「いいな」を届けるWebメディア

恋愛

2018年02月08日 更新

長男と相性ピッタリな性格とは?恋愛のコツや心理、特徴まとめ

兄弟の中でどのような位置にいたかによって性格は異なる傾向があります。その中でも長男と相性の良い性格とはどのようなものでしょうか。実際に恋愛をする場合のコツや心理、その特徴について紹介しましょう。

長男や長女にありがちな性格の特徴や共通点


まず、長男や長女にありがちな性格について説明しましょう。一体どのような特徴があり、どんな共通点があるのかを教えます。長男と付き合う場合の参考にしてください。

プライドが高い・責任感が強い

長男や長女というのは基本的に可愛がられて育てられたケースが多いです。それぞれの家庭において初めてできた子供のために大事に育てられたからです。また、基本的に長男がなんでも優先されるというケースが多く、親からも期待されることが多いでしょう。しっかりと親から教育を受けており、下の妹や弟がいることから責任感が強いです。

ただし、プライドが高い傾向にあるのも大きな特徴となっています。ずっと期待されていて、自分は一番上の兄弟であるという自覚もあるために、自分が一番偉いと考えてしまいがちです。そのようなプライドの高さが欠点となってしまうこともあります。長男と付き合う際にはこの点についてきちんと理解しておきましょう。

おせっかい・世話好き

長男や長女というのは下に妹や弟がいるケースが多いです。そのため、小さい頃から面倒を見てきたためにおせっかいだったり、世話好きだったりすることがよくあります。自分よりも年下の人間に対してしっかりと面倒を見ようとする責任感があることが多いのです。

弟や妹を溺愛しているというケースも少なくありません。特に年齢が離れた兄弟姉妹がいる場合には、かなりおせっかいな性格になっていることも多いでしょう。親が共働きで忙しく働いている場合には、親の代わりに教育やしつけなどもしているケースがあります。そのため、世話好きな長男長女がたくさんいるのです。

思いやりがあり親切

長男や長女というのは思いやりがあり、親切な人が多いでしょう。長男長女という責任感があり、実際に弟や妹を世話してきたという経験もあります。親からも大切に育てられてきて、そのことに感謝している方もたくさんいるのです。親との関係も良好であることが多いでしょう。

長男でありがちな少し嫌な特徴


それでは長男にありがちな特徴の中でも特に嫌なものについて紹介しましょう。長男であることが良い特徴を生み出していることもあるのですが、悪い特徴をもたらしているケースも少なくないのです。

上下関係にうるさすぎ

まず、上下関係にうるさい人が多いという特徴があります。これは特に兄弟姉妹のいる長男に当てはまるケースとなります。家の中では自分が長男として扱われることが多いです。未だに日本では長男を優遇するという文化が根強くあります。そのため、さまざまな場面で自分が一番上であることを自覚するのです。その結果として、上下関係に厳しいケースが多いのです。

もし付き合っている恋人が年下の場合には、年下としての振る舞いを強要してくるかもしれません。目上の人に対して失礼なことをすれば、その点について戒めてくることもあるでしょう。もちろん、上下関係というのは大切なことですが、それがあまりにも過度になってしまうとうざいと感じてしまうでしょう。

ちょっとしたマザコン気質

長男に多い傾向として、マザコン気質な男性がたくさんいます。長男というのは最初の子供であり、特に母親から溺愛されるケースが多いのです。そのため、長男は母親のことが好きになりやすいです。子供の頃はそれでも良いのですが、大人になっても母親の顔色をうかがうようなところが出てしまうかもしれません。

たとえば、恋人との関係についても母親の意見を参考にしてしまうことがあるのです。恋人との出来事について包み隠さず母親に報告しているような方もいます。このような方というのは、結婚をしたあとに女性の方が苦労してしまう可能性が高いでしょう。母親を大事に思うことは大切ですが、それが過度になってしまうと話は別なのです。

ストレスを抱え込みやすい

長男というのはストレスを抱え込みやすいという性格があります。これは長男は責任感があり、常にプレッシャーを受けている立場であるからです。長男としての振る舞いを求められており、親からは長男として成功することを期待されているのです。次男や三男となると親も過度に期待していないことが多く、のびのびと育てられています。

長男になると常に注目されている立場であり、弱音を吐くことが許されないことも多いのです。我慢をしなければいけない場面もたくさんあるでしょう。その結果として、ストレスを抱え込んでしまう方がたくさんいます。それは家を出てからも続くのです。そのため、長男と付き合う際には心の問題に注意しましょう。

長男と付き合う場合の恋愛のコツ


実際にこれから長男と付き合っていく際のコツについて紹介しましょう。長男特有の特徴というものがあるため、それを踏まえたうえでの恋愛のコツを教えます。

時にはおもいっきり甘えてもらおう

長男というのは甘え下手であることが多いです。どのように甘えれば良いのか分からなくなっている方がたくさんいます。長男というのは期待されて育てられていることが多いです。下の子がすぐにできてしまうことが多く、そうなると自立した生き方を求められるようになります。弱音を吐くことは許されません。

