ダメ男に引っかかってない?日常に潜む本当の「ダメ男」とは

なぜかわからないけど、かならずダメ男に惹かれてしまう人がいます。わかっていても、そういった男とともにいますし、気が付くと集まってくる人もいるでしょう。自分がそうならないようにするためにも、ダメ男とはどんな男なのか、なぜ惹かれてしまうのかも考えておくことが大切です。

ダメ男がだいたいもっている特徴


ダメ男と呼ばれる男には、いろいろな特徴があります。共通点も多くあり、明らかにこれはダメだと思うようなところも持っているのが問題です。本人が気づいているのならまだしも、まったく気が付いていないほうが多いのも危険なところになるでしょう。

やたら自分に自信がある

ダメ男の重要ポイントとして、意味がわからないほどに自分に自信があるのが特徴でしょう。自信があることは悪いことではありませんが、自信過剰なことに気が付いていません。なぜ、そこまでの自信を持つことができるかどうかが周りからはわからないほど、過剰な自信を持っている男はダメ男で確定です。

自信過剰の大きな問題は、実力が伴っていないことが大きな問題となります。実力がない上に高望みをするのは、分析・判断力の欠如といっていいでしょう。こうしたタイプが抱える問題として、自分以外の人間は能力が下だと思い込みます。女性も下だと決め込んでいくため、見下してしまうことになるでしょう。

自信過剰ですので、それを指摘されると、確実に逆切れを起こします。なぜ自分が指摘されたのか、そのことすら判断できません。ネット社会となり、内弁慶な人が増えてきている中、メールやメッセンジャーソフトでも切れるタイプも、この自信過剰に当てはまっていくでしょう。同性からも嫌われていく非常に危険なダメ男です。

金銭感覚がおかしい

ダメ男の大きな問題は、金銭感覚にも表れます。自分は稼ぐことができるという、理由もわからない思い込みが引き起こしてくることもありますが、見栄を張ってでもお金を使うことが出てきます。

結果として、貯金もすることができません。あればあるだけ使ってしまいますし、無駄なことにも多くのお金をつぎ込むことになるでしょう。ギャンブルに走りやすいのも、自分なら何とかなると思っているからです。それも盛大に使って花火のように消えていくのですからたちの悪い男といってもいいでしょう。

こうした男を彼氏として持つと、最初のうちは何でもおごってくれます。だんだんと資本がそこを突き、割り勘となっておごってくれといいだすのがポイントです。さらには借金の申し出まで始まってくるのですから、ダメ男であることは確実でしょう。見極めておかなければいけないポイントです。

会話が下ネタまみれ

下ネタ好きが悪いわけではありません。会話の中で、アクセントになることもあるでしょう。しかし、会話が下ネタまみれになれば、これはげっそりとしてしまいます。他人にも迷惑をかけ、煙たがられていることもわからずに続けるダメ男が存在するのも忘れてはいけません。

下ネタを話すことが、女性からどう見られるのかも判断していないところも問題です。こうした話題を嫌う人も少なくないでしょう。反応が悪くても続けていけば、セクハラになってくることも出てきます。配慮も気遣いもできない男になってくるため、ダメ男であることは確実です。

▼関連記事

ダサい男にありがちな服装や持ち物とは?ダサい男卒業法おしえます

どうしてダメ男に女性は引き寄せられるのか


なぜかダメ男に惹かれる女性がいます。それこそ引き寄せられるように、ダメ男にしか興味を持てなくなってしまっているようにすら見えるでしょう。共通のポイントも出てくるため、そうならないようにしておくことも必要です。

ダメ男は母性本能をくすぐるプロ

ダメ男の問題点として、本能的に女性の心を刺激することができるところがあります。母性本能をくすぐるわけですが、これを意識せずにやってのけるのがダメ男の問題点です。甘えっぷりのうまさは、周りから見れば滑稽ですが、ダメ男が好きな母性本能の強い人にとっては、愛情を注ぎたくなる相手なのです。当然ダメ男に引っかかっていきます。

母性本能に働きかける以上、どんなにダメ男であっても、どんどんと深みに陥っていくことになるでしょう。これが強烈な問題で、母性本能が強ければ強いほど、ダメ男に惹かれていってしまいます。とめることができない問題となって襲い掛かってきますが、そういった女性にはさらにダメ男が寄ってくるでしょう。

