つまらない男からの卒業!会話上手になるその前に気付きたいこと

おもしろい男は モテます。女性からのモテはもちろん、男性からの人気も集まりやすいでしょう。

男としては、会話が面白く魅力的でありたいですね。つまらない男と思われることはプライドを揺るがす大問題です。会話上手なおもしろい男になるためには、まずは自分がつまらない男だという自覚を持たなければいけません。プライドを捨てる勇気を持つことで、あなたはおもしろい男へ生まれかわるチャンスを手に入れられるでしょう。

つまらない男がだいたい持っている特徴


つまらない男というものは、ある程度共通の特徴を持っています。これは自分で気付きにくい点も多く含まれていて、客観的な視線によりさらに浮き彫りになります。自分ではかっこいいつもりでやっていることも、端から見れば非常識で何もおもしろくないのだということにまずは気付く必要があります。

無気力で行動力もない

つまらない男は、その価値観に問題があることがしばしば。普段から無気力で行動力もない状態は、異性はおろか同性にも嫌われます。当たり前のことですが、無気力な男に価値を見いだすことができないからです。一緒にいて楽しいと思われないと、次第と誘いの連絡も減ってくるでしょう。最近、友人や仲間と遊んだり出かけることはありましたか?1人で過ごす時間が増えていませんか?

無気力な男は、向上心がありません。現状を維持するだけで十分と思っています。向上する気持ちがないため、物事に対する判断にもメリハリがなく、時には自分のことを棚に上げて人の批判を繰り返すこともあります。学ぶ気持ちもほとんどないため、同じことも繰り返すようになります。現状維持に満足しているような男は、確実につまらない男へ近づいていると言えるでしょう。

常識を持っていない

つまらない男は、常識について勘違いしています。自己中心的な考え方が自分にとっての常識となってしまっているため、人を不快に感じさせやすいでしょう。相手の怒る理由が理解できなかったり、相手の配慮をわずらわしく感じているようなら注意が必要です。

自分の意見を貫くことは、いい方向に転べば意志の強い人として映りますが、常識のない意見の貫きは、ただの傲慢でありわがままなのです。自分の意にそぐわないことがあった時、人目も気にせずに大きな声で文句言いはじめたりもすることがあります。そんな様子を見たら誰もが嫌な気持ちになってしまいますが、これを当然であると勘違いする男はつまらない性格をしています。自分から人が離れていったとしても気付かないことが多いでしょう。むしろ自分に付いて来れない、自分とは合わないやつだと都合のいい捉え方をします。当然ですが、自己中心的なため会話も面白くありません。

やたらネガティブ

ネガティブな態度は周囲にストレスを与えます。しかし、ネガティブなつまらない男は、相手を嫌な気分にしていることには気が付いておらず、ましてや周りを苦労させていることにも気付いていません。

人の悪口や愚痴も多く、それが自分にとっての普通になってしまっているためポジティブな思考をすることができなくなっています。人からの忠告も、うまく受け取ることができません。攻撃されたと被害意識を持ったり、余計に悪口や愚痴が出たり悪循環になりやすいでしょう。このような人は人の話を聞かず自分の話かしないためつまらない男と認定されやすいでしょう。

つまらない男はどうして会話がヘタなのか?


なぜ、つまらない男は会話がうまくないのかといえば、つまらないことしか喋っていないからです。自分のつまらなさもを自覚することなく繰り返し、ひどい時には自分はおもしろいと思って会話を続けるためにさらにつまらないと感じさせてしまうことになるのです。

基本的に聞き上手ではない

つまらない男は、基本的に自分の話かしません。人の話を聞かないのは、自分が主導権を握りたいという意識も働いています。これは自分自身に自信がないことが原因となっており、主導権を握ることでマウントをとりたいと考えているのです。ほとんどの場合無意識で行われているため、気付いた時には周囲は不快のためストレスがたまっています。

初めは社交辞令で聞いてもらっていることも、内容はほとんど変わらないため次第に周囲の興味は失われていきます。興味がない上こちらの話は聞いてもらえないのですからつまらないのは当然です。会話というのはお互いの興味・関心の上に成り立つものです。一方的なやり方では誰も相手をしてくれません。

俺アピールがすごい

つまらない男は聞き上手ではないことに加え「俺はすごい」「俺のおかげだ」といった自分アピールを繰り返します。人の話を押し切って話しだしたかと思えば、結局最後は自分の話題に持っていきます。自信満々に話をするのは時にいい面もありますが、人の話をないがしろにして自分のことばかりの会話にならないところが問題です。それに気が付かないのはさらに問題です。

