浮気したい!その気持ちを抑える方法&そもそも浮気する心理って?

他の異性と親しくしているだけでも、裏切られた気持ちになって、浮気だと感じる方もいます。個人的な浮気の定義は異なりますが、法律的には今付き合っている人以外と肉体関係を持ってしまったら浮気だと定義されています。何故、浮気をしてしまうのか、そして、浮気をしたくなっても気持ちを抑える方法について探ります。

男はそもそも浮気する生き物?


さまざまなメディアや企業が男女にアンケートを採ったところ、未婚の男女に関しては、浮気をしたことのある比率がそんなに変わらないという結果が出ています。浮気は男女関係なくあるようです。

皆が本能のままに行動したとしたら、恐らく、男性の浮気率は跳ね上がります。しかし、ヒトには知恵があって、自制心が備わっています。そして、ヒトの場合、繁殖目的よりは欲求を満たすために関係を持つことが多いので、男女間の差が少ない結果になっていると考えられます。

浮気願望と男の関係性

男だからというより、出会いの多さによって、浮気の確率が変わってくるようです。既婚女性は未婚女性と比較すると、浮気の確率が低いという結果がでています。ネット上でささやかれている説では、男性は常に外に働きに出ていて、他の女性と関わることが多いことや、女性が妊娠している間に欲求不満となり、浮気をしてしまうと予想されています。

対して、女性は家事や子育てに追われ、出会いのチャンスが少なくなったり、出会う時間が無かったりすることが挙げられていて、その結果、男性の全体的な浮気の確率が高くなっていると言われています。

浮気したいと思わせてしまうのは女のせい?

男性側が浮気をした場合、男性の気の緩みが根本的な原因ではあります。しかし、なかには、女性側が最近、男性に対して無関心だった、妊娠中であまり関係を持てなかったことが原因で男性が浮気に走ることもあり、男性だけが悪いとも言い切れないケースが多いです。(妊娠中に関してはどうしようもない部分もありますが)

そもそも、浮気癖がある男性に関しては、男性自身が浮気をしないように我慢や努力をする必要があります。女性側で努力しても改善されない場合、今後のことについて、男性と話し合う必要があります。過去に1回でも浮気をしたことがある男性であれば要注意です。

残念ながら生物学的に男は浮気するものという結論が…

性欲は子孫を残すためにあるものです。そのため、女性の場合は排卵期に性欲が高まるとされ、妊娠時は性欲が減退する傾向にあります。

一方、男性は妊娠することもなく、更に自分の遺伝子を多く残したいという動物的な本能が備わっているため、時期を問わず、性欲があります。女性は待ちで男性が誘うという図式は動物の本能そのものを表しています。女性に構ってもらえない場合、浮気がしたくなるという男性は本能が理性より先行してしまった結果と言えるでしょう。

女だって「浮気したい!」と思う瞬間が


男性は性欲が先行して浮気に走ることが多いですが、女性は感情が先行します。男性はカラダだけの関係と割り切れても、女性の場合は感情が伴わないと関係を持ちたがらない傾向にあるため、女性が関係を持つ場合は相手に少なからず、魅力を感じているということです。

彼とマンネリ気味

マンネリも女性にとって浮気の原因となります。いつも同じデート場所、出かけるのも面倒になり、家デートばかり、長く付き合っていると記念日も適当に済ますことも…。女性は口に出さずとも記念日を気にしている場合が多く、男性が忘れていたなんてことがあれば一気に冷めてしまう女性もいます。

もう彼とは終わりにしよっかな…

別れたいと思う理由はいくつも挙げられます。彼のエッチが淡白、将来が見えない、身だしなみを気にしなくなって冷めてしまった…などさまざまな理由を耳にします。彼が別の女性と親しくしていることや、経済的・精神的に上回る相手が現れたなども別れを考える原因です。

そんなときに心のスキマを埋めてくれる別の男性が現れたら、つい、浮気を考えてしまうでしょう。女性の浮気は本気へと変わることが多いので、男性側は別れたくないのであれば、彼女への気配りを忘れないよう、心掛けましょう。

相手のゴリ押しに負けて…

感情が先行する女性はムードに流されやすい傾向にあります。外見が好みな男性と高級レストランで食事をし、酔ってしまったので、休ませてもらうために男性の自宅へ行って甘い言葉を掛けられる…。これは例え話でベタな展開ではありますが、このようなシチュエーションに弱い女性は少なからず存在します。

