本当に「いい男」が分かってる?男を見極めるテクニックとは

いい男の定義は簡単ではありません。ですが、本当に「いい男」は存在しています。単なるいい男ではなく、本当にがつくところが重要になってくるでしょう。なにももてる男だけがいい男ではありません。

本当に「いい男」とは


本当に「いい男」とは、女性を幸せにするだけではなく、自分も幸せになることができる男でしょう。さまざまな特徴を持っていますが、そのどれも嫌味がなく、自然に行動できることは間違いありません。他にも多くの特徴がありますが、どれも作った行動ではないことが特徴です。

強い男

いい男の特徴として、強い男をあげることはできるでしょう。何も単純に強さを誇るわけではありません。多くの意味で強いことがポイントです。肉体的な強さもひとつのポイントですが、時に人を怒ることができる強さを持つことも重要となってきます。

最近では、何事も目を背ける人が多くなりました。人に怒ることは、勇気が必要です。簡単に目を背けてしまえば済むことですが、嫌われたりすることにも立ち向かい、はっきりとダメなものはだめといえる強さを持っていることは良い男でしょう。熱い心を持っており、何でも正面から向かい合うことができるからです。

▼関連記事
強い男になるためには?精神的にも肉体的にも磨く方法をご紹介

性格がイケメン

性格の面でイケメンであることは重要な意味を持ってくるでしょう。外見は重要な意味を持ちます。ですが、あとからジワリといい男であると感じるのは、性格のほうであることは間違いありません。

性格の良さは、なにも時間がたってからわかることだけではありません。人柄からにじみ出てくる存在感は、隠すことはできないからです。圧倒的な違いを生み出してくるようになるため、雰囲気に違いを感じることができるでしょう。ファッションやヘアスタイルも、あとからついてくるような男は、間違いなく性格がイケメンです。

清潔感がある男

清潔感は、とても重要な要素になってきます。みためにも清潔感があるかどうかは、印象にも大きくかかわってきます。何もファッションリーダー的な要素などなくても、清潔感があるだけで違いを感じることができるでしょう。

清潔感がある男がいい男に通じる部分は、なにも見た眼の問題だけではありません。普段の生活を見ていても、人付き合いや物事の取り組み姿勢も清潔感があるか同課は重要です。さっぱりした性格で行動しているところを見れば、いい男と感じるでしょう。女性関係にしてもクリーンな状態を保てるようでなければ、本当に「いい男」とは言えません。

▼関連記事
清潔感のある男性は女子受け抜群?モテモテ間違いなしな理由とは

本当に「いい男」がしているある行動


男としての行動は、「いい男」の判断基準として重要です。本当に「いい男」であれば、その行動にも感心してしまうことになるでしょう。普段からほれぼれするような行動ができなければ、人を魅了するには至らないからです。

仕事をしっかりこなしている

男の行動として重要な意味を持ってくるのは、仕事をする姿勢です。仕事がしっかりとできない男は、なにをしても様になりません。仕事ができることは、私生活でも自己管理をしててきぱきと過ごすことができるポイントです。両方が伴わない場合もありますが、少なくても仕事ができない男は、本当に「いい男」にはならないでしょう。

なにごとにおいてもマメである

行動がマメであることは、大きな意味があります。何においてもこまめに行動できると、さまざまなところに気づかいもできるようになるのが重要です。マメに行動できれば、女性の負担も減らしてくれるようになります。

連絡もマメにおこなっていくことができる人ですが、そこには節度を持って臨みます。あまりにもマメな連絡は、しつこいと思うようになるでしょう。この辺りのさじ加減もできることが条件です。些細なことでも覚えておき、気配りができるような男であれば、本当に「いい男」と思うことができるでしょう。

できることとできないことをはっきり区別

できる男の特徴も言えますが、できないことはできないとします。はっきりと断る姿勢を持っていることは、周りを振り回したりすることなく、自分の意見をはっきりさせることができることを意味しているでしょう。周りの考えに流されることもなく、毅然とした態度は、「いい男」の条件です。