イケメン・チャラ男タイプが多い

ダメ男に多いのが、無駄にイケメンで、チャラ男なタイプです。自分自身に意味のない自信を持っており、そこに惹かれてしまうのが見た目重視の女性といっていいでしょう。見た目がいいから中身がいいと勘違いしているのが問題点です。

無意味なナルシストにも多く見られますが、イケメンであることに自信を持っていると、そこばかり磨こうとします。もちろん、内面は成長しません。自分はもてることを知っているため、向こうから寄ってくると思っていますので、いかにひもになろうかと考えているダメ男が多いでしょう。

見た目重視になりすぎている人は、性格や行動に欠点があっても目をつぶります。チャラ男であったとしても、見た目がイケメンだから許してしまうのです。当然ダメ男はつけあがるため、収拾がつかなくなるのは目に見えています。

▼関連記事

チャラい男ってどんなやつ?モテる理由や特徴までを教えます!

「お前だけが頼り」とすがる

母性本能にもつながっていきますが、お前だけしかいないんだ、お前だけが頼りなんだといわれると、簡単に落ちてしまう人がいるでしょう。もちろん、そんなことなど思ってはいません。今目の前にいるから言っているだけです。それでも信じて引っかかってしまうのは、母性本能の部分といっていいでしょう。

こうなってしまうと、周りの意見は聞きません。聞けば怒られるからです。女性としてはまりこみやすい状態ですが、どんなにアドバイスしても、頼られている状況が心地よく感じるのですから、抜け出すことはできないでしょう。はまっていることにも気が付かない状態となりやすいのですから、危険な兆候です。

ダメ男がだいたいもっている行動パターン


ダメ男には、共通的な行動パターンが存在します。客観的に見ている人には、これはダメ男だとすぐにわかりますが、ハマりこみやすい女性からすると、まったく気が付かないことも出てくるのが問題です。

仕事をしない・無職

行動パターンとして王道ともいえるのが、仕事をしないところでしょう。実際に理由があり仕事ができないことはあります。ですが、理由もなく就職もせずに仕事をしないのにもモテたりするため、悪循環を繰り返します。

仕事があるときでも、まじめに仕事をしません。そこに必ず理由をつけて正当化しますが、一歩離れて考えてみれば、矛盾だらけで結局働かないだけのことです。無色と変わらない状況であり、社会人としても大きな問題を抱えているともいえるでしょう。仕事を紹介してもらっても、なんだかんだと理由をつけて長く続ける気はありません。

掃除ができない

掃除ができない人は確かにいます。整理整頓が苦手な人もいますが、ダメ男の場合には、まったくやる気もありません。できないのではなく、掃除をしないのが問題です。仕事に関してもできないのは、やる気が全くないからです。

要領よくできない時には、手伝ってあげればきれいになるでしょう。きれいにし続けるための努力もするはずです。ですが、ダメ男は掃除してもらえればいいと考えますし、自分では何ひとつしたくありません。仕事も当然できないのがわかります。

親のすねをかじっている

親がお金持ちでお金の苦労がないのも、ダメ男を作り出す環境といえるでしょう。親のすねをかじればお金が出てくるのですから、苦労などしたくもありません。その割には、親の仕事を認めていなかったり、親に横柄な態度も取ったりします。

親のすねをかじるようなダメ男は、自立することもできません。一人暮らしをしたりしても、結果的に働かなくても食べられる方法を考えます。結果的には、なにかに依存しないと生きていくことができないため、ほぼ全員がダメ男といっていいでしょう。非常に危険な行動です。

実はダメ男要素たっぷりな「いい男」の特徴


見た目がいい男だから、素晴らしい男性であるとは限りません。見た目はいい男でも、蓋を開けてみたら、ダメ男であることは何も珍しいことではないでしょう。見た目がいい男に限ってと思う人もいますが、あながちはずれているわけではありません。

自己中

自己中心的思考は、だれも幸せにならないところでしょう。自分中心に地球が回っていると勘違いするほどのダメ男でしょう。いい男に見えても、実は極端な自己中で話も聞かない男はかなりいます。

