ダサい男にありがちな服装や持ち物とは?ダサい男卒業法おしえます

どんなにイケメンであっても、ダサい男はやはりモテることがありません。それどころか嫌われることのほうが多いでしょう。ちょっとしたことに気が付けば、ダサい男から脱却して卒業することができます。

ダサい男にありがちな服装

ダサい男の問題点としては、まずは服装があげられるでしょう。どうしてそうなってしまうのか、ありえないような恰好をしていることもあります。服装はセンスが重要視されてくる部分ですので、変えていかなければいけないポイントです。

プリント系Tシャツを着てる

明らかに可笑しいだろうと思われてしまうのが、プリント系Tシャツです。自分の好きなものがプリントされているものを好むことは間違いではありません。ですが、キャラクターがプリントされたTシャツは、どこかおかしいと思わなければいけないポイントです。萌えキャラであろうが、女性から見ればダサい格好でしかありません。

プリント系Tシャツは、考えればすぐわかるポイントです。いい年の男がキャラもののプリントを着ていたら、異様な状態になるでしょう。アニメのキャラも当然同じです。オタクであろうがダサいことには変わりがありません。センスのなさを前面に出すのですから、自覚をしなければいけないでしょう。

ジャージやスウェット

全身ジャージやスウェットで出てくるような人は、センスのかけらもありません。普段、コンビニにいくときにもそんな恰好をしている人は、デートの時でもダサい男になっていることが良くあります。パジャマじゃないのですから、ありえない格好といえるでしょう。ここまでくると、だれも突っ込んでくれない可能性もあります。

清潔感ゼロ

女性から見て、絶対にありえないのが、清潔感の不足です。どんな服装であっても清潔感ゼロは、近寄る気にもなりません。ダサい男のレベルではなくなっていきます。服やシューズが汚れているのは論外ですが、よれよれでもう壊れそうなものになっていたりすれば、危険な感じさえしてしまいます。

コーディネートがうまくいっていても、しわだらけだったりすれば、これも清潔感ゼロと感じてしまうことになるでしょう。白をうまく使っているつもりでも、シミがついていたりすれば、それだけでアウトです。チェックぐらいしておくべきでしょう。

ダサい男・ダメ男が身につけてそうなアイテム

どんなにファッションセンスが良くても、身につけているアイテムひとつで台無しになっていきます。ダサい男・ダメ男が見につけていそうなアイテムには、一定の法則があることにも気をつけておかなければいけません。

マジックテープ式のお財布

バリバリ音のするマジックテープ式のお財布は、一定の年齢には便利です。中身も落ちません。手軽であるのは間違いありませんが、中学生までです。高齢の方にも便利ではありますが、いい大人が使うものではありません。どんなにファッションを決めても、マジックテープで台無しです。

中には、これはどこそこのだという人もいますが、言いわけを考えている段階でアウトでしょう。財布は生活に直結している大事なアイテムですので、ダサい男にならないために重要といえます。

十字架のネックレス

宗教など知らないのにもかかわらず、十字架のネックレスはかなりの痛い部分です。とても前面に出してくる人もいますが、完全にダサい男の象徴となってしまいます。それもゴールドの十字架のネックレスは、まったくお勧めできないアイテムです。宗教的な理由で身につけているのは別ですが、大概は似合いません。

同様にどくろのネックレスもダメな象徴です。十字架と同じようなもので、かっこいいと思って身につけている人もいますが、ほとんどの場合には近寄る気も起きないほどダサいことに気が付かなければいけません。

異様につま先が尖った靴

つま先が絞り込まれている靴は、ファッションによってはスマートです。ですが、あまりに尖った靴はいつの時代の人間だと思われます。特に勘違いしているのは、スニーカーソックスと合わせてすねを見せている状態でしょう。これは最悪に近い組み合わせです。

なにを刺したいのかわかりませんが、清潔感もない上に、意味のないファッションセンスを見せている段階でダサい男以外の何物でもありません。女子うけは最悪の靴であることを知りましょう。

▼関連記事

モテる男の絶対条件。ダサい男と圧倒的にココが違う!

ダサイ男やチャラ男にありがちなコーディネート例

ファッションはコーディネート次第で変わってきます。ところが、ダサい男には、このセンスが全くありません。だれが見ても不自然な格好をしたがるところが、ダサい男やチャラ男の大きな問題です。

妙に窮屈そうな柄物Vネックシャツ

Vネックのシャツは、問題があるわけではありません。夏場でもうまく組み合わせればシンプルでさわやかでしょう。ですが、妙にサイズが小さく、ぴっちりとしている上に、柄物のVネックは最悪です。特にVネックが深くなっているタイプのものは、なにを見せたいのかとなってくるでしょう。

Vネックシャツに十字架のネックレスを組み合わせたりすると、もうおしまいレベルです。胸元を露出したりするのは、なにがしたいのかと思ってしまいます。セクシーに見せたいかもしれませんが、意味が不明というだけのことです。

ひざ上の短パン

短パンがダメというわけではありません。膝下になってしまうと、極端に足が短く見える点で、コーディネートとして失敗です。逆に短すぎる膝上の短パンは、おしゃれ感ゼロです。小学生レベルですし、気持ち悪いだけで、何も生み出しません。女性のホットパンツとは違います。

そもそも男性がすねを出すことの問題も考えておくべきでしょう。ファッションだけではなく、マナーとしても嫌われてしまうことを考えておかなければいけません。格式のある場には絶対に出ることはできない姿です。

胸板見せつけ系

筋肉を見せたいのかもしれませんが、胸板を見せつけられても何も得るものはありません。女性から見れば、気持ち悪いだけです。何を勘違いしているのか、ほとんどの場合アウトです。タンクトップを着用したがる人にも多くみられますが、ぴちぴちのシャツを身につけて見せられても気持ちわるいでしょう。

ナルシストにも多くみられますが、ダサい男のコーディネート以外の何物でもありません。基本的にジャストサイズから少しゆったり目のものを見につけるだけでも変わります。ですが、サイズを変えてもタンクトップはダサい男でしかありません。何を見せたいのか、自分に問い直してみることが必要です。

▼関連記事

チャラい男ってどんなやつ?モテる理由や特徴までを教えます!

ダサい男と思われないために

ダサい男から脱却するためには、ほんの少しでも考えていくことが必要です。客観的な目線を考えればいいだけのことですが、自分がこうだと思いこまないようにすることがポイントになってくるでしょう。

洋服には最低限お金をかけよう

洋服選びには、必ずお金がかかります。ですが、なにも高額にすることがいいわけではありません。少額でもよれよれのものを交換したりするだけで、清潔感も格段に上がります。どこで売っているものはダメだとか言う人もいますが、キャラもののTシャツを誇らしげに着たりするのでなければ、組み合わせ次第です。

最低限のお金を掛けるだけで、ファッションは大きく変わっていきます。地雷になってくるようなものを避けるだけでも、ダサい男とは思われなくなってくるのですから、最低限の投資は心掛けるべきでしょう。

最低限自分のサイズは知っておこう

自分のサイズを知らないことは、大きな問題点となってきます。ぴっちりしているだけではありません。無駄にだぼっとしたようなものを着るのもダサい男です。ジャストサイズから少し余裕があるぐらいを目指すといいでしょう。

髪形やヒゲなどの見出しなみも大事

身だしなみの問題もあります。髪形を清潔感のあるかたちにすることも必要ですし、ひげも整えておくことが大切です。すべて新入生のようにかっちりさせる必要はありませんが、身だしなみを考えておくことで、大きく変化をつけることができるでしょう。

まとめ

ファッションはセンス次第です。自分でセンスがないと思ったときには、だれかにコーディネートしてもらうのもいいでしょう。その時の流行もありますし、色の組み合わせもありますので、お金を掛けるだけではなく、センスであることを認識すれば、ダサい男から卒業できるようになります。