男女で違う「好きになる瞬間」!異性を好きになる瞬間と心理を解説

「いままで圏外だった男性のことが、最近妙に気になる」

「いままで気にかけてなかった人なのに、なんだか格好よく見える」

このように人を好きになる瞬間やきっかけ、自分の本当の気持ちに気付くタイミングは人それぞれ。思いもがけず、恋に落ちることもあります。

人を好きになるきっかけは、男女によっても違います。アプローチにもコツが必要です。1つ1つ見ていきましょう。

女性が男性を好きになる瞬間・きっかけ

まずは女子が男子のことを好きになる瞬間・きっかけについて注目してみましょう。

どのようなきっかけで女子は男子のことが好きになってしまうのでしょうか。男子との違いをチェックしてください。

一目ぼれ

最も運命的なパターンが、一目ぼれです。初めて出会った瞬間に、その人のことを好きだと直感的に感じるのが一目ぼれ。

好きになる理由はルックスや雰囲気、第一声の声色やフレーズなど色々ありますが、そうした細かいことを説明するのがナンセンスなくらい「直感的」なものです。

優しい言葉をかけてもらった

男子から優しい言葉をかけてもらったときに、その男性のことが好きになってしまうことは多いです。女子は落ち込んでいるときというのはとても不安になってしまいます。そんなときに誰かに助けてほしいと願ってしまうのです。そういう女性に手を差し伸べてくれる男性の存在というのは、女性にとってはとてもありがたいものとなっています。

また、優しい言葉を他人にかけることができるというのは、男子がなかなかできることではありません。そのような男性はとても心が優しくて貴重な存在となるでしょう。仮にそのような男性と付き合うことができれば、ずっと守ってくれるという安心感があるのです。そのため、このような男性は女性から人気があるのです。

落ち込んでいる姿を見た

その男子が落ち込んでいる姿を見ることによって、好きになってしまうというケースもあります。男性というのは基本的に他人に落ち込んでいる姿をあまり見せることはないでしょう。いつも虚勢を張っていたり、強がっていたりすることが多いからです。そんな男性の弱い姿を見てしまい、女子は母性本能をくすぐられるというケースがあるのです。

強いと思っていた男性の弱い部分を見てしまうと、自分が助けてあげなくてはいけないと感じてしまうのです。その男性の力になりたいと思ってしまいます。その結果として、その男性と付き合いたいと思うようになります。男性の弱い一面を知ってしまうことも、好きになることにつながってしまうことがあるのです。

明るくて、一緒にいると楽しくなる

その男子から親しく話しかけられたことが好きになるきっかけとなることはよくあります。たとえば新しい環境で不安になっているときに話しかけてくれた男性は、とてもありがたい存在となるでしょう。その男性が心の支えとなるのです。話しかけてくれた男性のことを好きになってしまうでしょう。その男性の優しさや人間性に惚れてしまうのです。

基本的に女性というのはフレンドリーな男性の方を好むことが多いです。落ち込んでいるときにも積極的に話しかけてくれることを願っています。そのような男性であれば、結婚をしても家庭を明るくしてくれるでしょう。一緒にいてつまらないと感じることがないと思うのです。そのような男性のことを良いなと思って、好きになります。

元カレ(元彼)と別れたあと

女子にとって、男子との一つの恋愛の終わりというのはとても大きな意味合いを持つことです。恋愛は真剣なものであり、真剣に関係を築いていたからこそ、関係が破綻した時のショックも女子にとって大きいのです。

だからこそ、元カレ(元彼)との別れはものすごく心に負荷がかかります。それまでの生活が一変する上に、気を許して何でも話ができる相手を一人失うことになるからです。

そうした時に、心の支えとなってくれるような他の男性の存在は貴重です。

心が辛い時に悩みを聞いてくれたり、気兼ねなく食事に誘ってくれるような相手に女性は感謝をします。その感謝が、やがて「好き」という感情に変わっていくのです。

男性が女性を好きになる瞬間・きっかけ

反対に男性が女性を好きになる瞬間やきっかけというのはどのようなときなのでしょうか。これは女性とは異なっていることが多いのです。それではきっかけにどのような違いがあるのか注目してみましょう。

 

  • 一生懸命な姿
  • 趣味が一緒
  • 元カノと別れた時
  • 容姿が理想的

 

具体的に解説していきます。

一生懸命な姿

まず、男性は女性の一生懸命になっている姿に惚れてしまうことがあります。何事にも全力を注いでいるような女性というのは魅力的なものです。そうでない女性との対比でますます頑張っている女性が輝かしいもののように見えてくるのです。