自分に対して変な自身が存在し、誇大妄想ともいえる夢を持っていたりするダメ男がいます。このほとんどは、人の話も聞かないダメ男ですが、夢を語っているときには、極端にいい男に見えるでしょう。ふたを開ければ、なにも見のない男であり、自己中なだけだったというのはよくある話です。

決断力に欠ける

いい男に見えて、なにも決断できないダメ男もたくさんいます。いい男だからこそ、決断しなくてもすべて許されるだろうと勘違いしているタイプです。自立することができない男にも見られますが、決断できないために、なにも進みません。仕事も理由をつけてしないのは、なにも決断する気持ちがないからです。

決断力にかける男は、魅力もないはずですが、甘え方だけは天下一品のため、母性性本能をくすぐることだけにはたけています。自分で決断しないでも助けてもらえると思っているため、悪循環にはまっていくことになるでしょう。

言い訳や責任転嫁が得意

ダメ男は、どこかで自分がダメなことを理解しています。ですが、いい男に見られたい願望も強いことから、さまざまな言いわけを考えていくのが得意です。正当化しなければいけないからですが、自分に問題があっても責任転嫁して逃れます。基本ともいえる行動ですが、かなりの問題であることがわかるでしょう。

ダメ男を好きになってしまう女性のタイプ


女性のタイプとしても、ダメ男を惹きつけていく人がいます。気が付くと周りにはダメ男がいっぱいなだけではなく、ダメ男をどんどんと好きになる問題も抱えています。どうしても抜け出せないダメ男好きには、特定のタイプも存在するのが特徴です。

ミーハー・イケメン好き

ミーハーでイケメン好きの女性の場合、内面を無視して男を選んでしまうことが出てきます。見た目がすべてですので、見てみぬふりをすることになるでしょう。少々のことも我慢してしまいます。ダメ男のほうでも、自分はイケメンと思っていますので、そんな女性は扱いやすいことは間違いありません。

浮気をしたとしても、イケメンなのだから仕方がないと割り切ってしまいます。自分の元に戻ってくれば問題ないと思っている時点でダメ男が集まってくる要素となるでしょう。もてる男を連れて歩きたいと思っていることも、ダメ男を集めていきます。自分のステータスと勘違いしていますが、ダメ男は女性のことをなんとも考えていません。

ミーハー・イケメン好きの場合、自分が大好きなことも多いでしょう。自分もモテるのだと思い込んでいるタイプもはまります。男はアクセサリーではありません。見る目を持たなければ、いつまでたっても抜け出すことができないタイプです。

頑張り屋さん

何でもかんでも頑張ってしまう女性には、確実にダメ男が寄ってきます。自分のことも面倒を見てくれるだろうと思うからです。文句も言っていくことになりますが、自分ががんばればなんとかなると思ってしまうのも危険な兆候でしょう。

頑張り屋さんは、頼られるとほっとけません。何とかしてあげなきゃと思ってしまいます。頼りにされることが生きがいになってしまう部分があるのも、頑張り屋さんの特徴でしょう。少々の負担は問題にならないと思うかもしれませんが、ダメ男はしがみついて話さないタイプです。

自分に自信がない・押しに弱い

自分に自信がなく、押されてしまうと負けてしまうタイプもダメ男を寄り付かせることでしょう。ダメ男であるという自覚があるはずです。ですが、自分はこの男を逃せば、もうチャンスはないかもと考えてしまいます。押しに弱いからこそ、ちょっといい言葉を聞くと、しょうがないと思うのも問題です。

心のどこかで、こんな素敵な人と思っていることもあります。素敵な人なのだから、仕方がないと思い込んでしまいますが、そもそもダメ男はそんなこと思っていません。押しが弱いこともわかっていますし、自信がないところにもつけこみます。ダメ男からすれば、何でも言うことを聞いてくれるし、何でもしてくれる女性だからです。

▼関連記事

ダメ女から卒業!今年こそドン引きされない自分へ!

まとめ


ダメ男には一定の特徴があることは確かです。いい男に見えても、実際はダメ男であることは何も珍しくはないでしょう。男を見る目を養うとともに、自分の危険な兆候にも気が付かなければいけません。ダメ男を作り出している原因として、ダメ男を好む女性側の問題もあるからです。