専門家が教える!好きな人に告白するオススメのタイミングや方法

この記事の情報提供者:真尋さん
真尋さん
NLPを1年間受講し心理学のノウハウを習得しました。

好きな人ができるということはとても素敵なことです。人を好きになるという気持ちは幸せな気持ちにさせてくれる反面、もどかしさも伴います。

相手の気持ちを知りたくなったり、思いを告げたいという自分の気持ちに葛藤することもあるでしょう。そんな時、どうしたら良いのでしょうか?

  • 好きな人に告白するときの心理
  • 告白するときに心得ておきたいこと
  • おすすめの告白方法
  • おすすめの告白するタイミング

を解説していきます。

好きな人に告白する時の心理について

人を好きになり、告白するということは現状に満足していないと感じたときに起こす行動です。もちろんそういった状況の時は、今以上の関係を望んでいることがほとんどでしょう。

告白の失敗の恐怖と相手の気持ちを知りたいという気持ちを天秤にかけることで、しばらく悩み苦しむことがほとんどです。どうにかして今の関係を進展させたいのに、告白して関係を壊してしまうのも怖い…というモヤモヤした気持ちになります。

このようなモヤモヤした気持ちが、人を好きになると生じます。

モヤモヤした気持ちとの決別

どこかはっきりしない気持ちを解決させるには、今の関係を進展させるか、自分をどう思っているのかをはっきりさせるしか方法はありません。

このように、関係を進展させたい、自分をどう思っているのか知りたいという思いが告白への勇気に繋がります。モヤモヤを解決したいという気持ちが、関係が壊れる恐怖に勝った時、告白しようという心理に発展します。

告白するときに心得ておきたいこと

相手のことを知っておく

告白するときに相手のことを知っておくということも必要な作業の一つです。彼女がいるのかいないのか、どんな人なのかを可能な範囲で知っておきましょう。

ロングヘアが好きなのか、ショートヘアが好きなのか、告白する時の服装選びにも影響してきます。告白の時の服装が、いつもと違っていてときめいたなんてことも十分にあります。

好意をアピールしておく

いきなり告白するよりも、好意があることが相手に伝わっていた方が成功率は上がります

自分への好意に気がつくと、相手も意識するようになるからです。告白する日までにお相手の気持ちも温まってくれていれば効果は抜群です。

お相手の迷惑にならない範囲で、好意をアピールしましょう。

良いイメージを想像するようにする

告白はイメージづくりがとても大切です。失敗するイメージを持ってしまうと、告白する際にぎこちなくなってしまったり、思いをしっかりと伝えられなくなってしまうかもしれません。

あなたが緊張しているとその雰囲気はお相手にも伝わってしまいます。必ず、成功するイメージを持って、いつも通りの雰囲気で告白するようにしましょう。

可能な限りいい女になっておく

相手が告白されて嬉しいと感じるような女性になれるよう努力しましょう。特に大切なのは可愛らしい笑顔です。苦手な方は鏡の前でニコリとする練習をしておきましょう。

一生懸命に可愛く見せようと頑張るあなたの姿を見て、お相手の気持ちもグラっと傾くかもしれません。

相手のことを思いやる

これは告白する上でとても大事なことです。自分の想いだけでは、告白は成功しにくいです。相手のことを思いやりながら、自分の思いを丁寧に伝えるようにしましょう

もし、告白に失敗してしまうことがあっても、笑顔でしっかりと受け答えをするようにしてくださいね。心理学的に、同じ相手から何度も告白されることは効果があるとされています。

最後まで笑顔で対応を

告白の結果うまくいかなかったとしても泣いてしまったり取り乱してはいけません。もしかしたら二度目の告白のタイミングがくるかもしれないので、先をしっかりと見据えておきましょう。

難しいかもしれませんが、グシャグシャの泣き顔よりも笑顔でいた方が相手からの印象も良くなるはずです。相手の気持ち、もしかしたらくるかもしれない二度目の告白に向けてとびきりの笑顔で対応しましょう

おすすめの告白方法

告白は直接がオススメ!

顔を見て直接告白するのが、一番おすすめです。

電話やメールなどで告白する方法はありますが、やはり相手の表情が分かる方が告白には有利です。

電話やメールでは相手の状況や反応、表情が一切見えません。直接告白する方法は相手の状況や反応に合わせて言葉を発することができるので、成功率もグッと上がります。

直接会って告白する方法だと、お相手の服装や髪型を褒めてからなど、良い雰囲気づくりのジャブを打つことも可能になります。

雰囲気づくりはとても重要

告白する空間の雰囲気作りは非常に大切です。告白する前に、相手がドキドキするような空間を作ってしまいましょう。

告白される側は、自分の状況と告白される瞬間の自分の気持ちで返事をするケースが多いです。告白するその瞬間まで、チャンスの時間だと考えてください。

告白されるかもしれないドキドキを感じているお相手の、その時間を共有しないのは勿体無いことです。吊り橋効果という言葉があるように、ドキドキは恋愛感情を錯覚させます。

メールや電話よりも直接会って告白する方が、その効果は大きいのです。直接会って告白するというのはかなり勇気のいることですが、成功率を上げるためにも一歩を踏み出しましょう。

告白する場所も大切

男性は恥ずかしがりな方が多いですから、なるべく人の少ない、目立たない場所で行うようにしましょう。かなりベタですが、夕方の公園や、学校であれば体育倉庫の裏なんて良いですね。

少女漫画によく出てくるような場所は、案外実際の告白にも向いている場所なのです。告白をする側は、告白される側が嫌な思いをすることのないよう、十分に配慮するようにしましょう。

おすすめの告白するタイミング

告白するタイミングは、一番迷うところだと思います。

デートの回数がヒントに!

出会ってから何度か二人きりでデートをすると思いますが、毎回デートの誘いを断らずに受けてくれる事が続くようであれば告白の良いタイミングだと思います。

あなたと一緒に時間を共有しても良いと考えている可能性が高いので、成功する確率は高いでしょう。5回以上断らずに受けてくれるようであればかなり脈有りかもしれませんね。

もし、デートの誘いをしたときに相手に予定があったにも関わらず、予定を調整してくれたり、新たな日取りを提案してくれたりする場合、ほかの用事よりもあなたとの用事を優先したということになるので、より期待値は上がります。

オススメの季節は夏

また、夏は新しい恋がたくさん成就する季節なのです。夏の暑さで解放的になり、告白の成功率もグッと高まるのです。

もし、告白を検討してはいるが時期を決めかねているというような方は、夏に告白というのも時期的にはおすすめです。

まとめ

告白はかなり勇気のいるイベントです。関係が壊れてしまったらどうしようと考えたり、気まずくなってしまったらどうしようと、考えてしまうかと思います。

しかしお相手との関係を進展させたり、気持ちをはっきりさせるためには必要なイベントであるともいえるのです。あなたが出した勇気が、新しい恋愛を呼び込んでくる可能性も十分にあります。

上記でご紹介した方法を参考にし、好きな人と素敵な恋愛をスタートさせていただければと思います。