なぜ未読スルーされるの?未読の原因と解決策を教えます

LINEを利用する人が増えたことによって、色々な問題が浮上してきました。その中でもやはり身近な問題となっているのが未読スルーです。一昔前は既読スルーというのが問題でしたが、近年はより未読スルーが多くなっています。

ここでは

  • 未読スルーになる理由6選
  • 男性が未読スルーする心理
  • 女性が未読スルーする心理
  • 未読が既読になるかもしれない対処法
  • それでも未読スルーの場合のさらなる対処法

と、そんな未読の原因と解決策を紹介します。

未読スルーになる理由

未読スルーになる原因はさまざまで、人によって理由も大きく違ってきます。

メッセージ自体が読めない状態だったり、通知画面で読んだけど放置してしまっていたりすることもあるでしょう。ここではそんな未読スルーになる理由について紹介します。

機種変更でメッセージを引き継げなかった

機種変更などをするとLINEのアプリを引き継がなくてはならないのですが、その引き継ぎができていないと未読になってしまうことがあります。そもそもメッセージを引き継げていない場合は見ることができないので、そのまま未読スルーとなってしまうのです。

こればかりはどうしようもないので、「機種変更してメッセージが消えた」と伝えることが必要となってきます。

通知画面でメッセージを読んでそのまま

LINEはアプリを開いてメッセージを読むと既読となるのですが、実際には通知画面でメッセージをある程度確認することが可能です。

あまりにも長い場合は表示されなくて全文読むことはできないのですが、短い場合はすべて読めてしまいます。人によっては通知画面で読んでそのままということもあり、それが未読スルーになることもありますね。

LINEの不具合が発生した

運営会社が定期的に点検とメンテナンスを行っています。しかし、それでも不具合が生じることはあります。

不具合の間はメッセージのやり取りは基本的にできませんし、確認もできません。また、送信後に不具合が生じてメッセージが届いていないこともあるかもしれないのです。

メッセージを見る前に削除してしまった

未読スルーをしてしまったり、逆にされてしまったりする原因の中には、メッセージを見る前に削除してしまったということもあります。

トークの部屋を抜けたりすることはもちろん、グループから出るだけでメッセージも合わせて削除されてしまうことがあるのです。そうした偶然が重って消えてしまうこともあるので十分気をつけてください

ブロックされてしまった

ブロックされている場合は、メッセージを送っても相手に届くことはありません。つまり、完全な未読スルーになるのです。もちろん、自分自身もブロックしている人からのメッセージは送られてきません。

ただ、人によっては間違ってブロックしているということもあって、それによって未読スルーとなっていることもありますので注意が必要となります。

相手がスマホの電源を切っている

相手がスマホの電源を切っている場合は、そもそもメッセージを見ることすらできませんし、受信したことにも気づいていないことが多いです。

当然、気づいていないのですから未読スルーのままです電源を入れた時に気づくので、気長に待つことも重要かもしれません。

男性が未読スルーする心理

男性の中には、ついつい未読スルーをしてしまう人もいます。その心理はさまざまで、単純に忙しかったり面倒だったり興味がなかったりすることが原因です。

ここからは男性が未読スルーしてしまう心理について解説するので参考にしてみてください。

仕事で忙しい

仕事で忙しいと単純にメッセージに気づきませんし、返信をするということもありません。そもそも通知画面すら確認していないことも多く、仕事が終わってから一気に確認するという方もいます。

男性によってはLINEを通知しないようにしている方もいるので、そういう人からすぐに返信が来るということは、まずないと思っておいて良いです。

後で返信しようと思っている

LINEが来ていることを知っていても「後で返信しよう」と思っていることが多いです。ただ、男性の場合はそのまま忘れてしまうことも多く、結果的に未読スルーになってしまうことも多々あります。

本当に気づいてもらいたい場合は、何度か送信してみるということも必要かもしれません。ただ、送り過ぎると迷惑にもなるので難しいところです。

興味がない女性への配慮

興味がない女性からLINEが何度も送られてくると、優しさでついつい返信してしまうことがあります。しかし、女性への配慮として、逆に無視することで「興味がないよ」と暗示していることもあるのです。

