なんで未読スルーをするの?男女別の原因や対処法をご紹介

最近はメッセージのやり取りに便利なアプリが多く存在しています。一対一のやり取りだけではなく、グループでメッセージのやり取りもでき、未読か既読かも分かるため、日々のコミュニケーションになくてはならない存在となっています。ですが便利だからこそのトラブルもあります。メッセージを送ったが一向に既読がつかず、当然何の反応もない、相手がどうしているのか分からないといった悩みも出てくるでしょう。

相手には相手の都合がありますから、気にしないのが一番ですが、そうもいかないものです。一度気になり出すと止まらず、気付けばその事ばかり考えてしまう時もあります。未読スルーする心理状態や原因には幾つかパターンがあります。

未読スルーになる原因

メッセージが既読にならない、いわゆる未読と呼ばれる状態が続いている時、自分に原因がある時と、相手に原因がある時があります。

自分に原因があるというのは、何らかの理由で相手が自分に腹を立て、嫌悪感を持ってしまいメッセージを読む気になれない状態の事です。

相手に原因があるというのは、相手の都合でメッセージを読む事ができない状態の事です。

気が付いていない

メッセージが未読のままでいる原因の一つに、気が付いていないからという理由があります。単純ですが、多い理由でもあります。元々メッセージを頻繁に読む習慣がなかったり、忙しかったり、他のメッセージに埋もれていたり、様々な理由でメッセージが読まれる事なく放置されています。

この場合は、もう一度メッセージを送る事が一番の方法です。仕事していそうな時間や寝ていそうな時間を割けて、さりげなくメッセージを再送してみます。もしかしたら送れてなかったかもしれないので、など一言添えると、受け取った相手の負担も軽減されるでしょう。

ブロックされている

相手からのメッセージを受け取れないようにするブロック機能が使われているため、そもそも相手にメッセージが届いていない場合もあります。

この場合、何故自分がブロックされているのか考える必要があります。相手に失礼な事をしていないか考えてみましょう。思い当たる事があれば謝り、ブロックを解除してもらうようお願いをします。メッセージはブロックされていますから、直接会える機会があるなら直接、難しいなら電話など他の連絡手段で謝罪をします。

自分だけではなく他の人もブロックされている場合は、相手側に理由がある場合もあります。人間関係をシャットダウンしたい事があったり、何かトラブルがあったりで、ブロックする事でこれ以上の被害を防ごうとしている場合もあります。

この場合は自分ではどうする事もできません。少しでも早く相手が落ち着くように、力になれる事があれば協力してあげるようと心がけておく位です。

機種変更している

携帯電話の機種変更をしたため、メッセージを読むだけの余裕がまだできていない場合もあります。

機種変更は意外と手間がかかるものです。アプリの再ダウンロードを始め、様々な再設定が必要になります。そして操作にも慣れていないため、いつもより時間がかかります。新しい機種に慣れるまでは、電話を受けるだけで精一杯という場合もあるでしょう。

この場合は待つしかありません。相手が操作に慣れ、アプリのインストールも終わり元のように戻るまで気長に待ちます。急ぎの連絡がある場合は、直接電話した方が確実です。

わざと読んでいない

未読スルーのトラブルで多いのが、わざと読んでいない場合です。メッセージが来たけど読んでいないという事は、つまり無視している状態です。これは相手からの拒絶です。

相手にそうさせるだけの何かがなかったか、考える必要があります。思い当たる所があるならすぐに謝罪するべきですが、何も思い当たらない場合はさりげなく聞いてみるのも方法の一つです。

何か怒らせるような事をしてしまったのかと、低姿勢で聞いてみるようにします。その際、自分で考えてみたけどどうしても分からない事、欠点を直したいと思っている事をきちんと伝えるようにします。

未読スルーと既読スルーの違い

未読スルーはまだ読まれていない状態、既読は読んだけど何も返ってこない状態です。アプリの画面で既読の文字がついているかいないかで判別します。

既読スルーは読んでいるが無視

メッセージを読んだけど何も反応がない既読スルーは、相手を不快にさせてしまったのだろうかと不安になってしまいます。

不安になったら、過去のメッセージを読み返してみて下さい。返答に困るようなメッセージを送っていないか考える必要があります。また何度か会話を続けた上で返信がこなくなった場合、もう会話が終わったと相手が判断している可能性もあります。