俺アピールの問題は、自分を認めてほしい、すごいと言われたい、主導権が欲しいという思いが強すぎるがゆえの困った部分があります。自分をアピールすることは悪いことではありませんが、限度を超えると押し売りにしかなりません。承認欲求が満たされないとエスカレートする懸念もあります。

俺アピールに慣れている人は、このような人をスルーします。しかし、知らずに「すごいですね」と賞賛してしまうと、ロックオンされ逃がしてくれません。飽きるまで延々と自分の話を続けます。周囲の「早く終わればいいのに…」という空気や薄いリアクションに気付けないのは、つまらない男ゆえの困った部分といえます。

勘違い男になってない?勘違い男になってしまう原因とは

頭が悪い・コミュ力がない

会話の能力が低い理由として、頭が悪くコミュ力が低いということが挙げられます。これは学歴の有無を言っているわけではありません。学歴ばかり高い人というのは一概には言えませんが、コミュ力に欠けている人も多く、会話が一方通行になりがちです。逆に学歴が低くても話術に長けた人は多く、コミュ力が高いことも多いためおもしろい男として一目置かれます。もちろん学歴が高くてもおもしろい男は多いし、学歴も低くつまらない男もいます。

どちらにせよつまらない男は、常識的な考え方が欠けていることが多く偏った非常識な知識を持っているため、周囲に苦痛を与えます。本来であれば、これを恥ずかしいと気付いて向上心を持ちますが、つまらない男にはこうした感性もありません。自ら自分の価値を下げていくだけです。

つまらない男と付き合ってはいけない理由


つまらない男との付き合いは、正直一緒にいるだけ時間の無駄です。

得られる物も少なく、デメリットにつながる部分が大量に存在します。女性のストレスが増える一方なので、最終的に女性の方から別れを選択することが非常に多いといえます。いつも振られてばかりという男性の皆さんは、自分のふるまいをよく振り返ってみてください。

せっかくのデートなのに疲れる…

つまらない男とのデートは、会話も弾まず楽しい時間になることがありません。無駄な時間を過ごすだけではなく、不快な気持ちにもなるでしょう。2人で楽しく過ごすのがデートの良さなのに、自分のことばかり話し、愚痴や文句ばかりでは女性はデートの意味を見失ってしまいます。付き合って得なことはないと気付けば、女性は早々に男性の元を去るでしょう。

デートが3回以上続かない、短時間で終わるといったことが続いているなら、自分をつまらない男だと認めるべきでしょう。

結婚に希望が持てない

向上心に欠け、器も小さいのがつまらない男の特徴です。そのくせ、自分に根拠のない自信があったりするので、つまらない上にたちが悪い場合があります。付き合いはじめた後にその性格を知って、後悔する女性も少なくありません。結婚をすれば長い時間をともに過ごすことになります。出世の可能性はあるのか、イクメンになってくれるかなど、現実的な未来を考えたとき、つまらない男には希望を持つことができません。女性にとって不安を抱えて結婚することはありえないのです。

ささいなケンカばかりになる

つまらない男は器が小さく、人を許容することが苦手です。自分を優位に持たせたい気持ちもあるため、ケンカになりやすく、まともに話ができないことが出てきます。些細なことも許すことができない性格である以上、大きな喧嘩になってしまうこともよくあります。つまらない男は、よほどのことがない限り自分から謝ることもないため、付き合っていても女性にとっては精神的に大きな負担となっていくでしょう。

女性に「つまらない男・・」と思われる瞬間とは


女性に「つまらない男」だと思われるのには、必ず原因があります。

その原因や瞬間を知っていれば、男性にとってはつまらない男からの卒業を実現できますし、女性にとっては無駄な付き合いをするリスク回避もできるようになっていくでしょう。

女々しく失敗をいつまでも引きずっている

些細なことを気にし続けるつまらない男は、いつまでも失敗を引きずります。気持ちの切り替えがうまくできず女々しく失敗を引きずります。そのわりにあれこれ理由をつけて次のステップへ上がろうとはしないのです。

このような向上心のない男性は、女性から「女々しいヤツ…」「野心のないつまらない男…」と思われてしまいます。

失敗して落ち込んだり愚痴ったりすることが悪いわけではありません。しっかり反省し気持ちを吐き出したら、次へ向けて気持ちを前向きにすることが必要なのです。

女々しい男の心理!ネチネチした女みたいな男を男らしくするには

主体性がない

俺アピールがひどいつまらない男がいる一方で、一体何を主体に話をしているのかわからないつまらない男もいます。話をしていても「だから何?」と、何を言いたいのかさっぱりわかりません。自分自身でも混乱してわからなくなっていることが多く、話にオチを付けられないのです。話の起承転結を組み立てられないことは、頭の回転が鈍いことを周りにアピールしてしまうのです。