男性の優しさが故に引き起こす未読スルーもあるということを念頭に入れておくことが必要となります。この場合は執拗に送るのはやめましょう。

彼女と一緒にいるため

彼女と一緒にいる時にLINEを返信するという男性は少ないです。「あれ?なんか来てるよ」と彼女に言われても「あぁ、友達だから後で良いや」という結論に至ることもあります。

また、彼女といる間に異性から連絡があると気を遣うため、そもそも確認すらしないということもあります。当然、メッセージはそのまま未読スルーされてしまうのです。

女性が未読スルーする心理

女性は気まぐれな人も多くて、未読スルーをしてしまうことも多々あります。優先順位がそもそも低かったり、忙しかったり、恋愛の駆け引きだったり、色々な意味で未読スルーを使い分けている人もいるくらいです。

ここからは女性が未読スルーする心理を紹介します。

優先順位が低い返信相手である

女性にとって優先順位が低い相手だと、未読スルーしてしまうことも多いです。「この人は特別仲良しでもないし、返信しなくていっか」と思う女性がたくさんいます。

女性の場合はたくさんの相手とLINEをしていることも多く、一度に数人を相手にしていることもあります。そうなると優先順位も生まれるため、人によっては未読スルーになるのです。

用事があるため忙しい

未読スルーをするのは、単純に忙しいということもあります。女性にとってはリアルの生活の方が重要という方が多いです。SNSは単なる交流であって、現実の生活とは割り切っている人もいます。

そうなると、やはり実生活の用事の方を優先するのは当然です。仕事でもプライベートでも忙しい女性は返信がそもそも遅い傾向にあります。

すぐ返信する人と思われたくない

すぐ返信する人だと思われるのを避けるために、あえて未読スルーしているという女性もいます。すぐに返信するということは「相手に興味がある」と思われてしまいます。

それを避けるため、あえて時間をおいて返信するのです。その心理としては、誰にでもすぐに返信する軽い女性だと思われたくないからです。

恋愛感情があり恋の駆け引きをしている

返信するかどうかはもちろん、返信するまでの時間で恋愛の駆け引きをしていることもあります。特に女性はSNSを恋愛で上手に活用することが多く、相手の心理を読んで返信することが多いです。

すぐに返信すると軽い女性だと思われるため、あえてしばらくは返信せずに数時間後に返信するということもあるのです。

未読が既読になるかもしれない対処法

未読が既読になると嬉しいですよね。相手によって違うかもしれませんが、極力は自分のメッセージを読んでもらいたいはずです。

そこで、ここからは未読が既読になるかもしれない対処法について紹介するので、参考にしてくださいね。

スタンプをひとつだけ送ってみる

スタンプというのはLINEで簡単にメッセージを送れるもので、一言だけ伝えることができるものが多いです。そんなスタンプをひとつだけ送ってみるというのが良いです。

スタンプだけ送られてくると、相手は「あれ?なにかあったのかな?」と思ってくれます。ただ、逆に若い人の間では「スタンプ=会話終了」を意味するので、そこは注意が必要です。

健康を気遣うメッセージを送ってみる

スマホをいじる女性

相手の健康を気遣うメッセージを送ることによって、相手もついつい返信したくなるかもしれません。「お元気ですか?」と「その後体調はどうですか?」と疑問形で送っておけば、相手も自然と返信しなくてはならない空気となります。

もちろん、あまりにも恩着せがましく聞くと逆にウザがられるので、そこは「調子はどう?」という軽いノリも重要です。

緊急性のある内容を送る

緊急性のある内容だと相手も返信してくれます。「友達と居酒屋探してるんだけど」「緊急で相談に乗ってほしいことがあるんだけど」など、自分が置かれている状況を説明しつつ緊急性を持たせると返信してくれるかもしれません。

ただ、無理に緊急を装うと「なんか必死だな」と相手を冷めさせてしまうことにもなるので、言葉選びは慎重にしましょう。

相手の興味がありそうな画像を送る

文字がズラッと並んでいるよりも、画像がポンッと送られてくる方が、相手にも伝わりやすいです。そこで、相手が興味のありそうな画像を送ってみるのも良いです。

場合によっては「何これ?」と相手の琴線にヒットするかもしれません。画像に関しては旅行のものから日常生活のもの、仕事のものまで使い分けてみると、話題も増えておすすめです。

