「ストーブで暖をとる猫」が癒やされる!→暖かくて思わずコックリ

冬はもう、家に引きこもって温かいお茶でも飲んでまったりしたい。そしてずっとストーブのそばにいたい――
はい、これは多忙な人間には不可能な「理想の冬の過ごし方」ですが、猫さんにとっては毎年のこと。特別に語るまでもなく、ただ暖かいところで眠る。そして幸福を感じながら春を待つのみ。

インスタグラムのーユーザー、tanryugさんは飼い猫ぶさおちゃんの、のーんびりした一日を投稿しています。

ストーブ前に居座る冬の猫

ストーブのフチにちょこんと前足を乗せる姿はかわいいけど・・・ちょっと危なくにゃい?

無防備な状態で爆睡も

そしてこんなふうに大の字になっての爆睡も!「猫に生まれてきてよかったにゃん」なんて声が聞こえてきそう。
それにしても「猫とこたつ」「猫とストーブ」あるいは「猫と火鉢」はなぜあれほど似合うのでしょう。何もしていないのに、ただ見ているだけで幸せを感じさせるあの光景は、動物にしか作り出せないのかもしれません。

そして舟をこぐ!

それはそうと、どうもぶさおちゃんはストーブの前で眠くなってしまうようで、この日もウトウトと舟をこいでいたのでした。

おっと、いけない・・・こっくりこっくり・・・ねむ!

丸いな(笑) #ねこ#猫#ネコ#neko#cat#cats#ぶさお

A post shared by りゅう爺@ぶさお。1世 (@tanryug) on

春になったらちょっとは動くのかな。ずいぶん丸いけれども・・・?

関連記事

関連記事