ツンデレ男の特徴や脈ありサイン、してはいけないNG行為とは

女性にとって魅力的に映ってしまうのがツンデレ男です。同性から見れば、面倒でいやらしい男だったりもしますが、もてることは間違いありません。特殊な考え方を持っていることもありますので、やってはいけないNG行動もあることを理解しておかなければいけません。

なぜ女はツンデレ男にひかれるのか


男性から見た時に嫌悪感さえ覚えるのがツンデレ男の特徴です。普段はツンツンしているのにもかかわらず、時折デレっとした姿を見せる男のことですが、なぜ空かれてしまうのか、そこには秘密が存在しています。

ギャップ萌え

とにかくいろいろな面にギャップがあるのがツンデレ男の特徴です。ここに惹かれてしまう女性はたくさんいます。見た目と性格にギャップを感じることになりますが、第一印象でさまざまなことを考えるでしょう。

怖そうといったネガティブなイメージが先行していきます。ところが、話をしてみたら、実はそのイメージとは違ったというギャップに萌えてしまうでしょう。このギャップが大きければ大きいほど惹かれやすいことは確かです。喜怒哀楽もしっかりしていますが、感情表現が下手なだけだったりするところも、惹かれるポイントになってきます。

精一杯強がってるのが分かるから

ツンデレ男の中でも、ツンの割合が強いこともポイントになってきます。精いっぱい強がっていることがわかるようになると、それがかわいさに見えるようになっていくからです。その中には、自分に対する不安感もあったりしますが、時折見せるデレの部分がさらにギャップを作り出していくことになるでしょう。ここに惹かれてしまうのも当然です。

意外と分かりやすくて単純だから

複雑に見えるのがツンデレ男ですが、実はわかりやすくて単純な男だと気が付くと惹かれてしまうことになるでしょう。いろいろな面をもっていますが、実は複雑ではなく、わかりやすいタイプであることは間違いありません。

自分だけには行動がわかると思ったりすると、女性は惹かれるようになります。自分でコントロールすることができると思うようになりますし、秘密を握った感覚にもなるでしょう。意図的にコントロールしていくことができるのも、思考的には複雑なところはあまり持っていないからです。

ツンデレ男にありがちなLINEやりとり


ツンデレ男の特徴として、ギャップがあるところがあげられますが、一目が気になるから素直な行動がとれないことも出てきます。人目を気にする必要性のないLINEなどでは、その本音の部分が見られるようになるでしょう。

素っ気ない返事をすると途端に下手になる

本来自分自身に自信もなく、無駄に突っ張りたくもないと思っているのがツンデレ男です。LINEでも、最初は強く出たりしますが、そっけない態度を取られてしまうと、自分が何かまずいことをしてしまったのかと考えます。そうなると、途端に下手に出るようになるのは特徴的な行動です。

もともと相手の行動に敏感であり、よく観察している部分を持っているからこそ、ギャップもできるようになります。うまくフォローできない性格でもあるため、LINEのような場ではだれも気にする必要もなくなるため、本音が出やすいといえるでしょう。

基本命令口調でだるそう

ツンのほうが強い男でよく見られますが、命令口調を使っていくことを基本とします。あまり関心もなさそうに「へー、そうなんだ。」「あっそ」「で?」などを使うことが多いでしょう。普段からだるそうに返事を返すわりに、突然音符やハートを使いだしたりするのがギャップです。

「どうせ暇でしょ?ついでに○○行かない?」

LINEを使っているときには、ツンが強く出てくることもあります。「どうせ暇でしょ?ついでに○○行かない?」というのは、典型的な部分ですが、意外にも優しいセリフも吐いてきます。普段の冷たさが嘘のように感じることもあるでしょう。

自分が調子悪い時にLINEをすると、「俺の心配するならまず自分の心配しろ!・・・後で様子見にいくから」といった強いギャップ感を見せるところもあります。ちょっとした減どうにも配慮をしたりすることもツンデレ男の特色です。

ツンデレ男にありがちな特徴

Shy woman and man. Guy sitting near attractive young woman on sofa and making hand gesture walking with finger to girl

ツンデレ男には、はっきりとした特徴があります。その特徴を見つけてしまうと、惹かれてしまうこともあるでしょう。ですが、良くも悪くも出てくるため、特徴を持っていることを理解しておくことが必要です。

女慣れしてない、女が怖い

ツンデレ男は、モテそうに見えますが、実はあまり女慣れしていないからこそ、行動にも出るようになることがあります。女が怖いと思っている自衛本能の表れともいえるでしょう。すべてがこうしたタイプではありませんが、女慣れできない臆病なところもあるからこそ、デレっとした部分が時折顔を見せます。

強がるわりに不器用

必死に強がって耐えようとしますが、強がってすごそうに見えても実は不器用で対応力に問題があります。どうしてもうまく対応できないために、強がって見せますが、本来は不器用なだけの男なので、たまにデレっとした部分が見えるためツンデレにつながっていく部分です。本人はそこまで意識していないタイプといってもいいでしょう。

