取引先の男性と恋愛するメリット!恋愛関係になるテクと注意点とは

取引先の男性と恋愛をする人は珍しくありません。人によっては、「取引先の人と付き合って、やりづらくないのかな」と思うでしょう。ですが、仕事で関わりのある人だからこそのメリットもあるのです。

そこで今回は、恋愛に詳しいyukinanaさんのお話をもとに、取引先の男性と恋愛するメリットやデメリット、恋愛関係になる方法などについてまとめました。

取引先の男性と恋愛するメリット


取引先の男性との恋愛は、仕事上で関係があるからこそ、良いと感じられる部分があります。仕事へのメリットや、恋を楽しめるような良さなどがあるので、詳しく見ていきましょう。

お互いに仕事のことを理解しあえる

まったく職種が違う相手よりも、仕事で関わっている男性のほうが、仕事について理解してくれる傾向があります。「どんな仕事をしているのか」「どれくらい大変なのか」「忙しい時期はいつなのか」などを理解してくれるので、付き合いやすいというメリットがあるのです。

お互いに仕事のことが理解できるので、より相手がラクになるような心遣いができたり、サポートができたりするので、愛を育みやすいと言えるでしょう。

ほかにも、お互いの仕事の裏事情などを知ることができるかもしれません。「うちの上司は、〇〇さんから依頼されると断りづらいと言っていた」などと、トラブルにならない程度の情報交換ができることは、仕事においてもメリットがあると言えるでしょう。

彼が一生懸命に働いている姿を見れる


どんな職場でも、一生懸命働く男性の姿はかっこ良く感じるもの。その相手が取引先の男性なら会う機会も多く、一生懸命な姿にキュンキュンしてしまうでしょう。

また、仕事に一生懸命な姿を見るほど、彼に対する信頼感が増すケースは珍しくありません。しっかりと働く男性は、結婚などを考えたときにも頼りになるもの。そのため、しっかりと家族を養ってくれる男性かどうかを見極める材料にもなるので、一生懸命に働く姿を見ることができるというのは、大きなメリットだと言えるでしょう。

新しい一面をたくさん知ることができる

取引先の男性は、仕事で見る部分しか目に入らないので、知らないこともたくさんあるはず。だからこそ、デートをするなど、仲を深めたときにいろいろな顔を見ることができるもの。

少しずつ親密になるにつれて、新しい魅力を発見できることは、新鮮な気持ちでいられることにつながります。彼のことを知るほど、好きな気持ちが強くなることも少なくありません。

仕事だけの付き合いだった男性と少しずつ距離が縮まり、ほかの人が知らない一面を見ることができれば、大きなときめきを得られるでしょう。

取引先の男性と恋愛することのデメリット


取引先の男性と恋愛をするときには、良いことばかりではありません。仕事での関わりがあるからこそ、嫌な部分もあるというもの……。

そこで、取引先の男性と恋愛することのデメリットについて、まとめました。

別れたときが気まずい

仕事の関係者となると、万が一別れたあとも顔を合わす機会はたくさんあります。別れた理由にもよりますが、少なからず最初のうちは気まずさが拭えないでしょう。

こういったことをふまえて、取引先の男性と恋愛をする場合は、誠実な対応をする必要があります。もしも、あなたがほかの男性と浮気をしたことが原因で別れてしまった場合などは、まわりの人に言いふらされてしまうかもしれません。

そういった噂は、尾ひれをつけて大きくなってしまうもの。根も葉もない噂が広まってしまうと、一層働きづらくなってしまいます。

また、そういった評判の悪さが仕事に影響してしまうケースも考えられるでしょう。「こういった噂が立つ女性には、責任のある仕事を任せられない」などと思われると、仕事のチャンスを逃してしまうので、十分な注意が必要です。

見られたくないところまで見られてしまう

タイミング悪く、上司に怒られたところなどを見られてしまうと、とても嫌な気分になりますよね。好きな人に一番見られたくないのが、「自分が怒られている姿」という女性は少なくありません。

また反対に、好きな人が怒られている姿を見てしまうこともあります。こっぴどく怒られているほど、彼にどんな接し方をしていいかわからず、困ってしまうということも考えられるでしょう。

さらに、周囲の人が彼と付き合っていることを知っている場合には、彼女としての立ち回り方が一層難しく、気まずい思いをしてしまいます。「そっと見守るのが良いのか」「優しく彼に声をかけたほうがいいのか」など、気疲れしてしまうことも考えられるでしょう。

冷やかされて恥ずかしい思いをすることがある


取引先の男性と恋愛をした場合には、職場内のいろいろな人にバレてしまうケースが高いもの。仕事のときの接し方に違和感を覚えたり、一緒に帰るところを見られたりするなど、ずっと隠し通すことは難しいでしょう。

だからこそ、付き合うきっかけなどを根掘り葉掘り聞かれて、恥ずかしい思いをすることが多いもの。配慮ができない同僚が多い場合には、プライベートな話にまでズカズカと入り込まれる可能性も考えられます。

そういった状況で不快な感情を抱くケースがあることは、取引先の男性と恋愛をするときのデメリットであると言えるでしょう。

取引先の男性と恋愛関係になる方法


取引先に素敵な男性を見つけたら、少しずつアプローチすることで、恋のチャンスを広げられます。コツを押さえれば、仲を深めることもそう難しくはないのです。

そこで、取引先の男性と恋愛関係になる方法をお伝えします。

自分のことを知ってもらう

取引先の男性と恋愛をする場合には、自分を知ってもらうことからはじめましょう。積極的に挨拶をしながら、会話のチャンスを見計らって、ちょっとした世間話などができるように工夫するのです。名字だけじゃなく、下の名前まで覚えてもらえるくらい、距離を縮められるように頑張ってください。

