1月31日は『皆既月食』と『ブルームーン』が同時に見られる貴重な日!

2018年1月31日は、月が地球の影になる皆既月食が見られる日。
今年は条件が良く、赤くなるレアな月が見られると話題になっています。

そもそも、皆既月食とは

スーパームーンなど、月の変わった様子が見れる天体ショーが人気ですが、皆既月食もその一つ。太陽→地球→月と一直線にならぶ状態のことを指しています。ちなみに太陽と地球の間にお月さまが入り一直線に並んだ状態は「皆既日食」太陽が隠れる現象です。

今回は、月が地球の影に完全に隠れるため、赤い色をしたレアなお月さまを見ることができます。きっと、月から見ると「皆既地球食」で真っ暗なんでしょうね。

今回の皆既月食は、東南東の空で始まります。20時48分にかけ始め、21時51分に南東の空で皆既食となります。そして、23時08分には終わりになり、その後少しずつ欠けた部分が小さくなっていき、日をまたいだ2月1日の午前0時12分に部分食が終わる予定になっています。

レアな現象にネットでは

 

ネットでは「皆既月食、楽しみ~」という声のほか、3年前から待っていたというマニアの方の声もありました。同じ状態の月がみられるのは150年ぶりとの書き込みもあり、とても貴重な体験であることが分かります。

ブルームーンというレアな現象も同時発生

普通、お月さまがまんまるに見える満月はひと月に一回やってきます。しかし1月はそれが2回あるレアな月。このことを「ブルームーン」と呼び、見ることができると幸せになると言われています。

赤とブルーで何だかロマンティックですね。この二つが揃うのはめったにないこと、目にできるだけでもラッキーといえるでしょう。1月31日の天気は今のところ「晴れ」。

カイロや温かい飲み物を用意して、めったにない天体ショーを楽しみましょう。