「いい人」と「いい男」の違い


世の中にはいい人はたくさん存在します。確かにいい人は一緒にいても安心することができるでしょう。ですが、「いい男」とは別の存在であることも間違いありません。いい人であることだけが条件ではないからです。

なんでも優しいだけ

人間位は優しさがあることは大切です。優しさの男は一緒にいても苦痛となるでしょう。ですが、優しいだけがすべてではないことにも気が付かなければいけません。時には、物事をはっきりと伝え、辛いことでも伝えられることが真の優しさです。激しくしかることも、人生の中にはあるでしょう。

優しいだけでは、人間は成長することができません。将来的なことも考えれば、しかってくれることはプラスになっていく部分です。何か足りない面があれば、それを指摘することは勇気が必要となりますが、それでもしっかりと伝えてくれる男は間違いありません。

有言実行できるのが「いい男」

男子たるものは、言葉に出したら行動していかなければいけません。これは格言のようなものというわけではなく、言葉にすることと行動が伴うべきだという意味です。器の小さい男は、口に出しても行動が伴いません。自分ができることとできないことの区別がついていないからです。

「いい男」は、常に有言実行です。できないことも、口に出す以上はどんどんチャレンジしていくことになるでしょう。この行動力は、大きな差がつく部分です。女性を幸せにすることを考えても、有言実行であることは大きな意味を持つことは間違いありません。言葉にできるだけの自身もあるからです。

あなたにすべてをさらけ出しているかどうか

人はだれでも気に入られようと思います。この意識が常に働いていくことで、仮面をつけた状態になっていくでしょう。だれにでもいい顔をしたがるのも、嫌われたくはないと思う意思の表れです。

自分を装っていくことは、だれでもありますが、自分にだけすべてをさらけ出してくれることは大きな意味を持ってきます。人はだれにでもいい人でい続けることはできませんが、自分に対してすべてをさらけ出してくれる男は本当の「いい男」になる可能性が高いといっていいでしょう。

「いい男」が絶対にしない行為


「いい男」の定義は人それぞれあるとしても、絶対しない行為は存在します。こんなことをすることは、男としても問題があるようなことを知っておけば、見間違ってしまうことはなくなるはずです。

愚痴や悪口、陰口を言わない

よく考えればわかりますが、愚痴だけならまだしも、悪口や陰口を言う男は信用するにも値しません。自分の中で消化することができる能力を持たず、解決する能力もないから、愚痴も悪口も言うことになるでしょう。陰口をたたいたところで、物事は何も解決しません。それが理解できない段階で、いい男になる要素がないといえます。

悪口や陰口を言うことは、どこかで比較したり、無駄な評価をしたりするからです。自分と比較して劣っているのであれば、それをフォローできる男がいい男でしょう。自分とは同じではなく、価値観も異なるのは当然なのですから、もっと建設的な思考ができなければいけません。

人のペースに合わせない

人のペースに合わせない人は、なにも配慮することができない人です。自己中心的な部分が強いことは間違いないでしょう。デートの時を考えてみるとわかりますが、一緒に歩いているのにもかかわらず、歩幅も併せることができない男に優しさも配慮もありません。

歩幅を合わすことは、自分だけではなく相手を観察していることになるでしょう。どれぐらいの速度で歩いているのか、歩幅はどうなのか、一体何に注目しながら歩いているのか、さまざまなことがあります。その状況を見ながら判断することができなければ、「いい男」になれるわけがありません。

見返りを求めず人助けができる

人を助けるのに、見返りを求める人は、「いい男」になる資格もありません。だれかに手を差し伸べる時に、なにか見返りを先に考えること自体、男としても信用されない人となるでしょう。

見返りを求める男は、器の小ささが目立つようになります。状況を判断する力はあっても、相手を受け入れたりする力はない人です。一緒にいても、無償で何かをしてくれることはなく、どこかで見返りを求めるようにもなるでしょう。これでは、幸せな時間を過ごすことはできません。

