話題になっている「恋愛離れ」は何故起きる?対処法もご紹介

若い年代の中で話題になってくるのが、恋愛離れです。クリスマスやバレンタインの時期になると、特に話題に上がってくるようになるでしょう。実際には若者ではなくても起きていることであり、本来だれでも楽しい時間であるはずなのにもかかわらず、深刻な問題となりつつあります。

恋愛離れになってしまう原因

恋愛離れになっていくことには、多くの理由があることがわかっています。社会的な背景もありますが、実際にはそれだけではありません。興味を抱く必要性も方向性も変化を見せるようになってきたことが影響を及ぼしているからです。

金銭的余裕がない

恋愛離れを起こす原因のひとつが金銭的な問題です。景気が良ければ、さまざまなことにお金を使うことになるでしょう。これは恋愛でも同じことです。外でデートをすることも、なにかをプレゼントすることも、多かれ少なかれ金銭的な余裕がかかわってきます。部室至上主義ではなく、最低限は必要だからです。

実際に収入の減少と不安定感が作用し、若者の自動車離れを起こしていることがニュースになることがあります。資産としての車だけではなく、ステータスとしての車としても、収入の減少や不安感は離れなければならないことが理由になるでしょう。それほど若者たちの経済的状況は厳しいことを示しているニュースです。

恋愛離れに関しても、それだけの余裕を持つことができないことが原因であることは間違いありません。何事も自粛しなければいけない傾向が、保守的に傾くようになり、合理的な結論として恋愛を排除することにつながっていることは、恋愛離れになっていく原因としても働いています。

バーチャルリアリティに満足している

バーチャルな環境の加速が、恋愛離れにつながっていることは指摘されている原因のひとつです。インターネットの拡散が、社会的に変化を与えるようになったと言われています。インターネットの発展で、だれでも簡単に疑似恋愛ができるようになりました。満足してしまうことで、リアリティのある恋愛の必要性を感じなくなっているといえるでしょう。

オンラインゲームでもアニメでも、簡単に楽しむことができるようになってきたことも、疑似恋愛のひとつです。こうした相手は、自分にとってマイナス面がありません。理想だけを現実化することができるため、プラスにしか傾くことがないからです。容姿に関しても、自分の好みだけを追い求めることができるでしょう。

人格的にも人に好まれるように作ることが、ゲームでもアニメでも求められます。興業的な問題もあるからですが、これに惹かれてしまい、現実のギャップに耐えられない人が出てきていることも間違いありません。現実ではない世界なのですから、自分が嫌われてしまうようなことも起きないからです。

バーチャルリアリティにつながる点として、メッセンジャーソフトやメールの発展もあげられます。顔も見たこともない相手と連絡することが容易であり、そこには想像だけの世界が膨らみます。その状況に恋することも出てきており、精神的な満足感を覚えることも多くなりました。現実的な恋愛を必要としないことにもつながっていきます。

動画配信もそのひとつでしょう。ゲームなどを配信している人に対して、勝手に想像を広げていき、疑似恋愛的な状況を作ることもあります。本来は顔も見たことがない以上、恋愛の対象とはなりえなくても、そこに理想像を重ね合わせてしまうことが、恋愛離れにつながっていることも確かです。

恋愛に興味を持てない

そもそも恋愛に興味がない人も多くなりました。恋愛には競争があることも確かです。だれかと競うことも出てきますが、その結果傷つくこともあるでしょう。これは珍しいことではありません。

恋愛に興味を持たずにいれば、こうした争いに巻き込まれることはないでしょう。摩擦が生まれることも少なくなるため、避けて通りたいと考えるようになる年代がゆとり世代ともいわれています。恋愛離れというよりも、恐怖な世界に足を突っ込みたくはないという理由になってくるでしょう。

恋愛対象として、デートに誘ったり、それ以上の深い関係になったりすることが面倒と思うことも原因です。気を使うこと自体が煩わしいと考えれば、恋愛に興味を持てなくなっていくことも出てきます。社会的性差であるジェンダーがあいまいになってきたことで、自分が持っていない能力にあこがれることもなくなったことも要因としてあげられるでしょう。

自分にないものを求めるのが人間の心理です。これが希薄になっていく世の中は、恋愛自体も用がなくなってしまうことも間違いありません。ですが、恋愛とはそれだけのことではないことに気が付くべきです。

▼関連記事

「恋愛がめんどくさい!」と思ってしまう人の特徴と理由

恋愛離れのメリット

恋愛離れが、デメリットばかりあるわけではありません。一方でメリットがあるからこそ、選択する人が増えてきていることも確かだからです。社会的に見ておかれている環境などにもメリットが出てきます。

仕事に没頭できる

恋愛離れを起こすことによって、自分だけに時間を使うことができるようになるでしょう。そのひとつが仕事にあります。仕事の時間を考えると、恋愛をしている暇もないことは珍しくありません。その時間を塗って恋愛することも出てきますが、没頭できない人もいるのは確かです。

恋愛には、それなりの時間の拘束も出てきます。お互いのために時間を使うと考えれば、なにも苦痛ではありませんが、自分のためだけと思えば、この拘束は苦しいものになるでしょう。仕事のためにもなると思うのが一般的ですが、没頭することを理由に恋愛離れを起こすことも出てきています。

恋愛がプライドを満たす手段と考えている人が恋愛離れにつながっていることも出てきていることが問題です。仕事に没頭することを理由にしてはいますが、周囲を意識したくはないことも恋愛離れにはあるからです。人を好きになる自然な感情でもあるはずなのに、仕事を理由にしているにすぎない部分といえます。

友人との時間を大切にできる

時間を使うことができるようになるのは、恋愛離れのメリットともいえます。この時間を使って、友人との時間を大切にすることができるようになるというのもひとつの考え方でしょう。

こうした時間の使い方の中から恋愛につながっていくのも当然です。友人との時間も大切ですが、この時間を恋愛に使うことは、だれもが考えることでしょう。友人との時間を大切にと理由にしていても、恋愛をしたくはないと認めたくないだけのことも多くみられます。

時間を自由に使えることはメリットかもしれませんが、デメリットを否定しているだけの要素であることも多くみられるでしょう。大事なことも多いのですから、メリットを考えていく必要があります。

恋愛離れのデメリット

恋愛離れになることは、デメリットを生み出す要因です。メリットがありそうではありますが、デメリットを否定するために作られている言い訳に過ぎないことも多いでしょう。国家レベルの問題ともなることさえあるからです。

人間的な成長ができない

恋愛離れになることによって、刺激を受けるチャンスを失います。人間らしさにもつながる部分でもありますが、デジタルな世界の中だけでは、成長に足らないからです。動物的でアナログなものに映るかもしれませんが、刺激を受けて成長することもなくなるでしょう。

人間同士の摩擦はいやかもしれませんが、こうした経験がのちにプラスになるk十もあります。ゲームやアニメなどにはない理不尽なことも出てきますが、思い通りにならないことが経験となり、学びとなることは間違いありません。乗り越えることができれば成長につながり、打たれ強さにもつながっていきます。

人間的に成熟していくためにも、未熟なままで終わらせないことが必要になるでしょう。恋愛の経験は、自分にないものに接する機会でもあります。辛いこともありますが、それ以上の喜びも感じることができるのですから、成長するために大事な機会となるでしょう。

結婚できなくなる

結婚を考えれば、恋愛離れはその機会を失います。当たり前のことですが、結婚するには相手が必要だからです。国家的に考えても、少子化につながっていくことになり、大きなデメリットになっていくでしょう。

結婚できないことは、将来に対する不安にもつながります。自分の老後をどうするのか、アニメやゲームはすくってはくれません。結婚して家族を持つことが、生活の安定にもつなげていくことになると考えれば、大きなデメリットになってしまいます。その機会を放棄することの意味も考えてみなければならないでしょう。

▼関連記事

恋愛心理学の4つの法則と心をつかむ7つの恋愛テクニック

真剣に恋愛をするための方法

恋愛を経験することは、悪いことは何一つありません。そもそもメリットやデメリットで測るものではないからです。真剣に恋愛をしてみることは、何も難しいことではないでしょう。

大恋愛の映画やドラマを見る

恋愛を考えるうえで、自分に置きかえてみることはひとつの方法です。大恋愛の映画やドラマを見た結果、自分でも恋愛がしたいと思うことは珍しいことではありません。疑似的な経験では、ゲームやアニメにも近い部分を持っていますが、ここから刺激を受けて行動してみることは大切でしょう。

恋愛離れになってしまうひとつの要因として、恐怖感があることは確かです。ですが、大恋愛をすることは、良くも悪くも経験につながります。振られてしまうこともあるでしょう。それもひとつの経験として、自分を大きくしてくれると思えば、悪いことではありません。映画やドラマの主人公も、乗り越えて魅力的な存在になっていくからです。

友人の恋バナを聞く

友人の話を聞いてみて、うらやましく思うことも重要です。最近ではリア充などという差別的な使い方をすることもありますが、うらやましいと思えば、自分でも行動したくなるはずです。自分も恋愛をしたいと思うのが、人間として当然の思いといっていいでしょう。

何か難しいことではありません。ほんの少しのきっかけにすればいいだけです。友人の恋バナをうらやましく思う気持ちが生まれれば、恋愛離れからも脱却することができるでしょう。

まとめ

恋愛をすることは、人生に大きな影響を与えてくれるでしょう。何も臆病になることはなく、失敗することも恐れる必要はありませんいつか大きな花が咲かせられることもあるのですから、どんどんチャレンジしてみるべきです。