「はれのひ」違いです!?→株式会社「ハレノヒ」が異例の声明を発表

1月8日の成人式に新成人たちが楽しみにしていた振り袖が届かない被害を起こした、着物の販売・レンタルを手がける業者「はれのひ」ですが、この会社と同じ名を持つ佐賀のフォトスタジオ「ハレノヒ」が異例の声明を発表して話題を集めています。

「はれのひ」と無関係なことを表明する株式会社「ハレノヒ」!

新成人にとって晴れの舞台である成人式。艶やかな振袖を着ることを楽しみしている新成人たちの期待を裏切る事件が起こります。

成人式当日になって晴れ着のレンタルや着付けを行う業者「はれのひ」と契約した新成人たちから、「はれのひ」と連絡が取れない事態になり、成人式に振り袖が届かない被害が相次いで報告されます。

「はれのひ」は事前に利用者に成人式の着物と着付け代を支払わせていたことから「計画倒産」が疑われています。

そんな、「はれのひ」のトラブルに異例の声明を発表したのが株式会社「ハレノヒ」。

「ハレノヒ」は佐賀市にあった古民家をリノベーションして写真館をオープンさせた会社で、「計画倒産」が疑われる「はれのひ」とは全く別の会社。

ひらがなとカタカナの違いはあっても同じ名前を持つことから、佐賀のフォトスタジオ「ハレノヒ」は新成人に対してトラブルを起こした「はれのひ」とは無関係である声明を発表することになりました。

佐賀のフォトスタジオ「ハレノヒ」が「計画倒産」報道の「はれのひ」は紛らわしい名前ですがあくまでも別会社なのに、勘違いされてしまうのは気の毒です。

「ハレノヒ」があえて今回の発表したのは、風評被害を防ぐための措置なので、騒動を知った人たちにも冷静な対応が求められます。