鈍感な男性に貴女の「好きアピール」を気づかせる方法まとめ!

なんでこんなに鈍感なんだとおもうこともあるでしょう。男性は好意にも気が付くのが遅く、いろいろなアピールをしても気が付かないことが良くあります。好意に気が付かせるためには、ちょっとした工夫も必要です。

鈍感な男性ほど魅力的?


鈍感な男は、実は非常にモテます。理由はいろいろとありますが、自分で自覚している人が多いこともポイントです。器用であることは間違いなく頼もしいところですが、それだけでは魅力とならないからといえます。

不器用だけどまっすぐ

不器用な人は、いろいろなことができません。ひとつのことを一生懸命こなしていくことを考えるでしょう。何もマルチにおこなっていくことにメリットがあるわけではありません。不器用だけれども、まっすぐに生きている姿は、魅力的に見えることは確かです。

不器用なことは、すべてがデメリットではありません。常に努力していかなければいけないことになるのは、他の人から見れば魅力的でしょう。感動を覚えることさえ出てきますが、何でも器用にすることだけが、人としての味を作り出すわけではないということです。

女慣れしてなくて一途

鈍感な男は、女性にも自分の感情を出したりすることが苦手で、言葉として伝えることもうまくできません。一途な人が多いのも、特徴といっていいでしょう。甘えることもうまくいかないのも不器用なところが出てしまうからです。

誰にでもうまく接するわけではありませんが、それだけに一途な想いとなることからも、魅力的に映ることでしょう。鈍感ではありますが、だからといって、女心がわからないわけではないからです。

頑張り屋さん

鈍感で不器用だからこそ、何語も一生懸命におこなっていかなければいけません。仕事でも私生活でも同じです。常に頑張っていかなければうまくいかないことを知っています。手を抜いたりすることもなく、常に頑張っていく姿は魅力的に映るでしょう。チャラチャラしながら世の中をなめてかかるような男よりも、ずっと力も持っているからです。

鈍感な男でも気が付ける脈ありサイン


鈍感な男であっても、何でも鈍いというわけではありません。いくら鈍くても、女心に気が付くことが出てきます。ただ、そのタイミングが遅かったり、反応していいのか迷っていたりするだけだからです。

とにかく笑顔で接する

自分と接してくれる人が、常に笑顔でいてくれることは、とても居心地がいいものです。いくら鈍い人であっても、笑顔でいてくれることはよく見ています。他の男には見せない笑顔であることを知れば、好意には気が付くようになるでしょう。自分と話しているときには、いつも楽しそうだと思うようになれば、いかに鈍感でもわかるようになります。

とにかく見つめる

目が合う瞬間は、鈍感であってもドキッとするものです。自然に目が合うことが多くなれば、どうしても意識することになるでしょう。何か珍しいことでもなく、鈍感であっても人間だからです。

目があったときには、そのまま見つめるのではなく、そっと微笑んでみるだけで違いに感づきます。見つめられているだけでは、一体何が起きているのかがよくわかりませんが、微笑みが返ってきた瞬間にはすぐに違いがわかるからです。ストレートな表現を使っていくと、いかに鈍感でも気が付くことになるでしょう。

とにかく褒める

鈍感な男は、あまり褒められることがありません。どんくさいといって怒られることは良くあります。だからこそ、とにかく褒められるとその相手が気になってくるようになるのです。褒め慣れていないからこそ、小さなことでも褒められるとうれしくなるでしょう。その表情をうまく出すことはできなくても、好意を持ってくれていることには気が付きます。

鈍感な男でも好意に気づいてもらえる会話


鈍感な男は基本的に周りくどい方法では、理解することができません。どうしても理解するまでに時間がかかりますし、なにか違いに気が付かないことのほうがほとんどです。だからこそ、会話の中で気づいてもらうようにすることが大切になってきます。

「あなただけに」

特別感を出すことは大切です。会話の中で気が付いてもらえるように出していくことが必要になりますが、「あなただけに」といったフレーズは、大切な言葉になるでしょう。身の上話などをするときにも、「だれにでもこうした話をするわけじゃないから」といわれれば、いやでも気が付くようになるはずです。

「秘密、聞いてくれる?」

秘密の話をすることは、とても特別感を感じます。これが重要なポイントで、大事な秘密の話というだけで、鈍感であっても好意に気が付くようになります。いくら感じ方が鈍くても、大事な話をする相手に選ばれたことは、気持ちの上でも違いが出てくるものです。目を合わせながら秘密の話をすれば、だれでもこれは違うと思うでしょう。

「趣味はなに?」

趣味の話は、だれでもできるところです。なにがしか趣味を持っているものですが、その話をしてくれるだけでもうれしいと思います。もっと詳しく知りたいといわれたときには、特別だと思うことは間違いありません。

もしも、趣味があっていれば、一緒に楽しむこともできるでしょう。趣味があってなかった時には、一度やってみようかと伝えるだけでも、特別な思いを感じるはずです。いかに鈍感であっても、趣味が共通の人に悪意を覚えたりすることはありません。実際に一緒に出掛けたりすることもできれば、好意に気が付くはずです。

鈍感な男性にありがちな共通点


鈍感な男性には、共通点がいくつもあります。共通点を知ると、なにか確認しないでも鈍感であることがわかるでしょう。あとから鈍感な男性だったと思うこともなくなります。アプローチをするときにも、鈍感な男性であることがわかっていれば、方法も変わってくるでしょう。

ファッションセンスはあまりない

鈍感な男性は、自分のファッションにもあまり関心がありません。とりあえず着ることができればいいといった感じです。あまり細かにこだわったところで、ファッション自体がわからないので、こだわりようがないことも確かでしょう。

もともと流行に弱いところも持っています。時代遅れな格好であっても、そのこと自体を知りませんから、何も不思議に考えていません。周囲に対しても注目することがないため、一目が気になったりすることもないため、ファッションセンスが磨かれることがないといえるでしょう。

他人から指摘されたとしても、そのこと自体に気づきません。そうだったのかと思うだけであり、ファッションを変更するわけでもないのが、鈍いところになってくるでしょう。変えていないこともポジティブに考えていくのですから、ファッションに関してはかなり手ごわい相手です。

ポジティブで悩み事が少ない

鈍感であることは、ネガティブな発想を持つことが少ない特徴を持っています。楽観主義とは異なりますが、ネガティブなことに落ち込んでしまうことも鈍感だからこそ少ないのが特徴です。前向きになることができるのも、悩み事が少ないのも、鈍感だからこそできることでしょう。

基本男らしくたくましい

鈍感であるがゆえに、細かいことも気にしないことから、自分の道をしっかりと持っています。男らしさを発揮することができるのも、余計なことに気を回したりすることがないからです。男気という言い方もすることができますが、うじうじしたりもしない上、包容力も持っているように見えることから、たくましくも見えてくるでしょう。

実際には、男らしいわけではないこともあります。ですが、そのこと自体に気が付いていません。行動も男気があふれるように見えて、鈍感なために他の道を見つけていないだけの時もあります。それが勘違いであることも、余計なことを気にもしていないところは、男として魅力を感じることも出てくるはずです。

まとめ


鈍感であることは、なにもダメなわけではありません。ストレスも少なく、ストレートな人であることも確かでしょう。アピールしてもスルーされることが出てきますが、好意を持っていることは伝える方法があるのですから、はっきりわかりやすくすることが大切です。