【世界が注目】新アイドルユニット「仮想通貨少女」が話題に

仮想通貨という新しい切り口の新アイドルユニットが誕生しました。世界のメディアが殺到しているようです。

画像は公式サイトより

 

仮想通貨をモチーフにしたアイドルユニット

「仮想通貨少女」は仮装通貨をモチーフにしたアイドルユニットです。メンバーは全部で8人。
それぞれ、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、モナ、カルダノ、ネオ、ネム、そしてイーサリアムという名前がつけられています。

もちろんこれは全て仮想通貨の名前です。(しかし、全員が昔、人気だったタイガーマスク風のマスクをかぶっているのはネタなんでしょうか。)

歌う曲は「月と仮想通貨と私」。「待ちに待った入金口座を~」からはじまる歌詞はけっこうシュール。パスワードは同じものを使わないように…といった、ネット時代の今に大切なメッセージがちりばめられていたりして、意外と勉強になります。

海外のメディアも注目

「仮想通貨少女」にはテレビ朝日やTBSといった国内メディアだけでなく、海外のメディアも注目。
ロイターやFT,AFEなど大手のメディアを始めとして、さまざまなメディアが取り上げています。

仮想通貨、啓蒙活動の一環にも?

グループのリーダーによると、仮想通貨少女は数ある仮想通貨の中から、未来ある通貨を慎重に選択し正しい知識を広げるために活動している。

…とのこと。

確かにビットコイン意外はなじみがない…という方も多いのではないでしょうか。

仮想通貨は経済的に注目が集まっていて、メガバンクと呼ばれる国内の大手銀行も、導入や運用を検討しているとの話も聞きます。「仮想通貨少女」達の活躍で、少しでも仮想通貨が身近になって浸透するといいですね。