ドラマ「BG」会見で木村拓哉、菜々緒からの強烈な攻めに赤面、タジタジ

主演の木村拓哉さんがBG~身辺警護人~の制作発表記者会見で、
共演の菜々緒さんにある秘密をばらされ真っ赤になってしましました。

制作発表記者会見でのまさかの裏話

BG~身辺警護人~の制作発表記者会見には木村拓哉さんのほか、江口洋介さん、斎藤工さん、菜々緒さん、間宮祥太朗さん、石田ゆり子さん、上川隆也さんらが登壇

記者会見が進み、撮影の待機時間の過ごし方の話になった時、同僚のボディーガード役で共演する
菜々緒さんが思わぬ撮影現場のエピソードを話を始めました。

菜々緒さんが、現場で楽しみにしているという木村拓哉さんの物まね名人ぶりを暴露。

ちょっとした効果音や松山ケンイチさんや浅野忠信さんのモノマネがすごいんですよ…と話が広がっていきます。
そして、共演の方達も一緒になって座長である木村さんを攻めたてます。

大きな拍手を送る会場の観客とは対照的に小さな声で「やめろ」と懇願したのは木村さん。

真っ赤になって「ものまねじゃない」…と否定したとのことです。かかなくていい汗をかいてしまったみたいですね。

新ドラマにネットの反応は

など、試写会を見た人からは良かったとの声があがっています。
BG~身辺警護人~は武器を持たない民間ボディーガードの活躍を描いた物語。
今まで新しいジャンルのドラマですね。アクション物らしく、テンポの良いストーリが期待できそうです。

BG〜身辺警護人〜 第一話あらすじ

 極寒の路面補修工事現場――警備員の島崎章(木村拓哉)が勤務する現場に一台の黒塗りの車が通りかかる。助手席には黒っぽいスーツを着た男・落合義明(江口洋介)、そして後部座席にはサングラス姿の立原愛子(石田ゆり子)が座っていた。

記者たちに追われ急を要する気配を察した章が抜け道を指示すると、急発進した車はコーンを飛ばして疾走。その様子を章はただ見送るのだった。残された記者の中には、週刊「時論」の記者・犬飼悟(勝地涼)の姿もあり…。

 

出演者の方の今回の暴露話をみても、座長である木村さんが周りを和ませようとしているのが、
良くわかりますね。いいチームワークで素晴らしいドラマができることを期待してます。がんばれ~。