綾瀬はるかがスケート選手に?コカコーラのオリンピック応援CMが公開

女優の綾瀬はるかさんが出演する「コカ・コーラ 平昌2018冬季オリンピック応援キャンペーン 夢の舞台篇」のテレビCMが1月8日から全国で放映されます。また、今回綾瀬さんと共演するのはなんと、2010年のバンクーバーオリンピック銅メダリストの高橋大輔さん。お二人はCMの中で一体どのような物語を織りなすのでしょうか・・・?

選手役の綾瀬さん・コーチ役の高橋さんに注目

舞台はオリンピックのスケートリンク。そこにはきらびやかな赤い衣装を身にまとい、フィギュアスケートの選手に扮した綾瀬さんが立っています。そしてコーチは高橋さん。「いよいよオリンピックだ」と綾瀬さんに話しかける様子はまるで本物のコーチそのものです。

本番演技前に高橋さんがコカ・コーラを綾瀬さんにすすめる場面で・・・綾瀬さんは夢からさめました。すべては綾瀬さんが友人たちとオリンピック観戦の準備中に居眠りをしてしまった際に見た「フィギュアスケートの選手になる夢」だった・・・という内容ですが、綾瀬さんの衣装の着こなしと、オリンピック経験者である高橋さんの演技がうまく共鳴し合い、現実のオリンピックさながらの臨場感あふれるCMに仕上がっています。

撮影エピソード

しかし実際はスケジュールの都合で、綾瀬さんと高橋さんは別々に撮影されました。高橋さんは撮影現場の独特の雰囲気に大変緊張したそうですが、徐々に慣れ、OKテイクを連発するまでに。

一方、綾瀬さんはオリンピックシーン、夢からさめるシーンともにリラックスして撮影を終えたそうです。途中些細なNGが出たものの、そこは国民的女優。すぐにいい演技を見せて監督から絶賛されたそうです。

今回のCMでお二人が応援するオリンピックは、出場する選手にとっても観戦する人にとっても一生の思い出に残るビッグイベント。今年2月に開催される平昌冬季オリンピックの開幕が待ち遠しいですね!

関連記事

関連記事