彼氏に不安を感じる原因とは?不安なときの対処法を紹介

大好きな彼氏と付き合っているのに何かしら不安・・・恋愛で幸せであっても何かしら不安がつきものです。

今回は

  • 彼氏がいるのに不安になる理由
  • 不安になる瞬間3選
  • 不安になったときの対処法
  • 不安になることは悪いこと?

についてまとめました。彼氏がいるのに不安になる理由から、彼氏との付き合いは順調なのに不安になった時にはどうすれば良いのかまで知っておくとよいでしょう。

彼氏がいるのに不安になるのはどうして?

カップル

せっかく彼氏がいて幸せな恋愛をしているはずなのに、不安を感じてしまうのはなぜなのでしょうか。

彼氏がいるにもかかわらず不安になってしまう理由を集めてみました。

自分に自信がない

彼氏がいるのに不安になってしまう理由の一つに、自分に自信がないということがあげられます

その手の女性は自分のことを好きではないので、本当に彼氏も自分のことを好きかどうかわからない、もしかしたら遊ばれているだけかもしれないと感じてしまって不安になってしまうのです。

彼がイケメン

彼氏がイケメンだと、不安も倍増します。イケメンだからほかの女性に誘惑されないだろうか、浮気されるのではないだろうかと心配になります。

特にイケメンの男性には女性が寄ってきますし、なかには彼女がいてもアプローチする女性もいますので、とても不安になってしまうのです。

過去にトラウマがある

浮気をされて二股されていた、とか酷い振られ方をしたとか、実は相手が既婚者だった・・・など悲しい恋愛を体験したことのある女性は少なくありません。

そういった過去にトラウマのある女性は、現在の幸せがいつか崩れてしまうのではないかと不安になってしまうのです。

彼氏から愛情表現がない

彼氏から本当に愛されているかどうかわからない、そう感じた女性は不安を感じてしまいます。

好きと言われたことがない、愛情表現がないということが続くと、都合の良い女扱いされているのではないかと不安になってしまうのです。

結婚の話が出ない

付き合いが順調であっても将来の話が出ない時、特に適齢期の女性は不安に感じてしまいます。確かに理想の相手だけれども、全く結婚の話が出ないので、このまま付き合っているより結婚してくれる相手を探したほうがいいのではと考えてしまうこともあるでしょう。

女性は出産年齢にある程度のリミットがありますので男性よりもシビアに考えるのです。適齢期の女性と付き合うということはそれだけ将来への責任も負うことになるケースが多くなりますね。

彼氏が誰にでも優しい

優しい彼氏を持っている人も、不安と無縁ではありません。彼氏の性格がもともと優しい人で、誰にでも優しい場合は自分が彼女だからと特別視されているわけでないと感じてしまいます。

誰にでも優しいと、もしかしたら他の女性にも特別に優しくしてしまうのではないかと不安に感じてしまうのです。

将来への不安がある

結婚話が出る、出ない以前に将来への不安があると女性としては先の見えない不安を感じてしまうものです。定職に就かない、ギャンブルをやめない、転職をする、夢を追っているなど家庭を持つ男性の覚悟が感じられない場合があります。

女性も男性並みに働く人が増えてきたとはいえ、出産でのブランクが想定されると男性に安定した職業や収入を求める女性はやはり依然いるのです。

承認欲求が満たされていない

「承認欲求」とは他者に自分をわかってもらいたい、認めてもらいたいという他者承認があり、これが彼氏によって満たされていないと不安になります。いつも何を考えているかわからない、自分のことをわかってくれない、わかろうともしない彼氏に対しては不安を感じる女性も多いのです。

また自分自身がこうあるべきという自分の理想と現実のギャップがある、自己承認が低い人もいます。そういった人は自分に自信を持つことから始めるとよいでしょう。

不安になる瞬間とは

では、彼女が彼氏に対して不安を感じてしまう瞬間はどのようなときなのでしょうか。

不安になる瞬間を知ることで彼氏に対する彼女の不満を回避することができます。不安になるのがどういったときか、知っておくとよいでしょう。

幸せすぎて怖くなった

彼氏と付き合っていて幸せなとき、幸せ過ぎて怖くなる、不安を感じることがあります

特に今までつらい恋愛ばかりしてきた人、自分に自信がない人にとっては、彼氏と幸せにしているとき、この幸せが本物だろうか、本当に続くのかを心配して不安になるのです。幸せなときは自分の幸せを素直に感じる方が、あれこれと心配するよりもよいでしょう。

浮気が心配になった

会えない時間や連絡の取れない時間が多くなると、不安になってしまいます。それは会えない時に自分以外の女性と浮気をしているのでは、と心配しているからです。

特に妄想や空想が好きな女性は、会えない時に他の女性と親密になっていると勝手に妄想して不安になってしまいます。確かに男の人のなかには浮気をする人もいますが、すべてがそうというわけでありません。一般論では考えないほうがよいでしょう。

いつか振られるのかもと思った

特に今まで幸せな恋愛をしてこなかった人は、いつか振られるかもと思って不安に感じてしまうことがあります。幸せだけれど将来が見えない場合は、こんな幸せは続くわけがないと考えてしまうのです。

