アキラ100%、生放送で「失敗」→裸芸が本物だとわかり逆に好感度が上がる

2018年元日放送の「第51回爆笑ヒットパレード2018」に”裸芸”でおなじみのアキラ100%さんが出演しました。

いつものようにハラハラさせながらも大事なところだけは死守する”裸芸”を披露するはずが、まさかの失敗

放送事故を起こしてしまったアキラ100%さんですが、視聴者からの反応は思いの外、温かいものでした。

アキラ100%が放送事故を起こすもガチの裸芸に尊敬の声が上がる!

2018年を迎え、新年の笑い初めの「第51回爆笑ヒットパレード2018(フジテレビ系)」が元旦に放送され、腕利きの芸人たちがネタを披露します。

その中で、”裸芸”でおなじみのアキラ100%さんが登場、際どいと見せかけて超高速で回るお盆は今日もキレッキレで安定の芸を見せます。

芸の後半で、アキラ100%さんは大事な部分を隠すアイテムをお盆から”謹賀新年”と書かれた3つのボックスにチェンジ。

ハラハラさせながらも最終的には見せない芸を披露するはずが、まさかの落下でご開帳状態に!

この日の放送は生放送だったので編集で問題のシーンをカットできず、そのまま放送してしまい、アキラ100%がついに、”裸芸”を失敗したとネットを騒然とさせます。

”放送事故”を起こしてしまったアキラ100%には批判的な意見も寄せられています。

しかし、それは一部で、生放送で大事な部分が見えた件については、見えるリスクを常に背負いながらアキラ100%さんがガチで”裸芸”をやっている事に対して尊敬の念すら抱くなど、失敗で逆に好感度が上がる事になるのでした。

関連記事

関連記事

関連記事