阿佐ヶ谷神明宮のかわいいお守り「神むすび」が話題

2016年話題になった映画「君の名は」では「むすび」というキーワードがありましたが、
そんなむすびにピッタリのお守りが話題になっています。

 

その名も「神むすび」(かんむすび)

そのお守りの名は「神むすび」(かんむすび)。
東京、阿佐ヶ谷にある神明宮という神社のオリジナルお守りです。

レースブレスレット型のお守りは一つ一つが巫女さんによる奉製。

画像は神明宮の公式ページより引用

手首に巻くのもよし、カパンやハンドバッグにつけるのもいいですね。
しかも、お値段は1本1000円!こんなことを言うと罰があたりそうですが、へたなアクセサリー買うよりお得かも…

 

ツイッターではカワイイ~との反応が

 

全11色のバリエーション、ほかにも季節限定のものも

(画像は神明宮の公式ページより引用)

この神むすび、もう一つ特徴的なのは、とにかくバリエーションが多いこと。

「京紫」(濃い紫)「浅葱(あさぎ)」(明るい青)「若草」(薄緑)「撫子」(ピンク)などなんと、全部で11色もあります。全部揃えたくなっちゃいますよね。

神明宮の御祭神の一柱を表現した「月読尊様」や「虹鳥居」などの別バージョンもあるようです。

 

色の名前も古風な呼び方でよりおしゃれ感をそそります。

ほかにも、桜の季節には桜バージョン、秋の季節には月とウサギをモチーフにした月ウサギのバージョン、露の時期には紫陽花のバージョンもでるといった情報もありました。オシャレとして普段からつけたくなるお守りですね。

神むすびは通販でも購入可能

遠方に住む方でも購入できるように、神むすびは通販もOK。

現金書留を送るだけで購入可能です。全部揃えてみたい…という方も、10体以上のまとめ買い(?)もOKですよ。

好きな人へのプレゼントに、普段のオシャレに、かわいくておしゃれな「神むすび」いかがですか?

神むすびの公式ページはこちら