頼りない男によく見られる特徴9選!付き合ってはいけない男性とは

本当にないと思う頼りない男には、いくつもの特徴があります。ましてや結婚を考える場合、頼りない男では本当に困ってしまうことが出てくるでしょう。口だけ達者で中身のない男は避けて通らなければいけません。

頼りない男の特徴とは

頼りない男には、いくつもの特徴があります。これだけはダメというポイントも出てくるでしょう。要注意しておくべき性格もありますので、早めに気が付くことが重要になってきます。

物事を一人で決められない

頼ることもできない男には、なにも任すことができない特徴があります。つまり、ものごとを決めることができない性格です。優柔不断で決断力がなく、責任感も希薄な人は、頼るわけにもいきません。

食事にいったときでも、なにも決めることができずに、すべてお任せといった感じでは、結婚しても生活はうまくいかないでしょう。これでは結婚生活は失敗することが目に見えています。すべて自分で決めなければ気が済まない人なら問題はありませんが、ほとんどの場合には不幸な結果が待っています。

なんでも人や環境のせいにする

自分で責任を取らず、何でも人のせいにする人は、自分で行動することができない人です。環境のせいにしたりもしますが、結局自分で変えることもできずに責任を転嫁しているにすぎません。頼りない男の典型ともいえますが、自分で能力を磨いたりすることもないでしょう。

頼りたいと思ったときにも、自分で決定することもできず行動もしないため、頼ることはできません。何か起きても文句を言うだけで終わってしまいます。建設的なこともできないのですから、結婚もうまくいかなくなるでしょう。

いいことばかりを言う、いい顔ばかりする

人はだれからもいい人と評価されたいと思います。だからいい人に見られるために、良いことばかりを言ったり、良い顔ばかりをしたりするでしょう。これがすべて悪いわけではありません。しかり、ここぞというときでも同じ行動をとれば、ただの八方美人です。これでは結婚生活は破綻します。

頼りない男にありがちな行動

頼りがいのない男には、一定の行動パターンがあります。それが頼りないと感じることにつながっていきますが、結婚を考えていくうえでは、とても危険な男になっていくでしょう。生活を守っていくことを考えても、守ることもできない男になっていくからです。

他人に責任や仕事を押しつける

自分で仕事をこなしていくことができる男は、なにがあっても自分で解決することができるようになります。ところが、他人に責任も仕事も押し付ける男は、なにも行動したくはない男です。責任感も欠如しており、行動もしないのですから、ここぞというときにも役に立たない男でしかありません。

責任のある場面で行動できることは、自分の能力があるからこそできます。責任感の表れでもありますが、必死に対応することも考えるでしょう。仕事を他人に押し付け、責任逃れするような男は、頼ることもできないのは明白なのですから、早々に捨ててしまう方が確実です。

言い訳ばかり

なにを聞いてもいいわけばかりする男もいます。とにかくいいわけしかしませんし、自分の主張もしません。するのは良いわけだけで、中身がない男は頼るわけにもいかないでしょう。個性といえる部分もありますが、良いわけばかりしていれば、いずれ破たんをきたします。

怖がり・臆病

頼りがいのない男としては、極端に怖がりで臆病な男は困ります。最近多くなったのは、ムシが出てきたぐらいで騒ぎ出す男でしょう。怖がりで臆病なことは理解できても、虫が嫌いで見ただけで騒ぐような男は、何かあっても頼れません。逆に気持ち悪いレベルです。いざというときに頼れるかどうかといえば、絶対に頼りにならないでしょう。

絶対に結婚してはいけない頼りない男

結婚を考えた時に、これから将来に向けて、さまざまなことが起きると考えるでしょう。多くの困難がありますが、二人で乗り越えていくことができると思っているはずです。ところが頼りない男では、困難は一人で乗り越えなければいけなくなるのですから、絶対に避けていくべきです。

お金や仕事に対する意識がおかしい

結婚というこれからの生活を前提に考えた場合、お金や仕事は重要な意味を持ってきます。どちらも生活に欠かすことができない要素ですが、この感覚がおかしい男は頼ることができません。それどころか、不幸な将来がだれにでも見えます。

仕事をするつもりのない男や金銭感覚が破たんしているタイプはいます。いくら言っても聞かないような男は、頼ることができないでしょう。親のすねをかじればいいと思っているようなタイプも同様です。収入が少なくても、必死に働いている男は、いつか大きな花を咲かせるかもしれませんが、感覚のおかしい男は花は咲かすことがありません。

元カノに未練たらたら

過去のことに縛られているような男は、前に進むことができない男でしょう。思い出は大切ですが、未練たらたらは別です。元カノからもらったプレゼントを捨てられず、何かの機会に見ているような男は、頼りない男を通り越して、結婚するべきではありません。何かあれば、元鞘に戻ろうとするかもしれないからです。

ありえないと思うかもしれませんが、頼りがいのない男なら、十分に考えられる行動といえます。自分のことが大切で、結婚しても相手のことは考えていません。元カノの存在を見え隠れさせるだけでも、結婚するべきではないでしょう。

忍耐力がまったくない

我慢ができない男は、ここぞというときに逃げ出します。忍耐力につながってきますが、仕事でもちょっと辛いことがあれば辞めるといいだすでしょう。もう無理という言葉がありますが、簡単に使う男は危険です。忍耐力の欠如を自ら告白している存在なのですから、結婚する前に避けなければいけません。

生きていれば、困難なことはいくらでも起きます。結婚すれば、立ち向かっていかなければいけないでしょう。我慢することも必要ですし、対策も考えていくべきです。その時に忍耐力のない男が相手では、困難なことは何も解決せずに逃げ出します。これが幸せな結婚になるわけがありません。

女性たちが求める頼れる男とは?


頼りない男とは逆に、頼れる存在はどんな男かというのも重要でしょう。男である以上、目指すべきところでもあるからです。結婚を考えた時にも、こうした要素を持っているかどうか判断してからでも遅くはありません。

自ら率先して問題解決にあたる男!

目の前に問題があったときに、自ら率先して問題解決に出られることは、行動力と決断力の表れです。何かあったときでも頼ることができるポイントになってきます。問題解決のために行動できることは、困難なことがあっても解決策を考えていくことになるからです。

仕事はもちろん家事や育児もこなす!

仕事だけではなく、家事もこなして育児もできる男は、何かあっても頼ることができます。いつ何が起きるかはわかりません。調子が悪くなることもあるでしょう。育児に関しても、ひとりでは辛いことも出てきます。いざというときに、力を合わせていくことができる男は、家事も育児もこなすことができるのがポイントです。

一人で何かをするのは、辛い結婚生活になってきます。普段の行動を見ていると判断できるようになりますが、頼りがいのある男は、こうした困難でも正面から解決を考えていくことができるでしょう。

責任感が強く約束を守る男!

約束したことは、守ることは人間として当たり前のことです。責任感の部分にもつながりますが、頼りがいのある男のポイントになってきます。約束は守るためにあります。結果的に守ることができなくても、守るために全力を尽くすことが大切です。責任感がある男は、守ることができるように準備をして行動をします。

結婚を考えた時に多くの約束もするでしょう。ですが、責任感のない男は、約束の存在自体を忘れます。これではうまくいくわけがありません。頼りがいのある男を見極める大事なポイントになってくるでしょう。

まとめ

頼りがいのない男は、どんな場面でも危険です。結婚してから、うちの旦那は役に立たないと思う前に、これではだめだと判断しておくことが必要になるでしょう。自分が何とかしてあげると思う前に、こうした男を選ばないことのほうが大切です。