マジでウザい!めんどくさい男の対処法決定版!

非常に残念なことに、めんどくさい男が存在します。悪気がないこともありますが、だれが考えてもめんどくさいと感じる男です。特徴や共通点も存在しますが、対処方法をうまくつかんでおくことで、自分を守ることもできるようになるでしょう。

めんどくさい男の特徴や共通点とは


めんどくさいと感じるのには、それなりの理由が存在します。共通点も持っていることから、知っていれば初めから回避することも可能です。気が付いたらそんな男とかかわっているようなことがないようにしていくべきでしょう。

やたら揚げ足を取る

めんどくさい代名詞ともいえるのが、まともに会話ができない男です。何を話しても、すぐに揚げ足を取ってくる男は面倒でしょう。自分が一番であるという、根拠のない自信がありますし、自慢話も得意です。頭もまわることから、すぐに揚げ足を取りにかかります。

単純に面倒なだけではなく、イライラすることも出てくるのが特徴です。その割には、なにか非があっても謝ることはありません。揚げ足を取ったことが間違っていたとしても、屁理屈であろうが理由をつけて謝らないのですから、たちの悪い男といってもいいでしょう。

とてつもなく自己中

自己中は、ある程度はだれでも持っています。自分の存在は、自分にとって最も大きいのですから当然です。ですが、度を過ぎればめんどくさい男に早変わりします。自信があることは大切ですが、自分が一番であるはずがありません。仮に一番な男は、自分が一番だと自慢はしません。自己研鑽を続けなければ、すぐに抜かれるからです。

俺様タイプと言い換えることもできますが、とにかく言うことを聞かないタイプでしょう。自己中ですから、自分の思うとおりにいかないと、機嫌は悪くなっていきます。自分の意思が世界で一番大事なことであり、相手の都合や考えは、何ひとつ重要とは考えません。自分の生き方に問題があったと思っていないため、変えることは決してないタイプです。

嫉妬深く、神経質すぎる

ネガティブな行動と印象を残す嫉妬深さは、めんどくさい男がもつ特徴のひとつでしょう。女性を束縛することとなり、とにかくさまざまなことを共用してきます。付き合い始めると、携帯電話の中にある男性の連絡先を禅消去するように求めるのは、ひとつの行動です。

嫉妬深いことは、すべてが悪いことではありませんが、職場の上司などに対してもイライラされたりする神経質なところまでくれば、めんどくさいだけではすみません。情熱的な一面を持っていたりもしますが、適度な関係を求めることが、長続きするポイントにもなってくるでしょう。

めんどくさい男につかまりがちな女性の特徴


女性には、どうしても同じようなタイプを惹きつけてしまう女性がいます。めんどくさい男につかまりがちな女性にも共通点がありますが、それが相手をすることにあるでしょう。めんどくさいのですから、普段からだれも相手をしません。ところが、中にはフォローしてしまう女性がいます。

こまめにフォローする女性は、めんどくさい男にとって天使です。自分の相手をしてくれるのですから、これ以上の女性はいないでしょう。発言や行動を褒めてくれますし、何かあれば助け舟も出してくれるでしょう。特徴の言い方を変えると、めんどくさい男になつかれてしまう女性です。

おせっかい焼き

おせっかいを焼かれることは、何も悪いことだけではありません。人の面倒を見ることができる人ですから、度が過ぎなければいいでしょう。ですが、おせっかい焼きな人は、めんどくさい男も惹きつけます。なんでもいろいろと対応してくれるからです。これほど相性のいい相手はいません。

断れない

どんなことを言っても断れない人には、めんどくさい男がついてきます。自分のことばかり言い始めても、うるさいといえません。携帯のチェックをされても断ることができないでしょう。ワガママを言い始めても、それを結局認めてしまうことになります。嫉妬深い男の要求も呑んでしまうのですから、めんどくさい男が集まる要素です。

やさしい

やさしい女性は、魅力的であることは間違いありません。そこに甘えていくのがめんどくさい男です。何を言っても包容力のある優しい女性に対して、すねたりすることも見せるでしょう。高いプライドを見せても受け止めてくれますし、空気が読めなかったりしても優しく待ってくれます。

状況を読めない男に対してやさしさを見せていくことにもなり、結果的にフォローするようなことにもつながっていくでしょう。かまってちゃんばかりいるのですから、あまりに優しくすると、限界なく漬けあがってしまうのもめんどくさい男の特徴です。

めんどくさい男とうまく付き合っていく方法とは


めんどくさい男の特徴から考えられることは、愛情深い性格を持っていることも間違いありません。ポジティブな方向性にとらえてみることも必要になるでしょう。もしも、好きになった男がめんどくさいタイプであっても、付き合い方の方法を考えていけば、丸く収まることも出てきます。

はっきりと「NO」と言おう

とにかくいろいろなことを言い出すのがめんどくさい男です。自分のことしか言わなかったりしますが、何事にもはっきりとNOといえる状況を作ることです。嫌なものは嫌ということによって、めんどくさい男の行動を暴走させずに済むようになります。