自分が不器用であることは悟られたくはありません。見られてしまうことも恥ずかしいと思うからです。自分を守る殻を頑丈にしたいから、必死に強がっていることがわかると、うまく付き合っていくことができるでしょう。

シャイ

シャイで照れ屋なのは、ツンデレ男の特徴です。ありがちというより、基本的に人前で感情を出したりすることが苦手なため、ツンツンしているように見られます。自分ではそこまでの意識をしていないだけで、ツンデレ男といわれることにも抵抗があったりもするのが特徴です。

普段から話しかけることも苦手で愛情表現もうまくいきません。シャイな性格は、いろいろなところに影響を及ぼします。気持ちを伝えるのもうまくないため、どうしてもツンデレ男に見えますが、もっと単純な性格だったりするのも特徴です。

ツンデレ男の勘違いしがちな脈ありサイン


ツンデレ男ははっきりとした意思表示が苦手です。冷たくしてしまうのも、シャイで強がりしかいうことができないことが、よくわからない行動につながったりします。ですが、嫌っているどころか、必死に脈ありのサインを出していたりするものです。

好きだからこそ冷たくされる

本心を言えば、大好きだけど、それを伝える方法を持っていないことがツンツンしてしまうことにもつながります。自分の気持ちを伝えたいけれど、これがばれてしまうのも嫌だという葛藤が働いて冷たくしてしまうのが特徴です。

冷たくする行動も、エスカレートしてしまうことも出てきます。できれば、気持ちを伝えたいと思っていても、それができないことでさらに冷たくしてしまうこともあるため、いざ伝えるととても大きなギャップが生まれてくることになるでしょう。

会話がなかなか弾まない

基本的に女性に対する免疫も知識も経験も低いため、会話をしたくてもつながっていきません。ツンツンしたいわけでもなく、ただどうしたらいいのかわからないことが、こうした行動につながっていきます。

せっかく好きな相手が解いても、うまく会話を続けていくことができないのは、自然なふるまいを意識してしまうからです。好意を持っているからこそ、本当は伝えたいけれど、考えすぎてしまい、頭の中でぐるぐるとまわっている状態ともいえます。ちょっとしたきっかけがあれば、一気に話が弾んでくることもあるでしょう。

「ついでだから」「暇だから」

どうしてもそっけない態度をとってしまうのは、うまく感情を出すことができないからです。そのため、必ず興味が無いようなことを言い出します。伝えることも恥ずかしいこともあって、ついでだからや暇だからといった言葉を乱用するようになるのは、興味がある証拠といっていいでしょう。

ツンデレ男に絶対にしてはいけないNG行為


ツンデレ男は、勘違いさせると怒りだします。プライドの高さも特徴のひとつであり、からかわれるのも得意ではありません。絶対にするべきではない態度やNG行為もあることを知っておけば、うまく対応することができるようになるでしょう。下手に対応すると、心が遠ざかってしまいます。

子供扱いする

ツンデレ男の特徴として、プライドの高さがあるでしょう。自分を崩したくないという意識も持っており、プライドをしっかりと持っているところを壊してしまうことは良くありません。子供扱いしてしまうことも、関係を壊してしまうことになるでしょう。

男はどんな年齢でもプライドがあります。うまく刺激することは大切ですが、子供扱いすることはNGな行動です。特にツンデレ男の場合には、駆け引きされることも嫌います。感受性も強い部分を持っていることからも、こうした行為には敏感です。子供扱いが続いていくと、嫌われていると勘違いすることも出てくるでしょう。

子供扱いすることは、馬鹿にしていると感じることも出てきます。ツンデレ男に限ったことではなく、男性はほとんど同じ考えを持っているといえるでしょう。精神的には女性にかなわないと思っている部分もあるからこそ、子供扱いすることは、馬鹿にしていると感じますので要注意な行動といえます。

人が多い場所と二人きりの場所との切り替えをしない

人が多い場所にいくと自分をだすことが恥ずかしいと思うのが、ツンデレ男の特徴です。二人きりの場所では、シャイな面もかわいく見えることでしょう。ですが、この行動を人が多い場所でおこなえば、これはプライドも傷つけます。本来恥ずかしがり屋でもあるため、扱いを間違えれば、火が出るほど恥ずかしい思いをさせてしまうからです。

切り替えということにもつながりますが、相手の意識を考えてあげることが必要といえます。独特の世界観も考え方も持っており、一般的なという言葉は当てはまらないこともあるでしょう。自分の殻に閉じこもりがちな部分も持っていることから、下手な刺激をされることを嫌います。

自分の尺度だけで判断すると、腹を立てることも多いのがツンデレ男です。安心できる空間を作ってあげることも必要であり、愛情表現も独特な部分があります。こうした世界観を破壊してしまうことはNG行動といえるでしょう。ツンデレ男だけではなく、男という生き物全般にいえることでもあります。

まとめ


男とは、どこかプライドで生きている部分があるでしょう。難しいと感じることもあるかもしれませんが、あまり考えておらず、ストレートな感情でしか表現できない不器用なところがツンデレ男になることもあります。だからこそ、うまく付き合うことができれば、いいパートナーともなってくれるでしょう。