人を思いやる心を持つことが重要になってきますが、人助けに見返りを求める段階で、気持ちはほとんどありません。優しい気持ちすらもてない男ともなれば、だれからも頼られることのない人物と考えても問題はないレベルです。

いい男に出会う方法


いい男に出会う方法はいろいろとあります。その中で気が付くかどうか、接点を持つことができるかどうかが重要ですが、世の中にはスケールの大きな男はいっぱいいるからです。その中でも、大きな要素を持ついい男が集まる場所にいってみることは、出会うチャンスを見つけることができるポイントになるでしょう。

セミナーに行く

日本中でさまざまなセミナーがおこなわれていますが、自己研鑽のために多くの人が集まってきます。仕事に生かすことができるようにと考えていることも多く、さまざまなことを学び取ろうとしている人たちが多くなるでしょう。こうした場であれば、本当に「いい男」を見つけるきっかけになります。

セミナーにもいろいろなものがあり、金もうけだけを意識しているようなことも出てきます。自己研鑽というより、欲を満たすといった場になるでしょう。こうしたセミナーでは、見つけることは難しくなります。セミナーの種類を考えるとともに、いったいどんな属性の人が集まるのかを考えてみることも必要です。

特に仕事熱心な男が集まるようなセミナーは限られています。ジャンルが何でもいいわけではありません。さまざまな研究をおこなっていたり、資格取得の勉強会などに参加してみたりするのが確実です。自分を高めることもできますし、チャンスもいろいろと見つけることができます。

公園やジム

「いい男」の特徴のひとつとして、自己研鑽があげられるでしょう。向上心を持つことは、なによりも重要な意味を持ってきます。自分を鍛えることができる場所にはいろいろとありますが、公園やジムもひとつの場所として考えていくことができるところです。

公園やジムになぜ現れるのかといえば、それぞれに特徴があることを忘れてはいけません。スポーツをすることは、自分自身を鍛えることにもつながってきます。肉体的だけではなく、精神的にも鍛え上げることができるでしょう。一歩間違えると、ナルシストになってしまいますが、健康にも留意できることが重要です。

意識高い系がいい男の条件ではありませんが、自分を鍛え、健康にも気をつけることは、仕事ができる男にとって重要な意味があります。力をつけていくことを考えても、トレーニングをしながらも、ストレス発散を考えていくことは意味があるでしょう。

公園でランニングするのも同じです。健康を維持するだけではなく、普段の生活の中でたまったストレスを発散するとともに、スイッチを入れ替えていくこともできるようになるでしょう。普段から公園で走っていると、挨拶を交わすことも出てくるのですから、交流を考えても優れた場所になるはずです。

職場

実際に身近に「いい男」がいたというのは、何も珍しいことではありません。可能性としては良くあることで、灯台下暗しで気が付かなかったことも起きるものです。よく知っている仕事から見極めることができるのですから、大きなチャンスが待っています。

普段の仕事から考えれば、どんなことをしているのかもよく知っているはずです。仕事に取り組む姿勢だけではなく、性格的な面も見ることができるでしょう。そのバランスがどうなっているのかも、普段からわかるはずです。仕事で出てくる性格的な面は、生活の中でも出てきます。

職場という環境を考えれば、出会いもありますし、声をかけたりする接点も持てるはずです。他の場所で出会うよりも可能性は高まります。いろいろな話もすることができますし、共通点も数多く出てくるのですから、他の場所で出会うよりも有利な条件がそろっているはずです。

職場だからこそ、周りの人にも配慮しなければなりませんが、本当に「いい男」がいることは何も珍しくありません。少し観察の方向性を変えてみるだけで、違った側面を見つけることができることもあるでしょう。

まとめ


本当に「いい男」は、いろいろな場所にいるものです。どんな評価をするのかも重要ですが、こういった性格や行動の男は避けることも考えておくと、きっと本当の「いい男」を見つけることができるようになるはずです。