【飯テロ】これはお腹がすく。京都大学で学食戦争勃発!

京都大学の学食内にある2箇所の学食が互いをののしり合う様子が面白いと話題になっています。

京都大学学食の仁義なき戦い

話題になっているのは、京都大学キャンパス内にある2ヶ所の学食「京大生協 北部食堂」「京大生協 南部食堂」間で繰り広げられているバトルです。

「北がうまいって誰が決めた?」という南部生協食堂からの挑戦に、
北部生協食堂も「受けて立とうと思います」と参戦。「え!?南がいまさら張り合えるとでも?」と挑発。

「まずはドリアを食え 話はそれからだ」「ふんわりトロトロオムライス」「オムライスくらいうちにもあるわ!」「とりあえず天津飯食べていけ」…と泥仕合ならぬ、食試合になっています。

美味しいツイートも

ネットでは、食堂の存在を知らなかった方からのツイートや、今度京都に行った時に寄ってみよう…と
いった発言もみられ、学内だけでなく全国に声が届いているようです。

など、おいしそうな新メニューの告知もツイートされるなど、良い方向にエスカレート

とりあえず、告知は大成功かと…

学内の学食対抗合戦ということで、学生さんに知ってもらう計画(?)が大成功になっただけでなく、京都に行ったら寄ってみよう…という全国からのお客さんの誘致に成功している様です。メニューの内容も独自に開発したものもあり、美味しそうですよね。夏のメニューも楽しみですので、ぜひ、ケンカを続けてほしいですね。

関連記事

関連記事