「そこじゃない!」母が故障したトイレの鍵に応急処置した結果が・・・斜め上過ぎた

これも「母の愛」ということなので、笑って済ませてしまいましょうか。
ツイッターユーザーの厶キ厶キ丿匕卜さん(@mkmk_no_hito)は先日、自宅トイレの鍵が故障したときのエピソードを語ってくれています。これによれば、厶キ厶キ丿匕卜さんのお母様が故障したトイレの鍵に応急処置を施したそうなのですが・・。

そこじゃない!

あらら・・・お母様、「ひっかけるところ」をドアにつけていなかったんですね。これでは当然、トイレのドアに鍵がかかりません。
しかし、この投稿に対しては、お母様のちょっとした「ポカ」に温かい眼差しが感じられるコメントが多く寄せられました。

また、斬新な発想ゆえのアートでは?との声も・・・。

「考えるな、感じろ」系の?

まあ、確かにこれでは鍵の役割は果たせませんので「見て楽しむ」しか使いみちがありませんが、それでもお母様がせっかく取り付けてくれた鍵。トイレに入るたびに「お母さんが・・・」と母の愛を思い出すことができるのではないでしょうか。

気を付けたいトイレのドア故障にまるわるトラブル

それにしてもトイレのドアの故障は私たちが考えているより非常に多いもの。ツイッター上でも「トイレで困った!」という報告が数多く寄せられています。

壊れていれば中に閉じ込められることもありますし、使用中にドアが開いてしまうことも・・・。大型店舗や乗り物内のトイレなど、使用する人が多いければ多いほど故障の可能性が高まるのは仕方がないことですが、トラブル予防のため、使用前に必ずドアの開閉を確認する習慣を身につけた方がいいかもしれません