このような女性というのは、仕事でも家庭でも全力でやるべきことをやるイメージがあります。そのような女性に男性は惹かれるのです。

一生懸命な女性というのは安心感があるでしょう。自分が助けてあげなくても自分でなんでもやれるイメージがあります。そういう強さを持っている点に憧れてしまう男性もいるのです。とても誠実で素直な性格のようなイメージを持ちます。一緒にいて自分も影響を受けることがあるかもしれません。一緒に高め合えるような関係になれると期待できるのです。

趣味が一緒

趣味が一緒であるということに惹かれてしまうケースもあります。特にマニアックな趣味を持っていて、それについて話すことができるような友達がいないときに、それを趣味とする女性がいると、気になってしまうのです。趣味の話で一緒に盛り上がることができれば、その女性のことがとても好きになってしまうでしょう。

女性と趣味が一緒であるというケースはあまりないことです。同性でも趣味が合わない方は多いでしょう。それなのに自分と趣味が合う女性がいるということに男性は喜びを感じるのです。そのような女性のことはとても好きになるでしょう。一緒にいて楽しいと感じて、自分の趣味のことを否定されないという安心感があります。

元カノと別れた時

女子にとっての元彼との別れと同じように、元カノとの別れは男子にとってショッキングなことです。

特に男性は、女性に対して気持ちの安定や癒しを求めているケースが多く、元カノと別れた直後の男子は生活が荒れるケースがあります。

そのため元カノと別れた直後の男性の前に、心優しい女性が現れると、男性は強く惹かれる傾向があります。飲み仲間や同僚、同期だった女友達と、話をするうちに好きになるということも多い時期です。

容姿が理想的

女性は男性を見た目だけで判断するようなイメージがあるのですが、実際には逆です。男性の方が女性を見た目でしか判断しないケースが多いでしょう。そのため、圧倒的に美人がモテるケースが多いのです。男性は女性の見た目に惚れ込んでしまうことが多く、一目惚れをしてしまうケースも少なくないでしょう。

男性は視覚的に興奮することが多いのです。そのため、見た目が自分の好みであれば、内面はあまり気にしないという男性もいます。もちろん、単に美人だけがモテるというわけではありません。たとえば、ボディが自分の理想に近いために好きになることもあるでしょう。性的に興奮を覚えるような見た目に惚れてしまうこともあるのです。

《理想の彼女》と付き合いたい!男性が思い描く理想の彼女の特徴とは?

職場で異性を意識して、好きになる瞬間

多くの大人にとって異性と接する機会が多いのはやはり職場でしょう。

職場恋愛をしている方もたくさんいます。それでは職場でどのようなときに異性を意識してしまうことが多いのでしょうか。

  • 仕事のフォローをしてくれた
  • 通勤経路が同じ

そのような瞬間について説明しましょう。

仕事のフォローをしてくれた

まず、自分の仕事のフォローをしてくれた相手に対しては異性として意識してしまうことが多いです。仲間意識を感じやすくなります。親しみを持つようになるでしょう。そのような意識が発展すると、やがては恋に落ちてしまうこともあるのです。それをきっかけとして、惚れてしまうことがあるかもしれません。

通勤経路が同じ

自分と通勤経路が同じだと意識してしまうことがあります。朝から夜までずっと一緒にいることになるでしょう。一日のスタートがその人を見かけたり、一緒に通勤するところから始まったりするのです。これによって意識するようになるのです。毎朝、その人と通勤してくるのが日課になると、安心感も生じてくるでしょう。やがては好きになってしまうかもしれません。

通勤経路が同じということは、退勤経路も同じということです。そのため、仕事が始まる前から仕事が終わったあとも一緒にいることも少なくありません。このような状態が続けば、自然と意識してしまうでしょう。

「好きだ」と確信した時に取るべき行動

ここまで紹介してきた「好きになる瞬間」に心当たりがあり、相手のことを四六時中考えているのであればあなたはその人のことが好きです。

「好きだ」と確信した時に取るべき、おすすめの行動を紹介します。

  • 2人きりになる
  • さりげなくボディタッチをしてみる
  • 相手の状況を確認する
  • 食事に行く

1つ1つ見ていきましょう!

2人きりになる

まずは2人きりになれる状況を見つけて、色々と会話をしてみましょう。場所はオフィスの角でも、カフェでもレストランでも構いません。昼休みやちょっとした休憩時間に立ち話をするのでもOKです。

2人きりになるシチュエーションを何回か作ることで、相手に自分の存在を強く印象付けることができます。もし相手と話をするようになって日が浅ければ、こうした積極的なアプローチがより大事です。

さりげなくボディタッチをしてみる

たとえばものを渡すときにさりげなく相手の手を触るなどして、ボディタッチをしてみましょう。ボディタッチをすることで、より強く自分の存在を植え付けることができますし、あなたが「相手に親近感を覚えている」というサインになります。

