上司が部下好きになったら気を付けたいコト

男性と女性の仲というのには理屈が入り込めない部分があります。もし、男女の仲に理屈が通じるのなら、不倫や、寝取り、寝取られなど恋愛する事によって周りの方に迷惑がかかるような事を未然に防ぐ事ができるはずです。

色々な恋愛の形がありますが、中でも特に難しいのが職場内での恋愛、それも上司と部下の恋愛になります。そこでこちらのページでは、上司が部下好きになったら気を付けたいコトなどの情報をご紹介します。

上司が部下好きになるきっかけ

上司と部下とはいえ男性と女性ですので、当然ながら強い好意や恋愛感情が湧き出る事はあります。

上司と部下といっても色々な関係があります。男性上司と女性部下、女性上司と男性部下など様々なパターンがあります。

よってどのようなきっかけやタイミングで好きになったかなどは一緒ではありませんが、多くの方が恋に落ちたきっかけというのは共通している部分があります。

どのような事がきっかけで好意が高まり、恋愛に発展するのかを知っておくというのもとても重要な事になるのです。

指導役になった

上司と部下の関係で好きになるようなタイミングとしては、部下に色々と教える指導役になることがきっかけという事が多くなっております。

これは上司から部下への恋愛感情が起こるというだけではなく、部下から上司に対しても恋心が生まれるきっかけにもなります。互いに好意を抱きやすい機会です。

色々な事を教えるという事は、業務中とはいえ時間を共通する事が増えるという事になります。頼りにし、頼りにされる事によって、仕事の関係の上とはわかっていながらも相手の事を親身におもってしまうのです。

仕事上の相談に乗った

仕事をしていると色々な悩みを抱えるような事もあります。そんな時に頼りになるのは上司の存在です。

もちろん業務的な相談などが大半ですが、中には仕事に集中できない理由としてプライベートな悩みを打ち明けられる事もあります。普段の業務中にはない会話であったり、プライベートな質問によって縮まる心の距離のようなものなど色々な事が関係したりして、より相手に好意を感じて魅力的に思ってしまう事もあります。また、頼られる事によって守ってあげたいとおもってしまうような事も恋愛感情が生まれる要因として挙げられます。

長時間一緒に過ごした

上司と部下というのは、朝から夜遅くまで同じ職場、同じ空間にいるような事があります。上司と部下の双方が連携して仕事をこなしていくような場合などは、つねに連絡が取れるような環境になっておりますので、どんどんと一緒にいる時間が積み重なっていきます。

同じ時間を共有する事によって、心の距離は確実に縮まって行きます。その為、営業のように外に出ている仕事が多いジャンルではない限り、恋愛に発展しやすい環境である事は間違いないのです。

▼関連記事

人を好きになるのはどうして?心理や好きになる瞬間

部下を好きになったら気を付ける事

職場内の恋愛は、学生気分の恋愛と違って色々と影響があります。好意を伝えて振られてしまった場合には、会社で顔を合わせづらくなってしまうので辞めてしまう方もいますし、仮に上手くいって付き合う事になっても、色々と気を使うなど大変な部分がでてきます。

その為、職場内の恋愛は特に色々と注意しなければいけないのです。特に上司と部下には圧倒的なパワーバランスがありますので、注意して行動する必要があるのです。

会社では親しく話さない

恋愛感情をもってしまうと、もっともっと話したいと思ってしまうのは当然のことなのですが、ここでしっかりと公私のバランスを取らなければ、上司として失格という扱いになってしまいます。

上司が部下に惚れた場合には、会社内で不用意な発言を控えるようにするというのはとても重要なポイントですので、好意の気持ちが溢れてしまっても絶対に厳守するようにしてください。

部下の気持ちを気遣う

上司が部下に心を奪われてしまった場合には、部下の気持ちを気遣う懐の広さを持ち合わせる必要があります。上司は、立場的に部下が最高のパフォーマンスを出せるように環境を作ってあげる事も、自分の仕事と合わせて重要なポイントになります。

もちろん部下ともっと話したいとか、近くに行きたいとか、恋人がいるか知りたいといった気持ちはあったとしても、最も大事なのは部下の気持ちになりますので、その部分はしっかりと逸脱しないように注意するようにしてください。

他の部下と差を付けない

これもありがちなのですが、好きになった部下をおもいやるがゆえに、どうしてもその部下を特別扱いしてしまうといった事があります。

本人にその気は無かったとしても、回りから見ている人にしてみれば露骨になっているような事もありますので十分に注意するようにしてください。

女性部下へのアプローチ方法

上司の方が部下に対して恋心を抱いてしまった場合には、必要以上に注意して恋愛をしなければいけません。

特に男性上司と女性部下という関係では、男性上司のアプローチ次第ではパワハラ・セクハラにもなり得ます。

もちろん、女性上司と男性部下の間にもハラスメントは起こり得ます。

しかし女性が部下の場合、社内での発言力だけでなく、男性に対し、身体能力的に不利な女性部下は男性上司からのアプローチを深刻なものと受け止めやすいです。

もし仮に強引にアタックしてしまい、相手に嫌悪感を抱かせてしまうと、女性部下が会社を辞めてしまったり、更に上司に相談されたり、自分の立場も怪しい物になってしまいます。

それでも男性上司が、女性部下に好意を抱いたらどうすればいいのでしょう。どのようなアプローチが好ましいのかをご紹介します。

飲み会に誘う

恋心をもった上司が部下に対してアプローチをするような場合には、基本的に飲み会に誘うのが一番です。普段と違った空間、アルコールが入ることなどによって、上司と部下という関係性は変わらないのですが、若干の解放感が加わりますので、仕事以外の関係性を作る事ができやすくなっております。

