「いいな」を届けるWebメディア

Twitterで話題

2018年01月27日 更新

【神編集】ブルース・リーのヌンチャクをライトセーバーにした動画が格好良すぎた

映画界のレジェンド、ブルースリー。今でもファンになる人が絶えないスーパースターですが、代名詞であるヌンチャクの代わりに、ライトセーバーを使う動画が公開されて話題になっています。

ドラゴン怒りのライトセーバー

この動画は、ドラゴン怒りの鉄拳のワンシーン、ブルースリー演じる主人公と、日本刀を使う敵の武道家との対決を描いた場面を元にしていると思われます。

赤いライトセーバーを振りかざして襲いかかる敵に早く来られそうになるブルース・リー。取り出したのは眩いイエローに輝くライトセーバーヌンチャク。見事なヌンチャクさばきで敵のライトセーバーを叩き落とします。ヌンチャクをしまう時にライト部分が消えていく芸の細かさも見事です。

かっこ良すぎ…とネットで話題に

ネットでは、「すごい」「話はちょっと違うけれど懐かしい」「かっこよすぎ」といった声の他にも、 「脇の下を火傷しそう」「自分の体を焼いちゃいそう」とブルース・リーの心配をする声や「フォースの使い方を間違っている」…とヨーダばりのアドバイスをする声もみられました。

ブルース・リーの作品はもう40年以上前のものなのに、未だに熱いファンが多いんですね。

次はどんな作品か楽しみ

全く違和感のない編集テクニックもすごいですが、それ以前にこの発想自体がすごいですね。ドラゴン怒りの鉄拳が公開されたのは1974年。スターウォーズの第一作が公開されたのが1977年です。

まさか二つの作品がこんな形でコラボするとは、ジョージルーカスもブルースリーも想像しなかったでしょうね。次はどんな作品がコラボされるんでしょうかとっても楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです