彼氏に対して不安を感じる理由・不安を克服する方法を専門家が解説!

この記事の情報提供者:たまちゃんさん
たまちゃんさん
心理の勉強を独学で学び、障碍者心理はじめ様々な心理学を学んでおります!

アナタはどんなときに恋人の気持ちがわからない、冷めていると思いますか?また、どんなときに恋人がほかの誰かに取られる、浮気されていると心配に思うでしょうか。

今回は心理学に詳しいたまちゃんさん提供による情報を基に、恋人に対して不安に感じる瞬間や行動などのほか、女性心理について解説します。また、彼氏に対する不安を克服する方法についてもまとめたので、あわせてご覧ください。

彼氏に対して不安を感じる瞬間や行動など

彼氏の彼女に対する気持ちがわからない場合や、彼女最優先でない場合、彼女と一緒にいなく浮気を疑えるようなシチュエーションなどで、彼氏に対して不安を感じます。具体的な瞬間や行動などを見ていきましょう。

言葉での愛情表現が少ない

男性によってはわざわざ「愛してる」や「好き」と言葉にしなくても、一緒にいることや付き合っていること自体が愛してるや好きと思っている証拠という方がいます。

これに対し女性は言葉にして思いを伝えてくれないと、愛されているのか、好きでいてくれているのかわからないと、不安に感じてしまうのです。

交友関係が広い

男友達や女友達が多く、付き合いを大事にする男性は少なくありません。あまり頻繁に友人との遊びを優先されると、彼女としては自分がないがしろにされているような気分になることもあるでしょう。それだけでなく、彼女のいないところで彼氏が浮気でもしているのではないかと疑ってしまうこともあります。

彼氏が女性にモテる

顔立ちが整っている、ファッションセンスがある、性格が良い、高収入など理由はなんであれ、彼氏が女性にモテると不安に感じる女性がいます。自分より魅力的な女性が出てくると、彼氏に捨てられてしまうのではないかと不安に感じるのです。

LINEの返信が遅いor既読スルーされる

実際には仕事が忙しいなどの理由があっても、LINEの返信が遅かったり、既読スルーされたり、未読のまま長時間が過ぎたりすると、不安に感じる女性がいます。なにか都合が悪いことでもあるのではないかと心配してしまうのです。

連絡が少ない

付き合う前や付き合いはじめの頃に比べて、彼氏からの連絡の頻度が低くなる場合があります。すると、そのことを理由に自分が嫌われたのではないかと不安に感じる女性がいるのです。実際には彼氏は冷めたのではなく良い感じに落ち着いただけのことも少なくありません。

彼女に対して不安を感じる瞬間や行動など

世の中は彼氏としてどっしり構えていられる男性ばかりではありません。付き合っている自分の彼女が別の男性に取られるのでは、浮気されるのではと、不安に思う男性もいるのです。詳しくは、以下のようなケースをあげることができます。

彼女が魅力的すぎる

まわりからどう見えているかはさておき、自分が付き合っている彼女がかわいすぎる、きれいすぎると思っている男性がいます。その中には常にいつか彼女がほかの誰かに奪われてしまうのではないかという、不安につきまとわれてしまう方もいるのです。

男友達が多い

男女の友情は成立しないと考えている男性は少なくありません。この考え方を持っているために、彼女または男友達のどちらが恋愛感情を抱いているのではないかと思い、取られてしまうことや浮気されてしまうことに不安を感じるのです。

バストやヒップを強調する服を着る

男性としては、たとえば露出度が高いファッションをしている女性には、つい目がいってしまいがちです。彼氏としてはそれがわかっているために、自分以外の男性の前でそんな格好をしてほしくないと思います。

浮気願望でもあるのではないか、性的に満足していないのではないかと、心配になってしまうのです。

電話に出ない

たとえば居酒屋のような周囲の話し声がうるさい場所で、バッグに電話を入れっぱなしにしていると、着信音に気づかないことはよくあります。やましいことはなにもなく女友達だけで飲んでいるのに、電話に出てくれないとほかの男性と一緒にいるのではないかと不安に感じる男性もいるのです。

セックスを拒まれる

疲れている、生理中など身体的な問題や、悩み事・困り事があってそういう気分になれないというメンタルの問題があって、女性がセックスを拒否することがあります。

しかし、理由もわからずに拒まれると、すべてを否定されたような気持ちになる男性がいます。ほかにいい男でもできたのではないかと疑ってしまう方もいるのです。

彼氏に対して常に不安を感じている女性心理

重いと思われがちな特徴が、彼氏に対して常に不安を感じている女性にはあてはまります。チェックしてみて自分のことだと思った方は、後述する 彼氏に対して不安を感じる状態から脱却する方法を実践してみてください。

恋愛への依存心が強い

常に彼氏に不安がある女性の中には「彼氏さえいればそれでいい」という、恋愛がすべてのタイプの方が少なくありません。その結果、まわりの友達は離れてしまい、彼氏だけになるため会えない時間は常に寂しくて耐えられません

また、自分の生活が最優先ではなく常に相手の生活に合わせているため、彼氏の生活の全部を把握したという勘違いをしがちです。そのため、この時間であれば電話に出るべきはずと思っている彼氏が1回でも電話に出ないと、それだけでも不安に感じてしまいます。

思い込みが激しい

恋愛に対する依存心が強く思い込みも激しいために、心の中で「○○かもしれない」と勝手に期待する癖があります。たとえば「この日は彼氏も私も休みだし、デートしてくれるかもしれないから予定を空けていよう」と、彼氏に対して期待するわけです。

一方の彼氏が「休みだから友達と遊びに行く」というと、彼女は「私は予定を空けているのにどうして?本当に友達なの?」と不安・不満を感じます。

彼氏中心の生活を送っていても、相手もそうでなければ独りよがりな期待が常に叶えられるとは限らず、いつも心は不安でいっぱいなのです。

彼氏に対して不安を感じる状態から脱却する方法

彼氏に対して不安を感じる状態から脱却するには、とにかく自分自身を大切にすることです。まず、彼氏に生活を合わせすぎるのをやめて、自分の時間を作ります。そしてたとえば習い事をしたり、自分の趣味に没頭したりすることからスタートしてみるのも良いでしょう。

これまではいつも彼氏と一緒だったために、一人ぼっちになったという不安が強く出るかもしれません。そのために彼氏に連絡したい気持ちにもなるでしょうが、グッとこらえます。友達とランチをしたり、お喋りしたり楽しく過ごしましょう。そうしているうちに、気持ちが落ち着いてくるはずです。

自分の時間を心から楽しめるようになれば、自分を犠牲にして彼氏に尽くしすぎていたことに気づきます。そして自分自身を大切にする居心地の良さを覚えると、彼氏との距離感も上手く取れるようになるでしょう。

そして自分の時間が大切という考え方が完全に定着すれば、不安を感じる状態は生じにくくなります。彼氏も自分の時間を有意義に使えるようになり、彼女を重いと感じなくなるなど良い影響が出てきます。すると2人の関係も改善されて、恋愛がより楽しめるようになるでしょう。

彼氏が自分を好きか確かめる方法

目の合い方や彼女に触れてくる頻度など、彼氏をよく観察してみることによって、彼女に好意を持っているかどうかの判断材料が見つかります。どんなところに注目すれば良いのか、詳細を確認していきましょう。

視線が合う

男性は無意識に気になる女性を目で追います。頻繁に目が合うのであれば、彼女に好意を持っているといえるでしょう。そして、気があると視線が合えば恥ずかしそうにうつむきます。

なお、目を合わせるのが苦手なシャイな男性もいます。この場合、隣に座ったとき彼氏の組んだ足のつま先が彼女のほうに向いていると、それは好意を持っているサインといえるでしょう。

彼女の話に共感する

彼女が好きで寄り添いたい気持ちが強いことの表れです。彼女の話に耳を傾け、共感をアピールすることが増えてはいないでしょうか。たとえば「君と同じ考えだよ」とか「君の気持ちはわかるよ」など共感する発言が多くなっていれば、彼氏は彼女に行為を持っています。

ボディタッチが多い

はじめは我慢していますが、好意を持つと無意識に彼氏からのボディタッチの回数が増加します。好きになると、彼女に触れたい気持ちを抑えられなくなるのです。

無意識に仕草を真似る

人間には好意を抱いている相手の真似をしたくなる本能があり、この行動をミラーリングといいます。そして自分と同じ行動や仕草をされると、親近感を持つようになるのです。彼氏をよく観察してみてミラーリングされていれば、それは彼女が大好きで彼氏が自分のことをアピールしているのです。

彼女の変化にすぐ気づく

彼女に対し関心があり、常に気にしているために、細かな変化を見落としません。ヘアスタイルやメイクの変化には当然のように気がつきます。とくに目の変化には敏感で「目が充血してるけど大丈夫?」と、友達なら気にならないような目の違いまで気になるのです。

まとめ

魅力的でモテる、異性の友達が多い、連絡がつかないなどの要因があって、彼氏や彼女に対する不安を感じます。とくに女性が常に彼氏に対して不安を感じる場合、恋愛への依存心が強く思い込みが激しいのが根本にある可能性が低くありません。該当する方は、今回ご紹介した彼氏が自分を好きか確かめる方法や自分の時間を大切にする方法を実践して、不安を解消しましょう。