つまらない男と女性に敬遠された貴方!特徴や会話上手になる方法

男としては、会話が面白く魅力的でありたいと考えています。つまらない男と思われることは、自分自身で嫌悪感を抱いてしまうほどの問題です。会話を考えても上手になる方法を身につければ、つまらない男と思われないようにしていくことができるようになります。

つまらない男がだいたい持っている特徴


つまらない男は、ある程度の共通の特徴を持っています。これは自分で思っていることではなく、客観的に見ての特徴といえるでしょう。見ているだけでもイライラしたりすることには、必ず理由があるからです。同性からも嫌われてしまうことさえあるのは問題となります。

無気力で行動力もない

つまらない男は、価値観に問題があるでしょう。気力もなく、行動力もない状態は、確実に嫌われることになります。当たり前のことですが、無気力な男に価値を見いだすことができないからです。会話ひとつをとってみても、こうした男はつまらない人物であることは間違いありません。

無気力な男は、向上心がありません。現状を維持するだけでいいと思っています。向上する気持ちがないため、人の批判を繰り返し、自分が悪いと思うこともなく、下がることもしません。学ぶ気持ちもほとんどないため、同じことも繰り返すようになります。ここに理由のわからない自信もついてしまえば、最悪の男となってくるでしょう。

常識を持っていない

つまらない男は、常識を勘違いしています。不快に感じさせることが得意なのは、常識とは何かを判断することができないからです。相手のことを思いやることもできませんし、自分の意見だけを押し付けることにもつながりますが、どれも常識として考えると欠けているとしか言えません。

なにか気にいらないことがあっても、人目も気にせずに大きな声で言いはじめたりもすることがあります。だれもが嫌な気持ちになってしまいますが、これを当然であると勘違いする男はつまらないでしょう。自分から人が離れていったとしても、気づかないところも常識のなさ故です。当然ですが、会話も面白くありません。

やたらネガティブ

ネガティブなことを聞くことは、面白いことではありません。それどころか嫌な気分になりますし、楽しくもないでしょう。相手を嫌な気分にしていることには気が付いておらず、周りを苦労させていることも考えてはいません。

ネガティブなついでに人の悪口や愚痴ばかりであり、ポジティブな思考をすることができなくなっています。こうした人を見ると、まだ悪口や愚痴が出てしまうことになり、悪循環を繰り返していくのが特徴です。自分の話かしない器量の狭さも、ネガティブにつながっていくポイントといえるでしょう。

つまらない男はどうして会話がヘタなのか?


なぜ、つまらない男の会話がうまくないのかといえば、つまらない内容しか思い浮かんでないからです。それを自覚することなく、繰り返していることで、さらにつまらないと感じさせてしまうことになるでしょう。

基本的に聞き上手ではない

つまらない男は、自分の話かしません。人の話を聞くことがないのは、主導権を握りたいという意識も働いています。自分自身に自信がないことも引き金になっていますが、とにかく聞き上手になることもないため、不快感をばらまくのが問題です。

自分自身の話かしないため、だれも興味を持つことがありません。興味がないのですから、つまらなく感じるのは当然の結果でしょう。その状態を察することもなく、人の話も聞かないのですから、つまらない男と評価されるのも当然です。

俺アピールがすごい

基本として、俺がという感じにアピールを繰り返します。自分の話をすることが大好きで、人の話を聞かないことが問題になりますが、どんな話題にでも自分を割り込ませていきます。自信満々に会話するのもいいかもしれませんが、会話にならないところが問題になっていてもそれに気が付きません。

俺アピールの問題として、主導権が欲しいという困った部分もあります。自分をアピールしたいことはわかるとしても、押し売りにしかなりません。俺ってすごいと思ってほしいからこそ、こうしたアピールになってきます。

つまらない男の話は、主語が必ず僕は俺はになるでしょう。興味もない話を延々と話していくことによって、周りはみなつまらない、早く終われと思ってしまいます。リアクションの薄さを見ればわかることですが、つまらない男にはそれがさらにハッスルしなければいけないと思わせるスイッチにもなってしまいます。

頭が悪い

会話の能力が低い理由として、頭が悪いこともポイントです。学がないというのではなく、話の内容としても薄く、共用もありません。知識がなくても、話術の面白い人はたくさんいます。しかし、頭が悪いおかげで、自分が詰まらないことに気が付きません。

常識的なレベルとしても欠けていることが多く、偏った非常識な知識ばかり持っているため、話を聞いていても苦痛です。そのうち、小学生か中学生と話しているような感覚になるでしょう。本来であれば、これを恥ずかしいと感じて向上心を持ちますが、つまらない男にはこうした感性もありません。自ら自分の価値を下げていくだけです。

つまらない男と付き合ってはいけない理由


つまらない男は、一緒にいるだけで時間の無駄です。面白くないだけではなく、得られる物もないでしょう。デメリットにつながる部分が大量に存在し、一緒にいるだけで損をすることも出てくるのですから付き合うべきではないことを自覚していかなければいけません。