飲み会などでしたら複数人で楽しむ事ができますので、誘い安くなっておりますし、一人ずつ話を聞く提で会話する事も可能ですので、比較的アプローチしやすいと言えます。

趣味を聞く

これも基本的なアプローチの方法なのですが、相手のプライベートな部分を訪ねる時に趣味の事を聞くというのはとても重要なポイントになります。

彼氏の有無などのプライベートな事をズカズカと聞いてしまうのはセクハラなどに発展しやすいのですが、話の流れで趣味を聞いたりなどは、職場の人間関係を潤滑にするために必要な範囲です。趣味を知る事によってアプローチの方向性なども決める事ができます。

仕事のフォローをする

部下が上司を尊敬する一番の要因は、仕事ができるという事です。何でもかんでも仕事を手伝ってしまうのでは、部下の成長を阻害してしまう事につながりますが、困っているような時に、さらっとフォローしてあげるのは非常にポイントが高いと言えます。

▼関連記事

好きな人アプローチするには?効果的な方法とは

部下好きになった上司が出すサイン

上司から部下に恋愛感情を抱くのとは反対に、部下から上司に恋愛感情を抱くという事もあります。その逆パターンも知っておくと、より部下の心情の変化を知る事ができ、優位に恋愛を進める事ができます。

じっと見つめる

部下が上司にたいして恋愛感情を持っているという時に多いのが、じっと見つめるような事が多い時です。相手の一挙手一投足を見逃さないようにじっと見つめるのは、もっと上司の事を部下が知りたがっていることに他なりません。その為、好意をもっている時にでやすい行動だと言えるのです。

近寄って話す

部下と上司の心の距離は物理的な距離に比例すると言われています。嫌いな上司に対して部下は必要以上に近付かないように、気に入っている上司にでしたら、必要以上に近付く事が多くなっております。最近やけに近くで話すと思える部下は、自分に対して恋愛感情を持っている可能性が高いのです。

▼関連記事

男性・女性別で見る気になる相手への「好きサイン」とはどんなもの?

上司から告白されたらOKすべきか?

立ち仕事

上司から告白された部下は、上司の好意を受け止めるべきなのでしょうか?

それとも告白を断るべきなのでしょうか。

告白をOKすべきかどうかは、自身と上司の関係性だけでなく、その上司のプライベートの状況によっても答えが変わってきます。

既婚上司の場合

既婚上司からアプローチを受けた場合、告白を受け入れると同時に職場不倫が始まります。

既婚者には、配偶者に対する貞操義務が民法上発生。法律では不倫は「不貞行為」と定義され、慰謝料の対象となります。

不貞行為の定義は、過去の判例を参照すると「性行為の有無」が基準となります。ラブホテルに二人だけで止まり、本人らは「ホテルで休憩を取っていただけ」と主張しても不貞行為を認定されることも。つまり性行為があったと認定されるような客観的証拠の有無が焦点。

こうしたリスクを踏まえると、既婚上司からのアプローチは毅然として断るべきです。

それでも既婚上司に惹かれ、アプローチを断れきれなかったとしても性交渉をおこなったり、ホテルに二人だけで泊まることは避けましょう。

二人でディナーをする程度ならば、一般的な交友関係の範疇とも解釈でき、裁判で不貞行為を認定されるリスクは小さいです。

未婚上司の場合

未婚上司の場合は、社内恋愛をあなたが受け入れられるかどうかがポイント。

社内恋愛は、いつでも好きな相手が近くにいることで仕事のモチベーションが必然的に上がります。また互いの働きぶりが分かるので、相手が将来有望かどうかも見えてきます。仕事の相談もしやすいです。

相手が職歴に関して「嘘をつけない」というのも良い点です。たとえば「商社勤務と言っていたのに、実際には商社の子会社勤務で、厳密には商社勤務ではなかった」というようなキャリアに関するウソをつかれる可能性はなくなります。

一方で仕事とプライベートの切り分けが難しくなります。また職場でほかの男性と話していると、嫉妬されるというケースも。付き合う相手が仕事にプライベートを持ち込んでくる可能性も否めません。

本当に上司と付き合い、職場恋愛をするならば相手の人柄を慎重に見極めましょう。

判断できない場合は

上司に告白されたとしても、「はっきり言ってそんなタイプじゃないし…」という場合や、社内恋愛のリスクを考えてしまって返事ができなかったりという方もいるのではないでしょうか?

また、「告白を断ったら降格させられたり理不尽な対応をされるかも」と今後が心配という方もいるのではないでしょうか?

そんな、上司からの告白を受けるか否か判断できない場合は恋愛相談のプロに相談するのが一番です。

feely編集部では「電話占い」をおすすめしています。

電話占いは今や10代~50代女性の10人に1人は利用したことがあり、マッチングアプリ市場よりも大きな市場規模になっているサービス。

以下の記事では、「電話占いが爆発的に流行っている理由はなにか」「電話占いは安全なのか」「電話占いの料金はどのくらいなのか」「おすすめの電話占いはどこか」など電話占いについて詳しく解説しています。

ぜひチェックしてみてください。

まとめ

上司と部下の関係は恋愛感情を持ちやすいのは間違いないのですが、両想いに発展するのはかなり困難になってきます。その為慎重にならざるを得ないのですが、それでもその恋を実らせたいと思ったら、相手の気持ちを一番に考えながら行動する必要があります。

もちろん気持ちを抑えつつ仕事をするのが大変だという思いを持たれるのも当然だと思いますが、社会人として、上司としてはその部分をしっかりと切り分けていかないと、恋愛も仕事もダメにしてしまいます。上司と部下の恋愛は、色々な部分で大人な対応をする必要があるのです。