を引きずっている

かなり多いパターンが、過去の恋愛経験でかなりひどい目にあってしまったという男性です。仲良くしていたつもりなのに浮気された、お金を使い込まれて捨てられた、周囲の目のあるとっても目立つ場所で大々的に振られた、このようなひどい経験を持っている人はトラウマになります。

このように強いトラウマを植え付けられてしまうと、付き合うことにメリットを一切感じなくなるので、女性とは距離を置くようになります。チャレンジ意欲が失うのです。そうして、全ての女性と距離を置き続けることで、女性不信の男性が出来上がってしまいます。

母親にトラウマを受けた

男性にとって最も身近にいる女性は母親や女兄弟です。その家族にトラウマを植え付けられてしまった方は、生涯独身の確率が非常に高まります。特に、幼いころから暴力を受けて育った子供は、女性に対して強い不信感がありますので、近づくことすらないでしょう。会話が必要な状況であったとしても、最小限ですませてきます。

幼いころに受けた心の傷が癒されることなく大人になってしまった場合、一生涯治らない可能性のほうが高いと考えてください。ある意味、一番付き合うまでの難易度が高い男性といえます。

女性にパワハラやモラハラを受けた

昔は男性の偉い人が若い人にセクハラをすることが騒がれていましたが、今では職場の女上司からパワハラを受けてメンタル的に追い込まれてしまう人もいます。新入社員やアルバイトの時期にさんざんいじめられてしまうと、心が折れてしまうので最悪の場合会社を辞めてしまうでしょう。

中小企業でパワハラやセクハラがあったところで、日本は特に大きく取り上げることはありませんので泣き寝入りするしかなく、やられた側はただ単に心に傷を背負って恨み続けながら生きていくことになります。

この場合は、女性不信を通り越して、女性に対して強い憎しみの感情を抱いている可能性がありますので、近づくことすら困難なこともあるでしょう。

▼関連記事
人を好きになれない原因は何?人を好きになる対処法

女性不信の男性を好きになったら

そんな女性不信の男性の中には、非常に理性的で将来設計もしっかりしている男性もいます。中には女性が憧れるようなタイプの男性もいます。そんな女性不信の男性が好きになった場合、女性側はどのようなアプローチをすればいいでしょうか。

女性不信であることに気が付くこと

最初のスタートラインは、その好きな男性が女性不信であることに気が付くことです。ここで気が付けなかった場合は高確率で失敗します。普段の何気ないしぐさや行動、会話の仕方から女性が苦手であるということをまずは察してください。この段階で失敗してしまった場合はあきらめたほうがいいでしょう。

突然告白しない

女性不信の人は基本的に近づいてくる女性はすべて敵です。どんなに親切にふるまったところで「裏がある」と思われてしまいますし、「一人でいたいから邪魔しないでもらいたい」と邪魔者扱いされてしまうこともあるでしょう。

なので、必ず時間をかけるようにしてください。長い時間傷つけられた結果、女性不信になっている方を振り向かせるためには、長い時間を同じようにかけるしかありません。告白するときもある程度女性不信が癒された後にしてください。

話をよく聞く

女性不信の人に近づくのはかなり困難です。話すことすらしてくれないこともあります。それでもめげずに近づくことができれば、ポツポツと会話をしてくれるでしょう。それらの会話をまずはよく聞いて理解を示してください。

いきなり女性不信になった理由を切り出したりすると、余計こじれますので無理に尋ねようとはしないで、彼の意見をよく聞いてあげましょう。聞いたうえで否定的な意見をするのもNGです。肯定できることは肯定して否定するべき内容だった場合も、「言っていることはわかるけど」とか「気持ちはわかるけど」と肯定したうえで押し付けにならないようにアドバイスをしましょう。

彼を信頼する

ある程度会話ができるようになったのなら、今度はその人を信じるようにして行動するようにしてください。トラウマがあり女性不信になっている男性は、女性を信じられませんので、試すような行動を高確率で行ってきます。たとえ、そばにいるといわれても信じられないのです。

そのため、本当にこちらを信じているのかを試すべく、怒らせるような行動や態度をわざと見せつけてきます。試す意味合いもあるでしょうが、突き放したいという意識もあるでしょう。

それでも本気でその人のことを好きだと言えるのなら、信じて上げてください。ここで引き下がると結局は何もなかったことにされて終了ですので、信じる心をこちらが持ち続けることが重要になります。

▼関連記事
男性の気持ちが分からない!困ったときの解決方法

女性不信を克服できる方法

今度は男性視点で考えてみます。どうやったら女性不信を克服できるのでしょうか。女性不信を克服するために動いている方々のアプローチ方法を記載していきます。

自分自身で原因に気が付く

まずは自分自身で原因に気が付く必要があります。明確にこっぴどく振られた経験があるという人ならば、すぐにでもわかるでしょう。そうではなく、いろんなものが積み重なったがゆえに女性不信になっている人の場合ははっきりとした原因がわからないことすらあるのです。

それでも、前に進みたいという人は思い当たる原因を紙に書きだすといった努力が必要になります。まずは原因を見つけて、見つめなおしてください。原因がはっきり分かったところで、現実を受け入れ、スタートラインへと立つのです。

女性に少しずつ慣れる

原因を調べて現実をある程度受け入れることができれば、次に進めることができます。具体的には女性に少しずつでも慣れていきましょう。身近にいる信頼できる女性とコミュニケーションをとって当たり前の会話ができるのかを試してください。

そこで、ある程度スラスラと会話ができたのなら、女性からアドバイスをもらうことも有効です。男性からでは見えない視点を女性は確実に持っているので、的確なアドバイスや励ましをもらうことができるでしょう。

身近な人でもいいので、信頼できる女性ができればさらに、前へと進むことができるようになります。そうすることで、女性に対する見方が変わってくるので、トラウマも克服しやすくなってきます。

まとめ

男性が女性不信になってしまう原因は大なり小なり何らかのトラウマがかかわっております。そのトラウマを克服できていない人が、女性不信に陥り、小さな殻の中での生活を好むようになるのです。

そのような男性は女性に近づこうとしないので、好きになってしまった場合通常よりも圧倒的に労力を使うでしょう。それでもその人が好きならば、諦めずに長い時間をかけて付き添ってあげましょう。