メッセージによるコミュニケーションは、終わらせるタイミングが難しいものです。会話の中で用件が済んだ場合は、返信はこないものと割り切る事も大切です。

未読スルーは読んでもいない

未読スルーは全く読んでいない状態ですが、受信した時の通知画面で一度メッセージを読んでいる場合もあります。

ですが返信するためには画面を開き既読にしなければいけませんから、どちらにしても相手に返信する意思はないという事です。

それが一時的なものなのか、それとも今後も続くものなのかを見極める事が必要になります。

一時的な場合は、相手に返信するだけの余裕がない状態かもしれないので、待つようにします。コミュニケーションは相手があってこそのものですから、相手のペースに合わせる事が大切です。

未読スルーをする男性の心理

男性が未読スルーをする場合、幾つかの理由が考えられますが、男性は細かいコミュニケーションが苦手な人も多く、必要以上の返信はしない人もいます。

女性同士なら続くような会話も、男性では続かない場合も多くあります。大切なのは大らかな心でいる事です。返信はないものと考えておく位でいいかもしれません。

男性が未読スルーする場合、幾つかの理由が考えられます。

忙しいので読んでいない

仕事やプライベートが忙しく、返信する時間が取れない時があります。返信などすぐできるのにと思いがちですが、苦手な人にとってはメッセージを開くだけでも負担だったりします。

人それぞれなので、相手を急かすような事はやめましょう。もし返信がきたら、体を気遣う言葉をかけてあげると相手も安心するかもしれません。

返信が面倒くさい

細かいコミュニケーションが苦手な人にとっては、届いたメッセージへの返信は一苦労です。仕事上のやり取りでない返信は面倒だからと、そもそもメッセージを見ないようにしている人も中にはいます。

これは性格によるものでもありますから、相手に変わってもらう事は難しいです。返信を求める事は相手に負担をかけますから、伝えたい事がきちんと伝わっているならそれでいい、生活に支障が出ないなら気にしないと割り切るのも一つです。

LINEがめんどくさい・・・相手にどう思われてるの?

後回しにしている

メッセージを読む事よりも優先すべき事があるため、アプリを開かないでいる可能性があります。仕事が忙しかったり、趣味に熱中していたりと状況は様々ですが、この場合は状況が一段落すれば相手はメッセージを読んでくれます。

気長に相手からの返信を待つようにしましょう。事前に相手の状況を知っておく事で、未読のままでも不安にならず、今は既読がつかなくても仕方ないと気持ちを切り替える事ができます。

会話できる時にきちんと相手とコミュニケーションを取っておく事が、不安な気持ちを作らないためのポイントです。

未読スルーをする女性の心理

女性でも、届いたメッセージを読まない事があります。女性は細かいコミュニケーションが好きで得意としている場合が多いです。大した事ない話題でも会話が続けられてしまうのが特徴です。

そのため女性が未読スルーする時は、何か意図があっての事である可能性があります。

やり取りをやめたい

相手との関係に疲れていて、もうやり取りをやめたがっている時に未読スルーしてしまう場合があります。やり取りをやめたいと思っていても、相手にはっきりと伝える事は難しいです。それが未読スルーという行動になって現れます。

返信するのが苦痛

メッセージのやり取りをしても喧嘩になるだけ、愚痴しか話さない、ネガティブな話題ばかりなど、メッセージを読んでも気分が沈むだけの場合、返信が苦痛になってしまう事があります。

そのうちメッセージを読む事自体が苦痛になり、未読スルーへと繋がります。

この場合、過去のやり取りを読み返してみる事で解決の糸口が掴める可能性があります。もし相手に対するメッセージがマイナスなものばかりになっているなら、それを改め、相手に謝罪する事でまた楽しくメッセージのやり取りができるようになるかもしれません。

駆け引きをしている

あえてメッセージを読まない事で相手をやきもきさせ、相手の次の行動を引き出そうと駆け引きをしている場合もあります。駆け引きと言うと男女間の恋愛に利用されるものと思われがちですが、同性同士の友情に利用される時もあります。

駆け引きをする女性は相手に構ってもらいたいと考えている事が多いので、メッセージを送る以外の手段で連絡してあげれば喜ぶかもしれません。逆にこちらから何も返さないでおくと、相手の方が焦ってくる場合もあります。

人によりますが、駆け引きといのはあまり印象の良いものではありません。人は誠実で素直な相手に信頼感を抱きます。駆け引きされていると思うと、相手が離れていく事もあります。

