【驚愕】ハグの効果が凄い!抱きしめるだけで幸せになる理由を解説

子供の頃、お母さんに抱きしめられると、安心できてホッとした気持ちになったことを覚えていますか?何故そんな気持ちになるのでしょう。それは、守られている、愛されていると確信できるから。

ただ、抱きしめるだけ、たったそれだけなのに幸せな気持ちになれるハグ。ハグには他にもたくさんの効果があるのをご存知ですか?

  • ハグに期待できる効果
  • ハグによる幸せホルモン
  • ハグの日常生活への取り入れ方

を紹介します。

ハグに期待できる効果

ハグをすると、自分が人から愛されているとか、守られている、必要とされていると感じることができます。ほっとした気持ちになり、安心感を得ることもできます。ハグにはこの他にもいろいろな効果が期待できるようです。

ストレスが減る

ハグにはストレスを解消する効果があるといわれています。

その理由は、ハグによって脳内ホルモンのひとつである「オキシトシン」の分泌が促進されるためです。オキシトシンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれており、分泌が増えることで幸せな気持ちになれたり、安心感が持てるようになります。

また、オキシトシンの効果で幸福な気持ちになると、自律神経をつかさどる副交感神経が優位になります。副交感神経は、心身の緊張をほぐしてリラックスさせる効果を持っているため、ストレスの軽減に役立つのです。

驚くべきキス効果!?ストレス解消にはもってこい!もはや麻薬でしょ

幸せな気持ちになる

好きな人とのハグによって分泌される「幸せホルモン」は、とても幸せな気持ちにしてくれます。幸せな気持ちが大きくなると、精神の安定にも大きな役目を果たしてくれるのです。

実際この「幸せホルモン」はキスをしても分泌されますが、正直キスをする相手がいつもそばにいるとは限りませんよね。

ハグなら親や兄弟、飼い犬でもできます。もちろんお互いに愛情を持っている相手に限りますが、キスよりは手軽にできるのではないでしょうか。

よく眠れるようになる

ストレスを抱えていると常に交感神経が優位になって、質の良い眠りをとることができません。

前述した通り、ハグにはストレスを軽減する効果が期待できます。ハグによって副交感神経が優位になると、心身がリラックスできてよく眠れるようになるのです。

睡眠は毎日の活動において欠かせないもの。質の良い睡眠をとるために、寝る前にハグを実践してみてもいいかもしれません。

やる気が出てくる

心身が疲れていたり、気分が落ち込んでいるときは、何もやる気が出ませんよね。好きな人とハグして幸せな気持ちになると、精神的に落ち着いてきます。「やる気がでない」というのは、身体的疲労よりも精神的疲労のほうが大きく影響しているもの。

ハグによって精神的疲労が解消され、前向きな気持ちになることで「やる気」が出てくるのです。

ハグによる幸せホルモンとは

ハグすることで脳内に「幸せホルモン」と呼ばれる物質が分泌されます。これにはどういったものがあるか、どのような働きがあるのか、詳しくみていきましょう。

オキシトシン

オキシトシン とは脳内物質の一つで、「愛情ホルモン」や「恋愛ホルモン」とも呼ばれており、ハグや簡単なボディタッチなどによって分泌されます。オキシトシンには以下のような効果があるといわれています。

  • 優しい気持ちになれる
  • 精神が安定しストレスが減る
  • 相手への信頼感が増して人間関係が円滑になる
  • 記憶力が向上して学習意欲が高まる
  • 心臓機能が高まり感染症予防に役立つ
  • 他の異性に関心がなくなり浮気予防に役立つ

オキシトシンは幸せな気持ちになるだけでなく、健康面や学習面にも好影響が期待できるのです。

βエンドルフィン

ハグをすると、「幸せホルモン」であるβエンドルフィンが分泌されます。βエンドルフィン には以下のような効果があるといわれています。

  • 鎮静作用
  • 苦痛をやわらげる
  • 安心感・快楽を感じる
  • ドーパミンの分泌を促進させる
  • 免疫力を向上させる

βエンドルフィンは、ハグだけでなく愛情行為や、気持ちの良いものを見たり聞いたりしたとき、美味しいものを食べたときにも分泌されるといわれています。ハグする相手がいないという人は、趣味に没頭したり好きなものを食べると効果があるでしょう。

ハグの日常生活への取り入れ方

ハグの素晴らしい効果を紹介してきました。こんな素敵な行為なのだから、もっと積極的に日常生活に取り入れたいですよね。

ここからは、ハグを日常生活に取り入れるおすすめの方法を紹介します。

「おはよう」「おやすみ」のハグ

日常生活で欠かせない「おはよう」「おやすみ」の挨拶。このときに言葉だけでなく、ハグしあうのがおすすめです。眠気も、ハグの幸せホルモンでやる気に変化するでしょう。

また、就寝前に夫婦や家族同士でハグしあうことで、愛情を確認できて幸せな気持ちに包まれます。そうすることで、深く質のよい眠りにおちることができるでしょう。

「行ってきます」「ただいま」のハグ

「行ってきます」「ただいま」のハグもおすすめです。「行ってきます」「行ってらっしゃい」と抱き合えば、「離れていても大丈夫。ちゃんと帰ってくるからね」と安心できるでしょう。

「ただいま」「おかえり」と抱き合えば、「無事に帰ってきてくれてありがとう」「あなたのことが大好き」という感情が伝わります。もちろん、笑顔で言葉を交わすことも大切ですが、そこにスキンシップが加わることで、より強い感情表現ができるのです。

ハグの時間は長めに確保しよう

ハグの時間はできるだけ長めに確保しましょう。その理由は、しっかりと相手の体温や心動を感じることで、より一層安心感や愛情が伝わるから。

短いハグだと挨拶程度にしか感じませんが、長めのハグなら「愛されている」「守られている」と感じることができるはず。時間のない人は、1日1度でもOKなので、長めにハグできる時間を確保しましょう。

キスもセットにすると効果が増大

恋人や夫婦の愛情表現なら、キスもセットにするのがおすすめです。キスにも「βエンドルフィン」を分泌させる効果があります。ハグとキスのセットで、より多くのエンドルフィンを放出して、幸福感に包まれましょう。

ある統計で、毎朝キスをするカップルは、しないカップルに比べて、カップルでいる期間が3年以上も長いことがわかっています。「おはよう」「おやすみ」「行ってきます」「ただいま」、ハグとキスのセット効果で円満家庭を目指しましょう。

驚くべきキス効果!?ストレス解消にはもってこい!もはや麻薬でしょ

まとめ

まだ、日本人には馴染みのうすいハグですが、こんなにも効果が得られることがわかりました。ハグは、ちょっと照れくさいかもしれませんが、お金も掛かりませんし、いつからでも始められる簡単な愛情表現です。

ストレス解消や健康のためにもなり、幸福感を得られる上に人間関係も良くなります。

ぜひ、今日からハグを習慣にして、幸福な毎日を過ごしてくださいね。