自撮り男性必見!かっこよく映るコツ、おすすめアプリ、女の本音

自撮りをしている男性はたくさんいます。しかし、いまいちかっこよく映すことができずにいる方が多いようです。そのような男性にもっとかっこよく自撮りをしてほしいという女性は多いでしょう。自撮りをかっこよく撮るためのおすすめアプリやコツ、女の本音などを紹介しましょう。

男性が自撮りでかっこよく映すコツ

まず、男性がどのようにすれば自撮りでかっこよく映すことができるのか、そのコツを紹介しましょう。ちょっとしたコツを知ることによって、男性はかっこよく自撮りができるようになるのです。

撮影角度はナナメ上が最適

基本的に撮影角度はナナメ上にするべきでしょう。これが最適な角度となっています。こうすることによって、とてもかっこよく映るようになるのです。その際には顎を引くようにしましょう。そうすることによって、見違えるほどかっこよく見えるようになるのです。このような基本を理解していない男性が多いため注意しましょう。

自撮りが上手い人というのはナナメ上から撮影するのです。逆に自撮りが下手な人というのは真正面か撮ってしまうことが多いでしょう。ナナメ上から撮る理由というのは、そうすることによって目や鼻筋などを際立たせることができるからです。あまり鼻が高くないという方でも、こうすることによって見栄えが良くなります。

裏ピース

自撮りのコツの一つとして裏ピースというものがあります。これは男性がやるポーズとして女性からも人気があります。とても写真写りが良くなるのです。このポーズを上手く使いこなすことができるならば、自撮り写真がとてもかっこよいものとなるでしょう。たとえば男性芸能人の中には裏ピースを多様している方がたくさんいるのです。

ただし、何でも裏ピースをやれば良いというわけではありません。やり方にも工夫が必要となるのです。まず、あまり顔に近づけすぎないようにしましょう。肘は少し曲げる程度にしておくべきです。そして、一番大切なことは恥ずかしがらずに堂々と決めることです。これによって、イケメン風の自撮りを撮ることができるでしょう。

レンズを見ずにわざと視線をずらして

自撮りをする際に視線をレンズに合わせてしまう方がいます。証明写真であればそれで構わないでしょうが、自撮りでかっこよく見せたいならば、視線はわざとずらすべきでしょう。たとえば、カメラを見上げるようにすると目を強調できるようになります。ナナメ上にカメラをおいて、見上げるようにするのです。

あるいは横に目線を置くという方法もあります。カメラを見るのではなくて、その横に目線を置くのです。こうすることによって、違った角度から顔を撮ることができます。真正面から撮る写真というのは、どこか味気ないものです。どの部分も強調されないため、印象に残らない写真となってしまうでしょう。

自撮りをよくする男性が愛用するアプリ

男性の中には自撮りをよくするという方がいます。そのような方はどんなアプリを活用しているのでしょうか。人気のあるアプリについて紹介しましょう。

B612

B612は自撮り用のアプリとして人気を集めています。良い雰囲気の写真を撮影することが可能です。自撮りのために機能が凝縮されているのが大きな特徴です。画面をタップすることでシャッターを押すことができます。いろいろな機能を使いこなすことによって、さまざまなムードの写真を撮影することができるでしょう。

世界中の方が利用しているカメラアプリです。さまざまな国においてランキングでトップになったこともある実績があります。利用者が多いため、安心して利用することができるでしょう。

Camera360

Camera360というアプリがあります。こちらは世界に5億人ものユーザーのいる便利なアプリとなっています。テレビ番組でも紹介されることが多く、話題となっています。有名モデルが活用していることもあり、注目度を高めているのです。

Camera360にはさまざまな機能があるのが特徴となっています。高品質のフィルターがあり、モーションステッカーという新機能も搭載されています。自撮りをしたり、写真加工をしたり、さらには世界とつながることもできるのです。

BeautyPlus

BeautyPlusは自撮りアプリとして世界中で人気となっています。テレビでも紹介されたことがあり、簡単に扱うことができて、しかもキレイに撮影することができるため人気が高いです。たとえば無音機能が搭載されているため、これによって周囲を気にせずに撮影することができるでしょう。

さまざまな自動機能がついており、特に難しい設定をしなくてもキレイな写真を撮ることができてしまうのです。女子から人気の高いアプリとなっているのですが、男性にもおすすめです。

男性の自撮りで使えるちょっとした小道具

男性が自撮りをする際にはちょっとした小道具を使うことをおすすめします。そうすることによって、もっと素敵な自撮り写真を撮影できるようになるでしょう。そのような小道具を紹介しましょう。

キャップ・ハット

自撮りをする際にキャップ・ハットを活用してみましょう。さまざまなタイプのものが売られているのですが、自分に合ったものを選びましょう。それを使うことによって、いつもとは違った雰囲気の自撮りができるでしょう。普通に自撮りをすることに飽きてしまったならば、ちょっとしたアクセントとしておすすめできます。