また駆け引きをする事で相手より優位に立つ事を目的としている場合もあります。

駆け引きの対象とされても関係を続けたいのか、一度よく考えてもいいかもしれません。

駆け引きが重要!?ラインを使った恋愛のテクニック

忘れている

後で読もうと思って忘れてしまった、アプリを開く事を忘れていたという可能性もあります。その場合は相手も忙しい中にいる事が多いので、急かすような事は避けます。

気長に待ってあげる事が大切ですが、そのままでは忘れたままになる可能性もあるので、時間をおいてメッセージを再送してみましょう。忙しい時にごめんなさいと一言添えれば、相手も不快な気持ちにならないでしょう。

未読スルーへの対処法

未読スルーされたら悲しくなります。悲しくなるという事は、自分は相手を好いているという事です。好いている相手には、同じように好いてもらいたいと考えるのが人間というものです。

相手がいるため難しい事もありますが、未読スルーされている状況を解決する対処方法は幾つかあります。

何度も送らない

何も反応がないからと言って、何度もメッセージを送るのはやめておくべきです。相手は余計に心を閉ざしてしまいます。

何故無視しているのか尋ねる事も、早く返事が欲しいと急かす事も我慢して、まずは冷静になりましょう。

相手が今どんな状況にあるのか考えてみます。忙しい時期でないか、体調を崩しやすい時期でないか、相手を思いやるようにします。

今は忙しい時期だから仕方ないと考えると、こちらの気持ちも少し楽になります。そう過ごしていると、忘れた頃に相手からメッセージが届いている事もあります。

時間をおいて短文を送る

お互い感情的になっている場合は、何を言っても上手くいきません。相手に未読スルーされていると思ったら、一旦その事は置いといて、まずは時間を置くようにしましょう。時間が人の心を解してくれる場合もあります。

お互い冷静になれるだけの時間を置いて、相手が負担にならないような短めのメッセージを送ってみます。元気にしているかと聞くような簡単なメッセージが望ましいです。ここで長文を送るのは、相手に余計な負担をかけるだけです。

そして、メッセージを送るのは一度だけにします。何度も送るのは相手の心を閉ざします。私はあなたを思っていますよ、という事が伝わればいいのです。

グループlineをチェック

相手と一対一のやり取りではなく、グループでのやり取りがあるなら、グループでの相手の様子をチェックしてみて下さい。

自分と一対一のやり取りはなくても、グループの中では発言しているかもしれません。また、自分の発言に対して既読がついているかの確認もできます。

グループ内では既読があり発言もあるのなら、問題はやはり、自分と相手二人の問題という事になります。逆にグループ内でも未読だったら、自分だけではなくグループメンバーとのトラブルも起こっているか、メッセージを読める状態ではない問題が相手に起こっている可能性があります。

共通の友人に様子を聞く

共通の友人がいるなら、相手の様子を聞いてみるのもいい方法です。相手が自分の事で友人に相談をしているかもしれませんし、第三者だからこそ気付ける事もあります。

思い切って、未読スルーされている事を相談してみましょう。もしかしたら、友人も同じ事で悩んでいるかもしれません。

SNSの動向を確認

最近は様々なコミュニケーションツールがあります。他のSNSツールの連絡先を知っているなら、相手のページを覗いてみましょう。

日記を書けるタイプのSNSなら、相手の今の状況が分かる可能性があります。相手が忙しそうなら、身体に気をつけてなど相手を気遣うコメントを送ってもいいかもしれません。

直接電話をしてみる

様々なアプリのおかげでコミュニケーションを取る事も簡単になってきていますが、直接声のやり取りをする電話の威力は大きいです。直接会うよりも、声だけの方がスムーズに
コミュニケーションが取れる場合もあります。

ただ相手の都合を無視した電話は迷惑になってしまうので、いつ電話をするかはよく考える必要があります。

まとめ

相手から未読スルーされると気分が落ち込んでしまいます。どんなコミュニケーション手段でも、その向こうにいるのは人間です。仲のいい相手でも、誤解が生まれる事はあります。大切なのは相手を思いやる事です。

未読スルーの原因は自分にあるとは限りません。相手がそれどころでないくらいに忙しかったり、心の病気によって人間関係をシャットダウンしている時もあったりします。

相手からの反応を気長に待てるだけの大らかな心を持つ事が大切です。

そして、人生には出会いもあれば、別れもあります。一つの関係に固執せず、新しい関係を探していく事も未読スルーを乗り越える一つの方法です。