「入店お断り」。人気フルーツビュッフェ店が男性のみの入店を制限する理由とは?

以前FEELYでは

「男だって甘いものが食べたい!」味の好みに性差をつける風潮に本音炸裂

という記事で紹介したようにスイーツといえば女性というイメージが強くありますが、中にはこのような張り紙がしてあるお店があるといいます。

「男性のご入店はお断りしています」「男性は女性同伴の場合のみご入店いただけます」――

一部飲食やリラクゼーション関連店でよく見られる、お店からの「お断り」。せっかく行きたいと思っていても、このような注意書きを見てがっかりする男性も多いことでしょう。

人気レストランでの男性客入店制限

たとえばフルーツ専門店の「タカノ」が運営する新宿の「タカノフルーツバー」。


こちらはフルーツ・スイーツ・食事が90分食べ放題という、何ともうれしいサービスを提供してくれる大人気店舗ですが、ここも男性のみでの入店は17時以降に限られています。一体なぜ、このような規則があるのでしょうか?

この件について、ツイッターユーザーのjingさん(@_Aproject)が次のような投稿をしています。

男性入店禁止の理由→ナンパする人がいるから!

なんと、一部の男性がナンパし始めることで女性客に迷惑がかかるから、というものでした。
これについてはツイッター上でも同じ男性から怒りと呆れの声が上がり・・・。

こんなお店でも男性客入店制限あり

また、似たような理由で「プリクラ」も男性客のみの利用は制限されることが多いようです。

そしてこんなお店でも・・・。

この世の中、残念ながら女性が集まりそうな場所には一定の確率で迷惑な男性が寄ってきてしまう傾向があります。
なかなかやっかいな問題であり、すぐに解決できるものではありませんが、しばらくは店舗側が対策を立てるしかないのが現実――。現在、世界中の女性から声が上がっているセクハラ問題にも通じる点がありそうです。