デートは疲れるだけ

つまらない男とデートをしても、なにも楽しい時間にはなりません。無駄な時間を過ごすだけではなく、不快な気持ちにもなるでしょう。楽しく過ごすのがデートの良さですが、自分のことばかり話し始め、愚痴や文句ばかりとなり、不快な思いをすることになります。付き合って得なことはない部分です。

結婚なんて絶対無理

向上心に欠けますし、器も小さいのがつまらない男の特徴です。その上に、自分に根拠のない自信があるため、後悔することも出てくるでしょう。将来のことを考えて、結婚するとしても、ろくなことにはなっていきません。不安だけを残すことになるのですから、絶対に無理と思っておくべきです。

ささいなケンカばかりになる

つまらない男は器が小さく、人を許容することができません。ケンカになりやすく、話もできないことが出てきます。些細なことも許すことができない性格である以上、大きな喧嘩になってしまうことが出てきます。付き合っていても、面白くないだけではなく、精神的にも大きな負担となっていくでしょう。

女性に「つまらない男・・」と思われる瞬間とは


女性につまらない男と思われるのには原因があります。その瞬間を知っていると、つまらない男の見極めもできるようになっていくでしょう。無駄に引っかかったりすることもなくすことができるようになるのですから、十分注意しておくことが大切です。

女々しく失敗をいつまでも引きずっている

些細なことでも気にしてやまないつまらない男は、失敗を引きずり続けます。自分が悪かったとしても、そんなことは関係ありません。批判と非難を繰り返し、女々しく失敗を引きずり、次のステップへあがろうとはしません。簡単に見分けられるポイントともなりますが、女性につまらない男と思われる瞬間となるでしょう。

主体性がない

一体何を主体にしてはなしをしているのかもわからないのが、つまらない男の特徴です。話をしていても、なにを言いたいのかさっぱりわかりません。自分自身でも混乱してわからなくなり、話もとびとびになっていってしまう瞬間に、この男はつまらないと判断することになるでしょう。

自分自身を持っていないため、だれかの話の受け売りを続けていきます。面白い話のはずはなく、なにを聞いても中身がありません。飾り付けることはできても、主体性が掛けている男に価値はないといえます。

会話がつまらない

中身がない以上、会話をしていても面白くありません。興味を惹くようなことも出てこないのは当然で、だれも興味をもつこともない自分のことしか話さないからです。どんなに会話を続けていっても、それ以上の中身は出てきませんし、もともと知識も薄いことからすぐに中身が知れてしまいます。

人間にはいろいろな人生があり、その話を聞くことは面白いものです。つまらない男は、額もなければ、経験もありません。受け売りだけを覚えてくる上に、自分のことである可能用に話すから面白いわけがないのです。

会話がうまい「おもしろい男」の特徴


どんな些細なことでも会話がうまい面白い男は、つまらない男の対極の存在です。話をするだけではなく、会話を成立させるためにどんなことをするべきかをよく知っています。いろいろなことを引き出してくれる技巧者でもあるからこそ、面白い男になっていくでしょう。

笑顔やジョークを心がけている

話をすることに置いて、笑顔を見せることができる人は、会話がうまい人です。いかに笑顔でいることができるのか、不快感を抱かないような配慮ができるといえます。ジョークを混ぜながらも、多くの会話ができるのですから、つまらない男ができない技を持っている人です。

思いやりや想像力が豊か

会話とは、ひとりで話すことではありません。つまらない男は自分のことだけを話しますが、面白い男の会話は思いやりも想像力も豊かです。相手の状況を踏まえながら、話を聞きつつ会話をしていくことができるでしょう。

どんな会話を望むのかも理解しており、相手のレベルにも合わせてくれます。考えればわかることですが、高校生に熟年世代の話をしても、なにも面白いことはありません。どんな会話を望むのか、相手のレベルを考慮できるのは、それだけの気配りができるからです。興味を持っていることを見付け、会話ができるのも聞き上手であることが大きいでしょう。

何ごとにも余裕がある!

面白い男の会話には、常に余裕があります。何もせかせかとしておらず、話し方ひとつをとっても余裕を感じることができるでしょう。話をしているときの態度ひとつをとっても、ゆったりと進めていくことができます。

お金にも仕事にも余裕があり、なにも焦っていないことも大きなポイントです。女性に対しても焦りを持っているわけではなく、余裕を持って対応することができます。余裕がある人は、相手の顔を見て話すこともできるのは、精神的に焦ってしまうことがないからです。表情を確認しながら話ができるからこそ、聞き上手にもなれ、会話も面白くなるでしょう。

まとめ


つまらない男は、自分がつまらないことにもうすうす気が付いています。自分のことしか話さないのも、それだけの話題しかないからです。自分がそうだと思うのであれば、話を聞くところから変えていくべきでしょう。思いやりをもち、心に余裕ができるようになれば、だんだんと変わっていくはずです。