プライベートの連絡先をゲットする


彼から連絡先を教えてもらえれば、一気に仲を深められるかもしれません。仕事で会ったときだけでなく、プライベートな時間にやりとりができるようになれば、チャンスは大きく広がります。

そんなときには、名刺などに書いてある仕事用の携帯などではなく、プライベートで使っている連絡先をゲットしましょう。「今度相談させてください」なんて言うと聞きやすいですよ。

飲み会を提案する

連絡を取り合えるようになったら、飲み会に向けて動き出しましょう。二人で行くのが難しいと感じる場合には、まわりの人に協力してもらって、職場の軽い飲み会と称してもいいでしょう。取引先の男性だからこそ、共通の知人が多いということは、活用できる特徴だと言えます。

プロジェクトの打ち上げなどの理由をつければ、飲みに行きやすくなりますよ。

さりげなく告白する

「○○さんに会えるから楽しかった」など、好意を匂わせることをサラッと言いましょう。このように好意を伝えることで、男性はあなたを女性として意識しやすくなります。

そういった意識が強くなるほど、恋愛対象として見てしまうのが男性心理というもの。付き合ったときを想像するなど、あなたのことを考える時間が増えれば、彼に好かれる日もそう遠くないでしょう。

「またしばらく会えなくなるのは寂しいです」なんて言うのも、好意を伝えるときにおすすめですよ。

yukinanaさんの実体験談

yukinanaさん
酒屋さんに恋したことがあって、思い切って連絡先を聞きました。違う人が配達に来たときは、「○○さんじゃなくてちょっと残念でした」なんてメッセージを送ってましたね。

取引先の男性の脈アリサイン


取引先の男性と親密になりたい場合、彼からの脈アリサインを見逃すと、実る恋も実らなくなってしまいます。そんなことにならないよう、男性が示す脈アリサインの特徴を把握しておきましょう。

よく目が合う

目が合うのは好意の表れ。好きじゃない人を何回も見つめようとは思いませんからね。

彼からの視線を感じたら、5秒待って彼のほうを向いてみてください。そのときに目が合ったら、脈アリの可能性が高いと言えます。

そんなときには、ニコッと微笑みかけてみましょう。彼のほうを向いたときに、目が合っていたかどうかを確認できるので、勘違いかどうかがわかります。

話しかけにきてくれる


とくに話さなくてもいいのに、わざわざ話しかけてくれるという場合には、脈ありサインだと言えるでしょう。理由は単純で、好意があって話したいから話しかけに来るというだけのこと。

その反対に、好意がなければわざわざ話しかけに来るようなことはしないでしょう。男性は、好きでもない人に、思わせぶりなことをしない人が多いもの。「興味のない人に好かれても、面倒なだけ」と感じる人も、少なくありません。

時々敬語じゃなくなる

あくまでも取引先の相手ですから、最初から最後まで敬語で話すのが礼儀というもの。それにもかかわらず、会話の中で敬語が崩れることがあれば、それは「あなたともっと仲良くなりたい」というサインです。

敬語はある程度、相手との距離感を保った話し方と言えます。だからこそ、親密になりたいという気持ちが表れると、敬語が崩れてしまうのです。

取引先の男性と恋愛する場合の注意点


社外の人との恋愛なら、気にしなくていいことでも、取引先の男性と付き合うときには注意しておかなければいけないことがあります。仕事と恋愛を両立させることができるよう、取引先の男性と恋愛する場合の注意点について、紹介します。

恋愛よりも仕事を優先させる

恋をすると、どうしても公私混同してしまいがち。ですが、そういった行動は仕事でのミスや問題につながってしまうもの。お互いに立場が悪くなると、仕事がやりづらくなってしまいます。

そういったことが積み重なって、彼の出世に影響したり、あなたが働きづらい状況に追い込まれたりしてしまうと、生活にも悪影響を及ぼすかもしれません。なので、あくまでも「仕事は仕事」とけじめをつけるよう、気をつけましょう。

駆け引きはしない


嫉妬してほしいからといって、ほかの男性と仲良く話しているところを彼に見せつけるのはNG。不安感から、別れの引き金を引いてしまうこともありますからね。

男性の中には、彼女がほかの人と仲良くしているところを見て、「自分のことを大して好きじゃないのではないか」「浮気癖があるのではないか」と疑ってしまう人もいます。あなたへの好意が高まるどころか、愛情が冷めてしまう原因となってしまうかもしれません。

別れても仕事に悪影響が出ないようにする

もし、彼と別れることになっても、仕事がうまく進むように注意しましょう。とくに別れてすぐの頃は、気まずい思いをするかもしれません。ですが、仕事は責任を持ってやり遂げましょう。仕事がおろそかになると、相手にも自分の会社にも迷惑をかけてしまいます。

まとめ

取引先の男性との恋愛は、メリットもデメリットもあります。そんな特徴を理解したうえで、彼との付き合いをスタートさせることで、より良い恋愛をすることができるでしょう。

それだけでなく、うまく歯車をまわすことができれば、仕事の面でもメリットが生まれると言えます。今回お伝えした注意点などを押さえて、取引先の彼との恋をうまく実らせてくださいね。