このような環境で育っているため、長男はなかなか他人に甘えることができなかったというケースが多いのです。そうなると、どのようにして恋人に甘えれば良いのか分からなくなっている方はたくさんいます。このような長男の事情を彼女はきちんと理解するべきです。思い切り甘えてもらいましょう。

一人の時間をある程度与えてあげよう

長男の方と付き合うならば、一人の時間も大切にしてもらうことが大事です。そもそも、長男というのは一人の時間を大事に考えているケースが多いのです。これは多くの方と関わっており、期待されていることの反動といえるでしょう。他人といることを鬱陶しいと感じている方も多いのです。

長男は基本的にぼっとした方が多いとされています。昔から一人でぼけっとしている方が多いのです。そのような時間がないと上手くストレスを解消することができなくなってしまいます。そのため、長男の方と付き合うことになったならば、一人の時間を大切にしてもらいましょう。

気長に待つことも大事

長男というのはとても慎重な性格をしていることが多いです。しっかりと計画的に生きている方がたくさんいます。これは長男というのはそのような生き方を求められているせいでしょう。長男だからしっかりしなければいけないと自分でプレッシャーをかけています。人一倍責任感が強いのも長男に多い性格といえるでしょう。

そのため、長男というのは突発的な行動をあまりとらないことが多いです。自分が失敗してしまうと親の期待を裏切ってしまう、家庭にも大きな影響を与えてしまうと考えてしまうのです。そのため、長男と付き合う際には気長に待つことも大切でしょう。

長男や長女にありがちな心理


長男や長女には他にはないありがちな心理があります。長男や長女によくみられる心理とはどのようなものなのか紹介しましょう。

他人や自分に厳しい

まず、長男は責任感が強くて、自分はしっかりとしなければいけないといつも考えています。そのため自分に厳しい方が多いです。また、他人にもそれを強要する傾向があります。自分はこうしなければいけないと考えており、それが正しいと考えていて、それは他人もきちんとしたがわなければいけないことだと考えているのです。

そのため、長男というのはたとえば恋人に対してもその厳しさを求めることが多いでしょう。ちょっとした不正行為も許してくれないのです。何事にも真剣になることを求められて、誠実な態度を要求することもあります。

全部自分の責任だと思いがち

長男というのは常に長男としての責任を求められて育ってきました。しっかりとしなければいけない、下の子達の見本となることを強要されてきたのです。そのため、何か失敗したとしても、それはすべて自分の責任であると思いがちです。自分は長男であり、成功しなければいけないという意識が強くなっています。

常に親からの期待を背負って育ってきたため、誰かの期待に応えなければいけないという意識が強いのです。本当は自分の責任ではないことに対しても、自分の能力不足や不注意のせいにしてしまう傾向が強いです。そのため、精神的にやられやすいという特徴もあります。

褒められたい

長男というのはどこかで褒められたいという気持ちを持っていることが多いです。下の子ができてしまうと、そちらに親が注目するようになります。そこからはあまり褒められることがなくなってしまいます。長男だからできて当たり前だと判断されることも増えるでしょう。親から忘れられがちになってしまうこともあります。

長男というのはハードルが高くなっています。そのため、ちょっとした成功では親があまり褒めてくれなかったというケースがあるのです。心のどこかでもっと褒めてほしいと考えているため、恋人はきちんと褒めてあげるべきでしょう。

長男と相性ピッタリな性格


それでは長男はどのようなタイプの方と相性が良いのでしょうか。長女や末っ子、一人っ子との相性について説明しましょう。

やっぱり長女がピッタリ

基本的に人間というのは自分と似ている方との相性が良い傾向にあります。そのため、長男と長女というのはやはり相性が良くなるでしょう。長女として育てられてきた方とはさまざまな点で性格が一致して、馬が合うことが多いのです。そのため、あなたが長女ならば、長男の方と安心して付き合えるでしょう。

意外と末っ子とも相性がいい

長男の方と意外と相性が良いのは末っ子でしょう。面倒見が良くて、しっかりものの長男というのは、末っ子との付き合いには慣れています。末っ子タイプの子というのは、みんなから可愛がられて育っており、年上の人間の扱いにも慣れていることが多いです。そのため、上手く長男を導くことができるでしょう。

一人っ子は苦手

逆に長男の方と相性の悪いのは一人っ子の長女です。このケースでは親から溺愛されて甘やかされて育っていることが多いです。そのため、おっとりとした性格をしており、あまり気が利かない性格をしています。そのため、長男にとってはイライラしてしまうケースがあるのです。

まとめ


これから付き合いたいと考えている男性が長男ならば、長男についてきちんと理解しておくことが大切です。長男にはいろいろな特徴があります。それを踏まえて上手く付き合っていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです