穏便にすませたい!男性への断りメールの文面例を紹介!

素敵な男性と出会い、自然に恋愛関係が育まれれば良いのですが、そう簡単に人生は進んでくれません。多くの男性と出会うことが多くなりますが、好意を寄せられ、お断りするケースも増えてきます。冷たいと感じられるのも回避したいですし、嫌な女と思われるのも回避したいと思う女性は多いと思われます。適切な断りメールの文面を考えてみましょう。

何度か会っているうちに食事に誘われたり、好意を持たれたりすることもあります。好意を寄せる対象であれば良いのですが、そうでない場合はどうしたら良いのでしょうか。メールで穏便に断る文面を考えてみましょう。

気の進まない誘いのメールでの断り方


男性からの誘いを断ると、人間関係に支障をきたしてしまうと考えがちですが、そうではありません。簡単にお誘いに応じてしまうと、自分に好意を持っていると勘違いされがちです。穏便に済ませるには、それなりの理由を考え、丁重に断ることが大切です。

仕事が忙しい

メールにおいて、「仕事が忙しい」という文言の下に文章を作成すれば、大抵の方は納得してしまいます。遠まわしな断り方ですが、有効な方法と言えます。気の進まない誘いはメールで返信する方が良いでしょう。電話であれば、電話を切るタイミングも掴みにくいですし、時間を無駄にしてしまいます。

メールであれば、返信を自分の好きな時間にすることも可能となりますので、良い方法と言えます。仕事が忙しいことを理由に断ることは普遍的に存在するものです。有り得ないくらいの忙しさをアピールしてみることも大切です。「半年先まで予定が空いていない」というような文面を使ってみると、効果的です。

半年先まで待てる男性はほぼ、存在しません。大抵の方はこのタイミングで諦めます。「仕事が忙しい」という文言は相手に角を立たせない断り方ですが、「申し訳ありません」という言葉を添えると悪印象を持たれることはありません。気の進まない誘いは礼儀正しく、メールでお断りすることが重要です。

彼女ができない男性社会人の決定的な共通点とは・・・

予定が立たなくて分からない

予定が立たないことには、男性もどうすることも出来ません。「SNSを始めたら、友人からのお誘いが多く、忙しい」という文面が相手を傷つけない文面となります。ポイントとしては、端的に短くすることがポイントです。

優しさを滲ませてしまうと、逆に誤解を生んでしまうことになります。「予定が立たなくて分からない」という文面の断り方は案外、冷たい断り方かもしれませんが、隙を見せると、そのメールのやり取りが長期間、続いてしまう可能性が高まるので、今後、そのようなやり取りを続けることがないように端的に短い文面を使用し、終わりにすることが大切です。

「家族との時間があるから予定が立てられない」という文面も有効的です。家族を大切にすることは世間的には好印象を持たれますが、恋愛的には男性が引く要因ともなります。家族との触れ合いを理由にすることも相手にとって、角の立たない方法であり、自身の印象を下げることにもなりません。気の進まない誘いのメールで「家族と過ごすことを優先するから予定が立てられない」いう文面は効果的であると言えるでしょう。

男性を傷つけない告白の断り方


もし、男性から告白され、お断りする場合は、相手の心情を思いやることが大切です。そのことを怠ってしまうと、心証を悪くし、酷い噂が流され、窮地に立たされるかもしれません。そうなってしまっては元も子もありません。傷つけない断り方を実践しましょう。

今は誰ともお付き合いする気はない

「今は誰ともお付き合いする気はない」とメールで返信することにより、失恋や恋人との別離によって、恋愛することが苦手になっているというイメージを連想させます。それでも、相手が誘ってくるのでれば、「有り難いですが、恋愛することはしばらく・・・」と回答することが良い文面と言えるでしょう。

その後の質問攻めがあっても、ノーコメントで通すことをおすすめします。毎回、同じ回答を繰り返していけば、大抵の方は次第に諦めてくれます。ポイントとしては、「あなたじゃ無理です」という理由を表現方法として使用しないことです。

あくまで、他の原因の存在を知らせることです。伝え方ひとつで、印象が変化してしまいますから、上級の心理テクニックを駆使し、良好な関係を維持していきたいものです。メールでは文面がすべてです。相手からのアプローチに感謝を示すことも大切であり、メールの心象を柔らかくさせることが大切です。

「気持ちは嬉しい」と伝える

最初からきっぱりと断ることも誠意のひとつですが、お断りする際は、「気持ちは嬉しい」との文言を使用しましょう。断りの意思ははっきり、伝えて、言い方は柔らかく伝えることが大切です。曖昧な返答ですと、相手がどう解釈するかが読めません。

大抵は、勘違いをし、行動がエスカレートしてしまう場合があります。そうしないためにも、相手のプライドを傷つけないように「気持ちは嬉しいのですが」と一言添えることが大切です。そうすれば、角を立てずに自分の意思を伝えることが可能です。こんな自分に告白してくれることに感謝をされると、大抵の男性は引き下がります。

平身低頭な断り方をされ、それでも、その男性がしつこく食い下がるとなると、自分の印象をも下げることに直結してしまいます。そういう事態は回避したいと思うのは当然ですから、「気持ちは嬉しい」という文言を使用し、お断りすることがベストな方法です。

告白はセリフが大事!相手をキュンとさせる告白のセリフはこれ!

メールでお断りをするメリット


男性に告白を受け、直接、お断りするのもかなりの度胸が試されます。そのときの厳粛な雰囲気に耐えられる方は存在するでしょうか。しかし、メールで断る場合は、相手の表情も見えませんし、自分の好きな時間に返信することが可能なため、心労が減ります。穏便に解決したいのであれば、メールを使用することが好ましいでしょう。

誤解を生まない

メールで告白をお断りすると、誤解を生みません。相手がいちばん、知りたいことは理由です。残念な気持ちや侘びの気持ちをメールにて表現することは礼儀ですが、誤解をも生みかねません。

詫びることに重きを置くことは回避し、誤解を生まないように謝罪の言葉を伝えたら、結論を短く述べ、知って欲しい理由を端的に述べましょう。「申し訳ありません。忙しい日が続いていますので、お付き合いするのは当分、無理です。」と言う文面でお断りするのが良いでしょう。

断りメールの最大の目的は、関係性にヒビを入れないことです。誤解が生じてしまうと、複雑化していきます。告白してきた男性に時間と期待を持たせないことが最大の思いやりとなります。断りメールであれ、今後の自分にプラスになるように、結論を短く述べることが重要となります。

冷静になれる

面と向かってお断りする場合は、感情的なブレが生じてしまい、なかなか、結論を告げることも不可能となり、相手のペースに巻き込まれがちです。そうならないためにも、メールでお断りする方が自分のペースを守ることが可能となります。つまり、冷静に自分の結論を相手に伝えることが可能です。

直接、面と向かって、お断りする場合、その場をやり直すことはほぼ、不可能と言えるでしょう。「自分なりに考えてみたのですが、交際することはできません。大変、申し訳ありません。」と言う文面が良いでしょう。自分が思うように文面を変化させることが可能ですし、相手がどう受け取ってくれるかと、配慮しながら冷静に考察することに重きを置けます。

断りメールの送り方は様々ですが、大切なことはこのメールを受け取った相手はどう感じるかです。それによって、印象は変化してきますから、間接的にメールでお断りをした方がこれからの関係性も円滑に進んでいくでしょう。冷静に自分の現状を把握していくことも大切です。

他に好きな人ができたら?自分の場合・相手の場合それぞれ解説

こんな断り方はNG!


強引な断り方をすると、相手に悪印象を与えてしまいます。そうなってしまうと、人間性を蔑まされたりします。そうならないように穏便に済ませることが大切です。決してやってはいけないことはたくさん、存在します。

不満を一方的にぶつける

不満を相手にぶつけることはしてはいけません。一方的に感情をぶつけられたりしたら、誰でも、不快感を抱きます。「勝手なお願いですが、これで終わりにしてください」といったようなせっかくの縁が存在し、告白したのに、一方的な不満を露わにした文面であれば、失望というよりも怒りを感じてしまいます。

人格や人間性を否定されるような言い方は回避しまよう。たとえ、文字の羅列であるメールであっても、真意は伝わります。相手への不満を一方的にぶつけることは控えましょう。

人に頼む

断る際に大切なことは、相手の気持ちを思いやることです。結論に関しては、自分で伝えましょう。やってはいけないことは結論を他人に頼み、伝達してもらうことです。こうなってしまうと、プライベートで隠したい気持ちを人づてにお断りをすることになってしまい、人間として、礼儀を欠いた行為となります。

直接でも良いですし、電話でもメールでも構いません。お断りする際は、他人に依頼するのではなく、自分の言葉で直接、伝えましょう。お断りするわけですから、告白してくれた相手の心情を思いやった言葉で伝えることが大切となります。

他人のせいにする

相手の告白を受け、自己都合でお断りするわけですから、自分で責任を取りましょう。決して、他人のせいにしてはいけません。他人からアドバイスを受け、お断りするといった結論に達したとしても、その決断をするのは自分自身です。

お断りすることに他人は一切、無関係です。他人のせいにしてしまうと、相手側から自己中心的な性格として判断されてしまい、マイナスのイメージとなってしまいます。相手側が納得する理由をメールで伝えましょう。そうすれば、プラスのイメージを植えつけることが可能となります。いかなる理由であったとしても、相手を傷つけない、相手の事を考えるような配慮が必要です。他人のせいにするのは簡単で、一見すると自分の評価を変えずに断れそうに思うかもしれませんが、相手側としてはあまり納得のいかない理由になりやすいでしょう。

アラフォー独身女性が結婚するには!?考え方と見た目を変えよう

まとめ


何事もお断りするときはなるべく穏便に済ませたいものです。メールでも礼儀を遵守していれば、断られる側も納得してくれるケースがほとんどです。相手の気持ちを思いやり、結論を端的に述べる方法が無難な方法といえます。そうすれば、人間性が高まり、慕ってくれる方が増えることになります。断りメールは気が引けるものですが、自分に好意を持ってくれた方への礼儀として感じてみましょう。