主体性がないため、受け売りの話ばかり続けてます。「友達から聞いたんだけど〜」「〜らしいよ」といった中身のない内容におもしろさは基本的にありません。意見を求めるととたんに萎縮してしまうことも多く、そんな主体性が掛けている男に価値はないといえます。

会話のキャッチボールができない

興味が持てず、中身がない上に自分の話題にすり替えて満足しているようなお男におもしろさはないと言っても過言ではありません。実力のあるおもしろい男性であれば、自分の話をしていても魅力的に思われるのです。その違いは、男性自身のレベルの問題もありますが、その多くは会話のキャッチボールができているか、いないかの違いです。

会話という以上、自分以外に相手が存在します。相手の反応を受けつつ自分の反応を返すということができなければ、時間の経過とともに相手は離れていってしまうでしょう。自分の話をするのと同じくらい、相手の話を聞こうという意識が必要です。相手が興味を持ってくれれば、おのずと自分の話を引き出してくれるものです。

キャッチボールができるようになると、より話に深みが出てくるものです。飲み会の席などで、気がつけば話し相手がころころ変わってしまうという場合は、相手はあなたに対しておもしろさを見いだせていないからと言えるでしょう。自分の話をする前に、まずは相手の話を聞けるようになりましょう。聞き上手はモテると言いますよ…?

会話がうまい「おもしろい男」の特徴

どんな些細なことでも会話がうまく場を盛り上げるおもしろい男は、つまらない男の対極の存在です。

会話を楽しく成立させるために、どんなことをするべきかをよく知っています。相手に対していろいろなことを引き出してくれるテクニックがあることが、おもしろい男の特徴であると言えますが、具体的にはどんなテクニックや特徴があるのでしょうか?

笑顔やジョークを心がけている

会話をする際、笑顔を見せることができる人は基本的に会話がうまい人といえます。

笑顔は相手を安心させ、心を開きやすくしてくれます。無表情の人との会話と比べれば、その違いはいわずもがな。いかに笑顔での会話が続けられるかが、不快感を抱かないような配慮といえます。時にジョークを混ぜるウィットさは、より会話を盛り上げます。いとも簡単そうなことではありますが、つまらない男にはできない技を持っている人なのです。

思いやりや想像力が豊か

会話とは当然ながら1人でするものではありません。つまらない男は自分のことだけを話し一方通行なパターンが多いですが、おもしろい男の会話は思いやりも想像力も豊かです。相手の状況を踏まえながら、話を聞きつつ会話をします。自分がある程度話したら「◯◯ちゃんはどうなの?」と自然に会話を振ります。

相手がどんな会話を望むのかも理解しており、相手のレベルにも合わせてくれます。それは相手に興味を持ち気配りの思いがあるからこそ考えが至ることです。会話を振ったらちゃんと聞くことで、相手は交代するように話題をふります。これにより、会話のキャッチボールはどんどん続くのです。

何ごとにも余裕がある!

おもしろい男の会話には、常に余裕がありという特徴があります。何もせかせかとしておらず、話し方ひとつをとっても余裕を感じることができるでしょう。話をしているときの態度ひとつをとっても、焦らず進めていくことができます。

実際、おもしろい男といわれるような人はお金にも仕事にも余裕があり、大きく構えていることが多いのです。気持ちの余裕は、女性に対する余裕も生み出し、魅力的に見せます。余裕を持つことは会話上手になるために大事なことです。焦った会話は相手に不信感を与えたり、自分の話したいことだけを話してしまうといった、つまらない男の会話そのものになってしまうからです。

相手の表情を確認しながら話ができるからこそ、聞き上手にもなれ、会話も面白くなるでしょう。

まとめ


つまらない男は、自分がつまらないことにもうすうす気が付いています。自分のことしか話さないのも、それだけの話題しかないからです。

自分がつまらない男だということを認めてしまうのは、プライドが許さないかもしれません。しかし、自分を変えたければ、まずは自分がつまらない男だと認める心の強さが必要になります。傷ついた分人は優しくなれると言いますが、余裕あるおもしろい男になるためにはそういった試練が必要なのです。おもしろい男というのは人知れずそういった試練を乗り越えてきたからこその結果といえるでしょう。

つまらない男を卒業したければ、まずは人の話を聞くところからはじめましょう。自分の話をしたくなってもぐっとがまん。話を聞くことで相手の思考パターンや喜ぶポイントが理解できるようになります。

思いやりを持ち心に余裕ができるようになれば、いつしかつまらない男を卒業でいているはずです。