キンコン西野、はれのひ被害者に「リベンジ成人式」を開催!大人の流儀に絶賛の声

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんが「はれのひ」の被害者向けにリベンジ成人式「新成人祝いの会」を開催することを発表して話題を集めています。

キンコン西野が「新成人祝いの会」開催を発表!

振り袖販売・レンタル・着付けなどの事業を手掛ける業者「はれのひ(harenohi)」が突然営業を停止し、楽しみにしていた晴れ着を成人式に着れない被害者が続出しました。

このことを受けてお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さんが公式ブログでリベンジ成人式「新成人祝いの会」の開催を発表!

「新成人祝いの会」は2月4日に横浜で開催され、参加人数は先着150人で、本人の他に希望するなら友人や両親も2名までは同伴可能。

また、「新成人祝いの会」では参加者のために振り袖のレンタル、着付けからヘアメイク、記念撮影のスタッフも西野さんが用意ます。

他にも、参加者へのプレゼントとしてクルージングディナーも用意されていますが、全ての費用は西野さんが全額負担で参加者はお金を払う必要はありません。

開催費用は「レターポット」で捻出

西野さんが「はれのひ」の被害者救済のために「新成人祝いの会」を自費負担で開催しますが、その費用はどこから捻出しているのかが気になりますよね?

今回の経費は西野さんが展開する新事業「レターポット」の利益から捻出しています。

ビジネスで得た利益を還元する形で今回の「新成人祝いの会」を全額負担で主催することが可能になりました!

「レターポット」の宣伝への批判も?

全額負担で「新成人祝いの会」を主催することに対しては西野さんの行動力を絶賛する意見が多数寄せられています。

ただし、西野さんは善意だけで今回の企画を主催したわけではなく「レターポット」の宣伝もちゃっかりやっています。

「レターポット」のPRを兼ねていることへは批判的な意見も出ています。

ビジネスで得た利益を還元するという考え方

新事業のPRを兼ねている事にきな臭いものを感じ、結局は金儲けのためという意見を持つのも一つの考え方としては正しいのかもしれません。

しかし、今回のケースは西野さんも宣伝ができて、被害者側も無料で素敵な式に参加できて両者の関係はwinwin!

誰も損をしない形で「はれのひ」の被害者の救済処置をやるところにビジネスマンとしての才覚を感じさせます。

西野さんはビジネスで得た利益を被災地の復興支援などにあてることも明言していて、今回のケースはビジネスと社会貢献のあり方について考えてみる良いきっかけになったのではないでしょうか?