付き合いながらも1年後や2年後、そういった将来を見据えることが出来ないと思って不安に感じてしまいます。付き合っているときに、根拠のない「いつか」を悪く考えることはやめたほうがよいでしょう。

不安になったときの対処法

彼氏に対して不安を感じてしまうことは珍しいことではありませんし、不安を感じてしまう原因もさまざまですね。彼氏に対して不安を感じてしまったときはどうすれば良いのでしょうか。

不安を感じてしまったときの対策は実はたくさんあります。その中で自分に合う対策を知っておき、実現するとよいでしょう。

彼氏に依存しすぎない

彼氏に依存していると、もし別れたときのことを考えてかなり不安になってしまいます。彼氏に対して不安を感じないようにするためには、彼氏に依存しすぎないことが大切です。

具体的には「言わなくても気持ちを汲んでくれるはず」という思考はやめ、思ったことはなるべく伝えるようにしましょう。要望があるときは「こうしてくれるとうれしい」といったように自分の気持ちとともに伝えるとよいですね。

特に男性は女性と違って、思っていることをくみ取ることが得意ではありません。彼氏が自分のことを考えてくれるはずという依存はやめましょう。

自分に自信をつける

自分に自信を持つことも大切です。彼氏に対して不安を抱くのは彼氏に問題があるからばかりではありません。自分に自信がないために、悪い方に悪い方に考えてしまいます。仕事を頑張ってみる、目標を立ててそれを達成してみるなど小さなところから自身をつけるようにセルフトレーニングするとよいでしょう。

自信がないというのは成功体験がないということですので、自ら成功体験をたくさん得るようにいろいろな分野で頑張ってみるのがおすすめです。

自分を磨いて魅力を身に着ける

趣味でも何でも、自分を磨くところから始めましょう。メイクやファッションを研究して外見を磨くことでもよいですし、新しい趣味を始めて自分が生き生きと輝くのもよいですね。また教養をつけて自分を磨くという方法もあります。自分の外見や内面を磨くことによって、彼氏に対する不安などという今現在起こってもいないことを考えずに済むでしょう。

加えて彼氏にとっては外見も内面も魅力のある彼女になります。自分磨きをするということは一石二鳥なのです。

とにかく相手を信じてみる

とにかく相手を信じてみることも大切です。自分が不安に思うというのは裏を返せば相手を信頼していないということになります。それは自分を好きでいてくれて、いろいろなことを考えてくれる彼氏にとってはあまりにも失礼な話です。たとえ振られたとしても相手を信じてみたという経験はあなたにとって貴重な経験になることでしょう。

人は信頼には信頼で返すものですから、あなたが彼氏を信頼することによって、彼氏も自分を信頼してくれるようになり、裏切るような行動はしないでしょう。

不安だったけど大丈夫だったことを思い出す

彼氏に対して不安を感じる人は、いろいろなことに不安を感じやすいです。ですが、彼氏のことに限らず不安だったけれど実は何も問題がなかったということは、世の中に結構転がっています。

自分の人生を振り返ってみて、根拠もなく不安にならなくても大丈夫だと自信を持つようにしましょう。自分の心情を客観的にわかるように、大して根拠もないのに不安に陥らないように日記を書いてみて心の中を整理してみるのもおすすめです。

不安になることは悪いこと?

彼氏に対して不安になることは、果たして悪いことなのでしょうか。不安になるからこそみえてくることもあるはずです。不安になることがどういった効果をもたらすのか事例をあげて考えていきましょう。

それだけ好きということだから悪いことではない

彼氏と少し連絡が取れないからといって不安になることは、悪いことばかりではありません。彼氏が自分にとってどうでもいい存在であれば、不安に感じることなどはまずないからです。

彼氏に対して不安に感じることがあるというのは、それだけ彼氏のことを大事に考えている証拠といっていいのです。そのように自己分析をして、ときには彼氏にストレートな愛情を注いでみるのもよいことでしょう。

次のステップに進むための道である

現状に不安になるということは、未来に向けてなにか変えなければならないことがある、ということの裏返しです。自分が不安になった時は「理想の自分」を考えてみてください。理想の自分になれるために今何をすべきか書き出してみるのもよいでしょう。

不安というのはそもそも停滞している状況で起きやすいものですから、自分の行動次第ではこれからのステップになることももちろんあり得ます。そのため不安をチャンスと考え前向きに自ら行動していきましょう。

まとめ

彼氏がいて交際が順調であるのに不安になる理由はいくつかあります。自分に自信がない、彼氏がイケメンである、過去の恋愛にトラウマがある、適齢期なのに結婚の話が出ない、承認欲求が満たされていないといったことが考えられるでしょう。不安になる瞬間は幸せ過ぎて怖くなりますし、浮気が心配になった時です。

不安になった時の対処法としては彼氏に依存せずに自分に自信をつける、自分を磨いて魅力的になるなど、とにかく相手を信じてみることも大切になりますね。彼氏に対して不安になることは悪いことばかりではなく、それだけ好きということや次のステップに進むための道と考えましょう。