いつもとは違う時間帯にメッセージを送る

いつもと違う時間帯にメッセージを送るのも良いです。例えば夜中にふとメッセージを送ると、相手によっては「あれ?どうしたんだろう?」と興味を持ってくれます。

また、逆に普段メッセージを送っている時間に、あえて送らないというのも良いです。相手に「あれ?」と思わせることが、この方法ではミソとなります。

自分のアカウント名を変えてメッセージを送ってみる

自分のアカウント名を変えてメッセージを送るというのは、最終手段として効果的です。「どうしたの?」と相手も気にかけてくれるでしょう。

ただ、これは言ってしまえばストーカー一歩手前で、相手が引いてしまうこともあります。未読スルーされるのには理由があるので、アカウントを変えて送っても逆効果になることがあることを理解しておきましょう。

それでも未読スルーのときは…

どんなに工夫しても、相手によっては未読スルーしてくる人もいます。その場合は原因をしっかりと考えて対策を練っていきましょう。

共通の友人やSNSを通して情報収集したり、グループLINEなどをチェックするのも良いです。ここからは徹底的に未読スルーをされてしまった時にどうするかについて解説します。

共通の友人に様子を聞いてみる

どうしても既読スルーされてしまう場合は、共通の友人に様子を聞いてみましょう。「○○がずっと未読なんだけど、最近どうしてるのかな?」と聞けば、教えてくれるでしょう。

そこで自分に対しての情報も集めておくと良いです。「私のこと嫌いになったのかな」と友人に相談すれば、何かしらのアクションを起こしてくれるかもしれません。

SNSの更新をチェックしてみる

SNSを更新していないかどうかチェックしてみるのも良いです。LINEなどは面倒でやっていない人でも、SNSの更新は行っているかもしれません。もちろん、SNSを毎日のようにチェックすると逆に迷惑なので注意が必要ですが、見る分には別に問題になることもありません。どうしても動向が気になるのなら、SNSのタイムラインを確認しましょう。

ちなみにLINEにあるタイムラインを使っている人もいますが、普段の投稿には他のSNSを使っていることもあるかもしれません。Facebookの他、TwitterやInstagramも確認してみてください。ただ、チェックされていると思うと相手を警戒させてしまうこともあるので、あえてイイネやコメントは残さないようにすることも重要です。

グループLINEをチェックしてみる

グループLINEを作っている場合は、そちらもチェックしてみると良いです。場合によってはグループLINEにメッセージを送ってみて、そこで既読が何個つくのかチェックしてみるというのも良いです。グループLINEの方では返信がしっかり返ってくる場合は、単純に2人きりでのLINEが苦手なだけということもあるかもしれません。

ただ、グループLINEの方でも細かくチェックすると、相手が警戒してしまうこともあります。自分が原因でグループLINEの方でも未読スルーされるようになったらいよいよ解決策もなくなっていくので注意してください。

大事な用件は電話で伝えよう

どうしても伝えたいことなど、大事な用件がある場合は直接電話しましょう。肉声のほうが想いは伝えやすく、相手からしても「わざわざ電話するなんて」と、相手の気持ちが気になるかもしれません。

それでも出てくれない場合は、もう自分と会話したくないということなのかもしれません。電話だとさすがに「何か緊急なのかな」と思って、普通の人であれば出てくれます。ただ、何度か電話してみて出てくれない時には、きっぱりと連絡を絶つことも考えておきたいです。

しつこくLINEせずに諦めることも…

しつこくLINEをすると、相手によっては関係断絶も考慮しなくてはならない状況になるかもしれません。

相手はただの友達だと思っているのに、自分から何度もメッセージを送ると、友達枠からも外されてしまう可能性があります。未読スルーされる場合は、LINEするのを諦めることも重要です。

まとめ

未読スルーされる原因は色々です。男女によってその理由もさまざまだと言えるでしょう。ここで紹介した心理を理解して、相手に気を遣わせないようにすることも重要です。

LINEは便利ですが、使い方を間違えると相手との関係も悪化することがあるので十分注意しましょう。