NOといえる姿勢を持っていることで、無駄な考えを起こさないようになるでしょう。自分がいってもNOといわれることがわかれば、屁理屈をこねることが無駄だと悟ります。飴とむちが重要で、メリハリをつけていくことがめんどくさい男を増長させないポイントです。

ひらすら「我慢」はNG

我慢し続けると、めんどくさい男は好き勝手な行動をします。行動を起こしても、受け止めてくれると考えるからです。NOというだけではなく、何事も我慢はせずに、はっきりとした行動をとることが重要でしょう。

彼の悩みや不安としっかり向き合う

めんどくさい男は、いろいろな悩みや不安も抱えていることは間違いありません。それが行動に表れることもありますが、毅然とした態度で正面から向かい合ってあげることが必要です。受け入れるのであれば、一緒に向き合ってあげることで、過去のトラウマとの決別をさせ、面倒ではない男に変えていくことができるかもしれません。

こういうめんどくさい男とは別れたほうがいい


面倒な男の中には、愛情が強いだけではなく、自分の害のあるようなタイプも存在します。すべてが認められるわけではないことを理解しておく必要があります。はっきりと別れを告げることも、ひとつの方法となってくるでしょう。

自分の悪い部分をまったく認めようとしない

いろいろなタイプが存在しますが、自分の悪い部分や非を認めようとしないのはめんどくさい男の特徴となってきます。こうした男は、発展しません。確実に問題を作り出すことになるのですから、早めに別れてしまうことがポイントになってくるでしょう。付き合いきれないと思ったときには、早期に決断するべきです。

すべて彼女であるあなたの責任にする

付き合っている間に、いろいろなことが起きるのは当然です。しかし、それをすべてあなたの責任にするようでは、この先も問題ばかりとなってしまいます。自分で何事も決断できず、解決するつもりもなくなっていくことになることを考えれば、早めに別れてしまった方が良いでしょう。責任転嫁は、大きな問題にもなりかねないからです。

結局あなたに頼りきっている

めんどくさいだけであれば、まだ対処できても、すべて頼られるようになれば、問題も出てきてしまいます。愛情がある間はまだ何とかなっても、お金や家事も含め、すべて頼られるようになると、ダメ男といっていいでしょう。こうなってしまっては、もう取りかえすこともできないのですから、早期に分かれるべきです。

何でも頼られることは、悪いことではないこともあります。ですが、線引きをはっきりとさせ、お金などまで頼るようになったときには、はっきりとものを言う姿勢を見せていくことが大切です。ダメ男を作り出してしまうのも自分に原因があることは理解しておくべきでしょう。

めんどくさい男とスムースに別れる方法とは


めんどくさい男と別れたいときには、はっきりとした行動が必要です。勘違いしていることも多く、中途半端なことを言えば、愛情の裏返しとして取りかねません。スムーズに分かれていくためにも、方法は考えていかなければいけないでしょう。

LINEで少し距離を取りたいと言おう

面と向かって別れを告げるのが面倒な時には、LINEを使って少し距離を取ると告げてしまうのがひとつです。顔を見るのも嫌になりますし、会えば永遠といいたいことを言い始めます。LINEであれば、そのまま放置してしまうことができるのですから、少し距離を取りながら関係を切ってしまうのは、方法となってくるでしょう。

友人や知人を介して気持ちをやんわりと伝えてもらう

はっきりといえば、なんだかんだといい始めるのもめんどくさい男の特徴です。自分でいってしまうと絡み続けることになるため、友人や知人にやんわりと伝えてもらい、徐々に距離を離していくことも重要でしょう。友人や知人には迷惑を掛けることにはなりますが、そこは理解してもらえる相手を選ぶことが大切です。

また揺らがないために彼の悪い部分を再確認しよう

めんどくさい男とスムーズに分かれるためには、自分自身がはっきりと認めることが重要です。こんな男は好きではないことをはっきりと認識し、行動に変えていくことが重要でしょう。別れを告げるだけでは、なにも意味がありません。自分がそのままで引きずってしまえば、めんどくさい男が戻ってくるからです。

はっきりと嫌いだと認識できるようになると、距離を近づけたりするような行動もしません。心にも余裕を持てるようになり、別れたことがスッキリとなっていくようになります。気持ちを切り替えるためにも、好きじゃないことを再認識するべきです。

気持ちの中に残っていると、どこかで相手を美化します。人間の思い出は、いいところを残そうとするからです。これでは元の木阿弥になってよりを戻すきっかけにもなってしまうのですから、はっきりと断ち切り姿勢を自分の中に作るべきでしょう。

まとめ


めんどくさい男には、必ず特徴的な行動が存在します。愛情の強さがそうさせてしまうこともありますが、対応の仕方次第で悪い方向へと発展してしまうことも理解しておくべきでしょう。そんな時には、彼のためにもはっきりと別れを告げることも大切なのですから、日々の行動をよく考えていくことが大切です。