食べ物・飲み物

食べ物や飲み物を活用することもおすすめします。たとえば女子であればそのような自撮りをすることはよくあります。男性の方にもぜひともおすすめします。何か美味しいものを食べる機会があるならば、それと一緒に自撮りをすると良いでしょう。飲み会の際に食べ物や飲み物と一緒に自撮りをするのもおすすめです。

ただし、食べ物や飲み物についてはそれらの情報もきちんと載せておくべきでしょう。そうしないと一体どのような意図でそのような自撮りをしたのか分からなくなるからです。自撮りの際には食べ物もきちんとキレイに撮影するように心がけましょう。食べ物や飲み物というのは食いつきが良いため、多くの反応をもらえるでしょう。

サングラス・だてメガネ

サングラスやだてメガネもおすすめのアイテムとなっています。これによって雰囲気の違う写真を自撮りすることができるでしょう。いつも自撮りをしている方は毎回似たような雰囲気となってしまうため飽きている方も多いでしょう。そんな方にとっては雰囲気を大きく変えることができるため、サングラスやだてメガネはおすすめです。

SNSに自撮りしてアップする男性に対する女性の本音

SNSに自撮りをしている男性がいるのですが、これは女性から見るとどのように思われているのでしょうか。こちらではそんな男性に対する女性の本音について紹介しましょう。

ぶっちゃけキモイ

ぶっちゃけ自撮りをしている方はキモいと思われるケースがあります。女性であれば自撮りをすることは受け入れられており、多くの方がそれを楽しんでいるのですが、まだまだ男性が自撮りをするというのは市民権を得ていません。芸能人ならともかく普通の男性がしてしまうとキモいと思われてしまう可能性があるのです。

もちろん、すべての女性がこのように考えているわけではないのですが、キモいと判断されてしまう可能性があることは知っておきましょう。ひょっとしたら自撮りをしていることを知られてしまい、それで嫌われてしまうというケースがあるかもしれません。

被写体が自分だけじゃなければ…まだOK

ただし、すべての自撮りがキモいと思われるわけではありません。状況によってはOKとされることもあるでしょう。たとえば友人と一緒に自撮りをする場合です。この場合については、自撮りをする理由がきちんとあるため許容されるでしょう。友人との思い出づくりとして写真を残しておきたいと判断されるからです。

あるいは景色が主体となっている自撮りも良いでしょう。たとえば山登りをしていて、絶景の中で自撮りをするのは、あくまでも景色がメインとなっており、このような自撮りは許容されるでしょう。有名な観光地へ行って自撮りをするのも、それは旅の思い出ということになるため、キモいとは思われないでしょう。

ナルシストなんですね

自撮りをしている男性ははっきり言えばナルシストであると思われる可能性が高いです。自分が大好きであり、そのために自撮りをしていると判断されるのです。自分の顔をずっと鏡で見ているようなイメージを持たれるでしょう。女性の場合はこのような行為は許容されるのですが、男性の場合はナルシストとして扱われてしまうのです。

それでも撮りたい方に向けた男性向けナチュラル自撮り法

たとえ女性から変に思われようとも自撮りをしたいという男性はいるでしょう。そのような男性のためにナチュラルに自撮りをする方法を紹介します。

明るい場所で撮ろう

自撮りをする際にはできるだけ明るい場所を選ぶべきです。そうすることによって、肌が明るく見えるようになります。もちろん、スマホにはライト機能がついているでしょうが、それでは光量が不足してしまいます。やはり、明るい場所で自撮りをするのが一番良いです。そうすることによって、しっかりと光を肌に当てることができるでしょう。

ピントやフォーカスはしっかり

自撮りに限らず写真を撮る際の基本としてピントやフォーカスはしっかりと合わせるようにしましょう。これらは基本的に自動で調整されるようになっています。しかし、自動では思うようにピントが合わないというケースもあります。その場合は自分で調整する必要があるでしょう。そうすることによって、完璧な自撮りができるのです。

頭を少しフレームアウトさせる

自撮りをする際にはできるだけプロ並みな仕上がりを実現したいと考えている方は多いでしょう。その際に役に立つテクニックとして、頭を少しフレームアウトさせてみましょう。そうすることによって見えない部分ができるのですが、そこは見ている人が想像で補うようになります。その場合、その部分は勝手に良い想像をしてくれるものです。

たとえばマスクをしている女性というのは多くの男性は勝手に可愛い姿をイメージしてしまうものです。このような心理を自撮りでも活用してみましょう。頭をフレームアウトさせるだけでも、実際よりもかっこよく見せることができるのです。

まとめ

男性でも自撮りをするケースが増えています。その際にはできるだけかっこよく映るように努力すると良いでしょう。男性が自撮りをするのはもちろん構わないことです。ただし、女の本音も知っておきましょう。