相手の状況を確認する

相手に夫や恋人はいるのか。どのような異性がタイプなのか。恋人を作りたいという気持ちはあるのか、それとも仕事に集中したいのかなど状況を確認しましょう。

相手に恋人を作る気がないのであれば、早々に手を引くのも一つの手。逆に恋愛に乗り気であれば、十分に脈ありです。

食事に行く

できるだけ早い段階で、一緒に食事に行きましょう。オフィスなどの場では、あくまで仕事がメイン。どうしても気を張っていて「仕事モード」の付き合いしかできません。

一方で食事の時間はよりプライベートに近く、互いにリラックスして会話ができます。

「この人いいな」が「好き」に代わるには?大事なポイント 4選

先にも説明した通り、相手を「好きだ」と確信したら積極的に行動を起こすことが大事です。アプローチをするからには、相手に自分のことを好きになってほしいですよね。

あなたが自分の恋心にこれまで気づいていなかったように、相手もまだあなたのことを「恋愛未満」の対象と感じているかもしれません。

相手の恋愛未満の気持ちを「好き」に変えるには何が大事でしょうか。アプローチをしても、そのコツを押さえていなければ心は離れてしまいます。

  • 毎日、少しだけでも顔を合わせて会話をする
  • お互いの共通点を見つける
  • ちょっとした気遣い
  • 後光効果(ハロー効果)の活用

ポイントを見ていきましょう!

毎日、少しだけでも顔を合わせて会話をする

まず、毎日少しだけでも顔を合わせて会話することが大事です。会話の内容は何気ないもので構わず、奇をてらったり、下手にウケを狙いにいく必要もありません。

相手と顔を合わせることで親しみを感じるために恋に落ちるというケースがあります。これは男女のどちらにも共通することでしょう。

親しさを感じやすい相手というのは、いつも一緒にいたとしても不安になることはありません。むしろ楽しいと思うことが多く、ずっといつまでも一緒にいたいと素直に思えるでしょう。

親しみやすい性格や見た目というのは、人それぞれ基準が異なっています。他の人にとっては親しみを感じやすかったとしても、別の人にとってはそれほどでもないということは少なくありません。自分にとって親しみを感じやすい対象に対して惚れてしまうのでしょう。

お互いの共通点を見つける

自分と似ている要素があると、その人に惹かれてしまう傾向があります。自分と似ている人に対して親しみを感じやすいからです。そのような人というのは安心できるでしょう。

だからこそ、自分と相手の共通の趣味や価値観などを見つけましょう。

自分と似ているということは、さまざまな点に関して行動や思考が予想しやすいです。そのような意味における安心感もあるでしょう。

また、自分が悩みや不安を抱えたときにも、そのことについて打ち明けやすいです。自分と似ている人であれば、その人なりの悩みや不安を理解してくれる可能性が高いからです。一緒にいて安心感を覚えやすい相手というのはとても惹かれてしまうでしょう。そのような人とぜひとも付き合っていきたいと考えるのです。

ちょっとした気遣い

たとえばその人が疲れているようなら「無理しないでくださいね」と声をかけて、甘いものを差し入れるなどちょっとした気遣いが大事です。

その人に好意を感じてしまうと、それについてお返しをしたくなるという心理が働きます。好意を感じるのはさまざまなきっかけがあるのですが、そのような感情になると相手のために何かをしてあげたいと思うようになるでしょう。

その人のために差し入れをしたり、仕事のサポートをしたり、親しげに話しかけてみるようになります。これらの行動というのはまさに好きな人に対してする行動と一致しています。

こうした積み重ねが、後から考えてみると恋に落ちた瞬間であると認識するのです。そのため、恋に落ちるというのは、その人のために尽くしてあげたいという気持ちと同じであるという考え方もできるでしょう。

後光効果(ハロー効果)の活用

相手に好印象を持ってもらうためには、第一印象がとても大事。少なくとも相手に笑顔を見せたり、気づかいをするなどして「素晴らしい人だな」という印象を植え付けなくてはいけません。

その理由は後光効果。こちらはハロー効果や光背効果と呼ばれることもあります。人の特徴を評価する場合に、その人についての印象やその人の他の特徴が影響を受けやすいというものです。

たとえば、ノーベル賞を受賞している方が専門外のことについて発言した場合に、それは明らかに専門外のことであるにも関わらず権威を持った発言として受け入れやすいというものです。

つまり、物事の一面だけで相手のことを判断してしまうということであり、気をつけなければいけないものです。親しげに話しかけてくれて、いつも素敵な笑顔を見せてくれる異性に対しては、その人の他の特徴についても好意的に感じやすくなります。そして、好きになってしまうのです。

もちろん、これは逆の効果も与えることがあります。最初の印象で良い面を見て、その人の評価が固定されることが大切なのです。

まとめ

このように男女によって相手を好きになる瞬間というのは異なっています。ただし、共通している部分もたくさんあります。また、恋に落ちる心理についても似ている要素は多いでしょう。