女友達を好きになる?好きになった時の告白の方法とは

女友達を好きになった経験はありませんか?それまでは友達としてしか見ていなかったのに、突然好きという感情が芽生えてしまうことはよくあることです。

そこで、ここでは

  • こんな態度は女友達を好きになった証拠
  • どんな告白をしたら効果的か
  • 好きだけど友達のままでいたいなら
  • 女友達を好きになってしまうときのシチュエーション・心理状況

と、女友達を好きになるタイミングや、効果的な告白の方法などについてまとめてみました。

また、友達のままでいる方法についてもお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

こんな態度は女友達を好きになった証拠!

仕事をしているとき、ボーっとしているときなどに、女友達のことばかり考えているようだと、好きになった可能性があります。

また、特別扱いをしたくなったり、連絡を頻繁に取りたくなったりするのも恋心が芽生えた証拠でしょう。

ふとしたときに女友達のことばかり考えている

無意識のうちに女友達のことばかり考えてしまうのは、好きになった証拠と考えられます。ふとしたとき、女友達のことを考えていることはないでしょうか?

働いているとき、ベッドに転がっているときなど、そんなときに無意識に女友達のことが浮かんでくるのは、心奪われている証拠です。

2人でいると動揺することがある

友達としてしか見ていないのなら、2人きりでいても動揺することはないでしょう。特に意識することもありませんし、普通に接することができるはずです。

しかし、女友達からの発言や、態度などによって動揺してしまうようだと、その女性のことを恋愛対象として意識している可能性があります。

男であることをアピールしたくなる

相手のことを女性として、恋愛対象として見ているときは、男であることをアピールしたくなります。

例えば女友達が重い荷物を持っているときに持ってあげようとする行為が挙げられますね。力強さ、頼りになる男をアピールし始めたら、恋がスタートしています。

ほかの男と話しているのが気になる

女友達という認識なら、ほかの誰と話していても気になることはないでしょう。しかし、これが恋愛の対象なら話は違ってきます。

自分以外の男性と話しているのが面白くない、気に食わないなど、さまざまな感情が湧き上がってしまうものです。

ちょっと特別扱いをしたくなる

特別扱いをしたくなるのは、特別な感情を抱いているからだと考えられます。

プレゼントをあげたい、誕生日をお祝いしてあげたいといったことを考えるようになるケースですね。明らかにほかの女性よりも優しく接している自分がいる、と思ったときも恋が始まっていると考えられます。

連絡を頻繁に取りたくなる

頻繁に連絡を取りたくなるのは、好きという気持ちがあるからでしょう。異性として好きだからこそ、もっと親密な関係になりたいと考えるのです。

1日に何度もLINEを送ったり、電話をして声を聴きたくなったりするのは、女友達に対して恋愛感情を持ち始めているからでしょう。

どんな告白をしたら効果的?

最初から恋愛対象として見ていた女性と、女友達とでは告白への心構えも違ってきますよね。

また、どのように告白すればうまくいくのだろう、と感が手いる方もいるはずです。ここでは、効果的な告白のパターンを見てみましょう。

意外性を持たせて告白する

女性はサプライズを好む傾向にあるので、意外性を持たせた告白は一定の効果が期待できるでしょう。

誕生日をお祝いするときに告白する、普通に普段通り遊んでいるときに突然告白する、といった方法もいいかもしれません。いろいろアイデアを練ってみましょう。

成功しなくても何度もアタックする

もしかすると、彼女はあなたのことを男友達としてしか見ていないかもしれません。そのため、告白しても玉砕してしまうことは十分考えられるでしょう。

成功しなくても何度でもアタックすることで、好きという強い気持ちをアピールできます。成功するまで続けるつもりでアタックしましょう。

直球の告白も効果的

回りくどい告白よりも、ストレートに告白してくれた方が嬉しい、という女性は少なくありません。

そのため、あれこれ考えるくらいなら直接本人を目の前にして、気持ちをぶつけてみましょう。LINEで告白という手もありますが、やはり女性としては直接向かい合って言われたいものです。

好きだけど友達のままでいたいなら

好きな気持ちはあるものの、今の関係を壊したくない、というケースもあります。その場合には、いったいどうすればいいのでしょうか。

ここでは、好きだけど友達のままでいたい、という場合の対処法をお伝えします。

相手に気持ちを最後まで伝えない

気持ちを最後まで伝えてしまうと、お互い意識してしまいます。今までのような関係性ではいられなくなるでしょうし、ぎくしゃくした関係になってしまうかもしれません。

今まで通りの友達としてのお付き合いを続けたいのなら、最後まで気持ちを伝えないようにしてください。

変に意識をしすぎない

意識しすぎてしまうと、不自然な感じになってしまいます。今まで普通に話せていたことも、あまり話せなくなるでしょう。

好きな気持ちをなるべく表に出さないようにして、友達として意識するようにしてください。意識しすぎると、相手にも伝わってしまいます。

適度な距離感を保つ

できれば、今まで通りの距離感を保った方がいいかもしれません。距離感が近くなりすぎると、余計に好きという気持ちが強くなってしまう可能性があります。

だからといって、距離感を離しすぎると、不自然になってしまいます。適度な距離感といっても難しいかもしれませんが、友達のままでいたいのなら、今まで通りの距離感がベストでしょう。

今まで通り普通の態度で接する

友達としての関係を続けたいのなら、なるべく普段通り接するようにしましょう。気持ちは表に出さず、友達同士の距離を保ってください。

好きという気持ちがあると、つい態度に出てしまうものですが、そこは気持ちでカバーしましょう。女性は男性よりも勘が鋭いことが多いので、接し方が変わってしまうとあっさり察知されてしまう恐れがありますよ。

必要であれば少し距離を置いて冷めるのを待つ

気持ちが抑えられない、このままだと友達としては見られなくなる、という場合は、距離を置くのもアリです。

少しのあいだ距離を置けば、気持ちと頭も冷めてくるでしょう。どうしても友達のままでいたいのなら、これも選択肢の1つですね。

女友達を好きになってしまうのはどんなとき?

女友達を好きになってしまうのは、どのようなときなのでしょうか。

さまざまなパターンがありますが、ここではいくつか代表的なパターンをご紹介します。

男として見られていると気が付いたとき

女友達から頼りにされていることに気づいた、異性として見られていると気づいた、というときに好きになることがあります。

男性としては女性から異性として見られると意識し始めますし、自分も好きになってしまうことがあります。

普段とは違う部分が見えたとき

女友達が急に女性らしい一面を見せたときなどは、ドキッとしてしまうものですよね。

お化け屋敷で可愛い反応をしていた、感動する映画を観て泣いていたなど、意外な一面、違った部分を見たときに男性は好きになってしまいます。

心を許してくれていると感じたとき

心を許してくれているということは、頼りにされているのと同じことです。また、一緒にいて安心できるからこそ、心を許してくれているのでしょう。

男性としては嬉しい限りですし、このようなときに好きになることは珍しくありません。お付き合いしたい、と考えるケースは多いでしょう。

自分を受け入れてくれていると感じたとき

自分のことを受け入れてくれる女性に、男性は弱いものです。自分のすべてを受け止めてくれる、許してくれる、そんな存在に対して愛情を抱いてしまいます。

ありのままの自分を素直に受け止めてくれるのなら、一緒にいて居心地もいいに決まっていますよね。

まとめ

ふとしたときに女友達のことばかり考えている、頻繁に連絡したくなるといった状態だと、女友達を好きになっています。ストレートに告白し、失敗しても何度でもアタックしてみましょう。

また、友達のままでいたいのなら、これまで通りの距離感で、意識しすぎずに接してください。自分の気持ちに正直になって、付き合い方を考えましょう。