「いいな」を届けるWebメディア

恋愛

2018年02月14日 更新

男女別で違う!好きになる瞬間ってどんな時?

人を好きになる瞬間というものがあります。これは実は男女でそれぞれ異なっているのです。男と女とでどのような違いがあるのでしょうか。それについて見ていきましょう。

女性が男性を好きになる瞬間


まずは女性が男性のことを好きになる瞬間について注目してみましょう。どのような瞬間に異性のことが好きになってしまうのでしょうか。男性との違いをチェックしてください。

優しい言葉をかけてもらった

まず、男性から優しい言葉をかけてもらったときに、その男性のことが好きになってしまうことは多いです。女性は落ち込んでいるときというのはとても不安になってしまいます。そんなときに誰かに助けてほしいと願ってしまうのです。そういう女性に手を差し伸べてくれる男性の存在というのは、女性にとってはとてもありがたいものとなっています。

また、優しい言葉を他人にかけることができるというのはなかなかできることではありません。そのような男性はとても心が優しくて貴重な存在となるでしょう。仮にそのような男性と付き合うことができれば、ずっと守ってくれるという安心感があるのです。そのため、このような男性は女性から人気があるのです。

落ち込んでいる姿を見た

その男性が落ち込んでいる姿を見ることによって、好きになってしまうというケースもあります。男性というのは基本的に他人に落ち込んでいる姿をあまり見せることはないでしょう。いつも虚勢を張っていたり、強がっていたりすることが多いからです。そんな男性の弱い姿を見てしまい、母性本能をくすぐられるというケースがあるのです。

強いと思っていた男性の弱い部分を見てしまうと、自分が助けてあげなくてはいけないと感じてしまうのです。その男性の力になりたいと思ってしまいます。その結果として、その男性と付き合いたいと思うようになります。男性の弱い一面を知ってしまうことも、好きになることにつながってしまうことがあるのです。

親しく話しかけてくれる

その男性から親しく話しかけられたことが好きになるきっかけとなることはよくあります。たとえば新しい環境で不安になっているときに話しかけてくれた男性は、とてもありがたい存在となるでしょう。その男性が心の支えとなるのです。話しかけてくれた男性のことを好きになってしまうでしょう。その男性の優しさや人間性に惚れてしまうのです。

基本的に女性というのはフレンドリーな男性の方を好むことが多いです。落ち込んでいるときにも積極的に話しかけてくれることを願っています。そのような男性であれば、結婚をしても家庭を明るくしてくれるでしょう。一緒にいてつまらないと感じることがないと思うのです。そのような男性のことを良いなと思って、好きになります。

 

男性が女性を好きになる瞬間


反対に男性が女性を好きになる瞬間というのはどのようなときなのでしょうか。これは女性とは異なっていることが多いのです。それではどのような違いがあるのか注目してみましょう。

一生懸命な姿

まず、男性は女性の一生懸命になっている姿に惚れてしまうことがあります。何事にも全力を注いでいるような女性というのは魅力的なものです。そうでない女性との対比でますます頑張っている女性が輝かしいもののように見えてくるのです。このような女性というのは、仕事でも家庭でも全力でやるべきことをやるイメージがあります。そのような女性に男性は惹かれるのです。

一生懸命な女性というのは安心感があるでしょう。自分が助けてあげなくても自分でなんでもやれるイメージがあります。そういう強さを持っている点に憧れてしまう男性もいるのです。とても誠実で素直な性格のようなイメージを持ちます。一緒にいて自分も影響を受けることがあるかもしれません。一緒に高め合えるような関係になれると期待できるのです。

趣味が一緒

趣味が一緒であるということに惹かれてしまうケースもあります。特にマニアックな趣味を持っていて、それについて話すことができるような友達がいないときに、それを趣味とする女性がいると、気になってしまうのです。趣味の話で一緒に盛り上がることができれば、その女性のことがとても好きになってしまうでしょう。

女性と趣味が一緒であるというケースはあまりないことです。同性でも趣味が合わない方は多いでしょう。それなのに自分と趣味が合う女性がいるということに男性は喜びを感じるのです。そのような女性のことはとても好きになるでしょう。一緒にいて楽しいと感じて、自分の趣味のことを否定されないという安心感があります。

容姿が理想的

女性は男性を見た目だけで判断するようなイメージがあるのですが、実際には逆です。男性の方が女性を見た目でしか判断しないケースが多いでしょう。そのため、圧倒的に美人がモテるケースが多いのです。男性は女性の見た目に惚れ込んでしまうことが多く、一目惚れをしてしまうケースも少なくないでしょう。

男性は視覚的に興奮することが多いのです。そのため、見た目が自分の好みであれば、内面はあまり気にしないという男性もいます。もちろん、単に美人だけがモテるというわけではありません。たとえば、ボディが自分の理想に近いために好きになることもあるでしょう。性的に興奮を覚えるような見た目に惚れてしまうこともあるのです。

恋に落ちる心理とは


それではどうして人間は恋に落ちてしまうのでしょうか。男性と女性で恋に落ちるきっかけというのは異なっているのですが、それではどうして恋に落ちるのか、そのときの心理について紹介しましょう。

顔を合わせることで親しみを持つ

まず、相手と顔を合わせることで親しみを感じるために恋に落ちるというケースがあります。これは男女のどちらにも共通することでしょう。親しさを感じやすい相手というのは、いつも一緒にいたとしても不安になることはありません。むしろ楽しいと思うことが多く、ずっといつまでも一緒にいたいと素直に思えるでしょう。

親しみやすい性格や見た目というのは、人それぞれ基準が異なっています。他の人にとっては親しみを感じやすかったとしても、別の人にとってはそれほどでもないということは少なくありません。自分にとって親しみを感じやすい対象に対して惚れてしまうのでしょう。

自分に似た人に惹かれる

自分と似ている要素があると、その人に惹かれてしまう傾向があります。自分と似ている人に対して親しみを感じやすいからです。そのような人というのは安心できるでしょう。自分と似ているということは、さまざまな点に関して行動や思考が予想しやすいです。そのような意味における安心感もあるでしょう。

また、自分が悩みや不安を抱えたときにも、そのことについて打ち明けやすいです。自分と似ている人であれば、その人なりの悩みや不安を理解してくれる可能性が高いからです。一緒にいて安心感を覚えやすい相手というのはとても惹かれてしまうでしょう。そのような人とぜひとも付き合っていきたいと考えるのです。

好意を感じるとお返ししたくなる

また、その人に好意を感じてしまうと、それについてお返しをしたくなるという心理が働きます。好意を感じるのはさまざまなきっかけがあるのですが、そのような感情になると相手のために何かをしてあげたいと思うようになるでしょう。これが後から考えてみると恋に落ちた瞬間であると認識するのです。

その人のために差し入れをしたり、仕事のサポートをしたり、親しげに話しかけてみるようになります。これらの行動というのはまさに好きな人に対してする行動と一致しています。そのため、恋に落ちるというのは、その人のために尽くしてあげたいという気持ちと同じであるという考え方もできるでしょう。

後光効果

後光効果というものがあります。こちらはハロー効果や光背効果と呼ばれることもあります。人の特徴を評価する場合に、その人についての印象やその人の他の特徴が影響を受けやすいというものですたとえば、ノーベル賞を受賞している方が専門外のことについて発言した場合に、それは明らかに専門外のことであるにも関わらず権威を持った発言として受け入れやすいというものです。

つまり、物事の一面だけで相手のことを判断してしまうということであり、気をつけなければいけないものです。親しげに話しかけてくれて、いつも素敵な笑顔を見せてくれる異性に対しては、その人の他の特徴についても好意的に感じやすくなります。そして、好きになってしまうのです。

もちろん、これは逆の効果も与えることがあります。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いという言葉もあります。また、あばたもえくぼのように、その人の欠点についてまでよく見えてしまうということもあるのです。最初の印象で良い面を見て、その人の評価が固定されることが大切なのです。

職場で異性を意識する瞬間


多くの大人にとって異性と接する機会が多いのはやはり職場でしょう。職場恋愛をしている方もたくさんいます。それでは職場でどのようなときに異性を意識してしまうことが多いのでしょうか。そのような瞬間について説明しましょう。

仕事のフォローをしてくれた

まず、自分の仕事のフォローをしてくれた相手に対しては異性として意識してしまうことが多いです。仲間意識を感じやすくなります。親しみを持つようになるでしょう。そのような意識が発展すると、やがては恋に落ちてしまうこともあるのです。それをきっかけとして、惚れてしまうことがあるかもしれません。

通勤経路が同じ

自分と通勤経路が同じだと意識してしまうことがあります。朝から夜までずっと一緒にいることになるでしょう。一日のスタートがその人を見かけたり、一緒に通勤するところから始まったりするのです。これによって意識するようになるのです。毎朝、その人と通勤してくるのが日課になると、安心感も生じてくるでしょう。やがては好きになってしまうかもしれません。

通勤経路が同じということは、退勤経路も同じということです。そのため、仕事が始まる前から仕事が終わったあとも一緒にいることも少なくありません。このような状態が続けば、自然と意識してしまうでしょう。

▼関連記事

年上女性が見せる脈ありサイン!職場の会話や年上好きの心理って?

まとめ


このように男女によって相手を好きになる瞬間というのは異なっています。ただし、共通している部分もたくさんあります。また、恋に落ちる心理についても似ている要素は多いでしょう。

▼関連記事

男性・女性別で見る気になる相手への「好きサイン」とはどんなもの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです