ベストな恋人との連絡頻度とは?理想って一体どのくらい?

恋人同士の連絡頻度は、さまざまな意味が込められてきます。どれぐらいの頻度にするべきなのかによっては、関係がぎくしゃくしてしまうことにもなるからこそ、悩みの種になってしまうこともあるでしょう。

理想的な恋人との連絡頻度とは

どれぐらいの連絡頻度にするべきか、いろいろな考え方もあるものです。相手との関係性が重要になってくるため、一つの答えがすべての人に当てはまるわけではありません。ですが、連絡頻度からどんなことが感じられるのかを考えておくことは、どんな関係であっても重要でしょう。

毎日

毎日連絡を取ることは、なにも不自然なことではないでしょう。家族と連絡を毎日とることを考えれば、不思議なことではないはずです。何をしているのか、どんなことを考えているのかを知ることができるのは、安心感にもつながることにもなるのですから、なにも問題はないでしょう。

毎日連絡を取ることが、存在自体を重く感じることにもつながっていきます。なぜ重く感じるのかといえば、気持ちが少し冷めてきている状況だからです。もちろん、こうした状況を好まない人もいるのは確かでしょう。気持ちが覚めていなければ、どんなに連絡がきても、それはうれしいことと感じるものです。

仕事を含め、生活が忙しい中、必ず連絡がきて、それを返さなければいけないとすれば、それなりの時間が必要です。いつでもすぐに返答を求めるのではなく、心理的にも余裕を持ち、心地よい頻度にすることも必要でしょう。無理をして頻度を高めていくことは、いつか破綻もしてしまいます。

1日・2日おき

1日・2日おきの頻度にすることには、理由が存在しています。そこには、相手に対する気遣いがあるからです。毎日にすると、返信をするのも大変でしょう。それなりに毎日忙しい時間を過ごしていることを考えれば、頻度を下げることになるのが必然だからです。

もうひとつの背景として、話すことがなくなるからというのも理由になってくるでしょう。しかし、連絡は何も非日常的なことでないでしょう。たわいもないもないことを会話できることも重要です。

連絡の回数にもよりますが、たわいもないことを自然にしていくことに意味があるのは確かでしょう。時間を空けながら連絡をすることも重要になってくるため、うまくコントロールすることも必要です。

遠距離恋愛の場合

遠距離恋愛になっている状況は、会いたくても会えない状況となるでしょう。今何をしているのかもわかりません。何かあってもすぐに駆けつけることもできないからこそ、遠距離恋愛です。その中で、頻度をあげていくことは、安心感をもたらすことにつながっていきます。

連絡頻度では、なにも連絡を密にとるだけが重要ではありません。一言二言でも連絡を交わせば、安心感にもつながっていくでしょう。逆に長文を返さなければいけない状況を常に作れば、頻度はどんどんと下がっていってしまうことになります。苦痛にならないように返せる状況を作ることが重要でしょう。

遠距離別れはイヤ!遠距離恋愛を成功させる方法を徹底解説!

▼関連記事

好きな人とLINEする話題を作る方法!頻度はどのくらい?

彼氏の連絡頻度が遅い理由


連絡が減ってくることには、必ず理由があります。物理的に返すことができないこともありますし、心理的に働いてくることもあるでしょう。その理由を知ることができれば、連絡頻度を考えるきっかけにもなるはずです。

最初は無理をしていた

細かに返信をしていたことは、実は無理をしていたという状況です。人間はだれでも無限に時間があるわけではありません。生活の中でさまざまな出来事があります。その中で無理をすることは、いずれ破たんをきたすことになるでしょう。だんだんと返信が遅くなるのも、当然の場合もあります。

メール・lineが好きではない

そもそも、メールもlineも好きではないことも遅くなる理由のひとつです。どんなに便利であっても、ツールのひとつであって、好き嫌いがあります。簡単に返すことができる人もいれば、無理をして返している人もいるでしょう。連絡頻度が遅くなる理由としては、良くあることです。

連絡をしたくないから遅くなったり頻度が下がったりするわけではありません。仕事などの用事が終わったときに、電話に切り替えてみたりするのも方法でしょう。会える時間を増やしてみることでも解決することなのですから、無理に頻度をあげることを求めないようにすることも配慮です。

LINEの「既読スルー」をしてしまう理由。めんどくさがりへの対処法も

仕事が忙しい

頻度が下がってくる理由に仕事の忙しさがあることは、容易に想像ができることです。ずっと仕事をしているわけではないはずだと思うかもしれませんが、集中して仕事をしていれば、返信ができなくなることも珍しくはありません。仕事でメールなどを頻繁に使っているような状況では、プライベートでまで使いたくないという人も言えるでしょう。

連絡が後回しになってしまうことも、仕事をしていれば珍しくはありません。忙しいことがわかっているのであれば、連絡しないことも気づかいです。人によっても変わってくる部分ですので、気づかいをすることが重要でしょう。

▼関連記事

彼氏持ちの女性を落とす方法、リスクや「脈あり」サインなど

どのくらいの頻度から重い女になる?


連絡頻度が上がると、重い女と思われることも出てきます。どれぐらいの頻度からそう思うのかは人によっても異なりますが、あまりに無理な頻度になったりしないようにすることが大切です。

1日数十回

どんなに相手が好きであっても、1日数十回繰り返すことが、相手の負担になることを考えてみなければいけません。どんなことが重いと感じるのかは、ひとによって異なりますが、この回数はあまりに多すぎることを自覚しなければいけません。どんなに連絡を取ってほしい人でも、限度があることを見極める必要があるでしょう。

返信を待たずに送る

一方的に負荷を高めることは、重く感じるようになる原因です。どんどんと連絡を送り続ける中で、返信を待たずに繰り返していけば、その分の負担が増加することになります。内容に関してもなんであったのかもわからなくなり、返信自体が苦しくなってくるでしょう。重く感じるのも当然の結果といえます。

line・メールで大切なコト

line・メールを連絡として使うことには、さまざまな意味があります。連絡頻度の問題もありますが、抑えておかなければいけないことを無視すれば、ツールとしての機能を失うだけではなく、負担になってしまうことにもつながるからです。

相手のペースに合わせる

line・メールを利用するうえで、お互いのペースを考えていかなければいけないのは、気づかいの部分です。恋愛でも、相手のことを考えなければ、続くことはなくなってしまうことは容易に想像できるでしょう。

相手に合わせていくことは、そこまで難しいことではありません。ほんの少しでも相手のことを考えれば、ペースに合わせていくことができるでしょう。無理をしないことにもつながりますので、自然体で過ごせるようにするべきです。

好きな人とのLINE頻度はみんなどのくらいなの?長続きするコツも!

信用する

連絡頻度が変わってくると、何かあったのではないかと感じることも出てきます。ツールとしてline・メールを利用することは、相手が見えない部分も持っています。その中で、相手を信用することが重要になってくるでしょう。

line・メールでは、表情も見ることはできません。文面から推測することになりますが、相手を信用することから始めれば、さまざまなことも見えてくるようになるでしょう。逆に信用しないで見ることで、すべて猜疑心に包まれることになってしまいます。これでは利用している意味もないのですから、信用することから始めるべきです。

まとめ

連絡頻度をはかることは、お互いの関係を維持していくために大変重要なことです。そこには信頼関係もありますし、相手への気遣いも考えていかなければいけません。無理を強いることなく、自然体で利用していくことが、お互いにとってメリットにつながることは忘れないようにするべきでしょう。