なぜ人は浮気したいと思ってしまうのか


男女共通でマンネリを理由として挙げる人が多いです。ただし、マンネリを感じる部分は男女間に差があります。その差は男性が性欲先行、女性が感情先行で浮気をする部分にあります。

不倫をしてしまう既婚者(男性)のホンネ

女性は男性に比べて性欲がある期間とない期間の差が激しく、いつでも性欲がある男性と温度差が生まれる場合があります。特に妊娠中や出産後、育児に追われて子供の方にかかりっきりになってしまうときに、男性側が欲求不満となり、つい、浮気をしてしまうというケースがあります。男性のなかには子どもができた後、女性として見ることができなくなったという人もいます。

そして、時期は関係なくカラダ的に魅力のある女性に隙を見せられたらつい出来心で…なんてこともあります。男性はカラダの関係のみでも気にせず、持つことができる傾向にあります。そして、それは奥さんに対して愛情があるかないかは関係がありません。男性が全員そうかといえばそうではなく、大抵の男性は理性でコントロールしています。

不倫をしてしまう既婚者(女性)のホンネ

男性に対して女性は、夫に愛情がなくなってきたために不倫に走るケースが多いです。男性は奥さんに愛情があってもカラダだけの関係を持つことがありますが、女性が不倫をする場合は、夫に魅力を感じなくなったからという理由が多くを占めます。そのため、夫が女性の不倫に気づいた場合には危機感を持つべきです。

例外として、夫が不倫をした場合に仕返しとして、自分も不倫をするという女性もいます。この場合は男性に愛情があっても、裏切られたことへの悔しさや寂しさを感じ不倫に走ります。もちろん、男性に冷めかけている場合でも、同じ理由で不倫をすることがあります。

女性は不倫に明確な理由がある場合が多いので、ヨリを戻したい場合はどうすれば今後、うまく付き合っていけるのかを話し合う必要があります。対応が遅くなると、奥さんの心が完全に不倫相手にいってしまい、ヨリを戻せなくなる可能性があります。

人間・道徳的に未熟?

一般的に浮気や不倫は気の緩みだと言われますが、一番、問題な部分は男性側女性側、どちらかを傷つけることです。しかし、どちら側が浮気や不倫をしたとしても、された側にも問題があることもあります。浮気や不倫をした側が確実に周囲から責め立てられますが、相手側にも原因があることが多く、その人だけを責めるだけでは解決に至らない場合があります。

一時的ではなく、本気の浮気や不倫に関してはその後、どうなっても責任を持つことができるのか、そして、仮に相手に捨てられてしまったとしても悔いはない、本当に相手が好きだという場合は浮気や不倫から始まった恋愛でも乗り越えられるでしょう。しかし、半端な気持ちで始めた浮気や不倫は後悔しか残らない結果が待っています。

浮気したい!その衝動を抑える方法


衝動を抑えたいという気持ちがあるのであれば、あなたはきっと、彼に少しでも愛情が残っているのでしょう。もしくは、子供がいるのであれば、子供のことが思い浮かんだ方もいるかもしれません。浮気に走りそうになる前に、浮気がバレたときにどうなるかを思い浮かべてみることです。そもそも、相手と二人きりになることを避けるのが一番、良い方法です。

長い目で先々をしっかり見よう

浮気や不倫にメリットはほぼ、ありません。あるとすれば、本当に浮気(不倫)相手が自分のことを想ってくれていて、一緒になっても変わらずに愛し続けてくれる保証があるのであれば、今より良い結果になるかもしれません。でも、実際は一緒になってみるまで、その先のことは分かりません。

最初はよくしてくれていても、態度が急変する可能性もあります。子供がいるなら、二人の間に子供が生まれた場合、連れ子にどう、対応するのかも考える必要があります。生まれたときから一緒にいるパパではないので懐かないこともあるでしょう。これだけの不安要素があっても浮気(不倫)をしたいのかよく考えてみてください。

浮気がばれたら…怖ろしい結果が待っている

彼や夫とは確実に揉めるでしょう。結婚をしている場合は裁判沙汰になる可能性だってあります。浮気相手が面倒を避けたいがために、いなくなることも考えられます。

子どもがいる場合、子どもの気持ちも考えてみましょう。親が浮気をしたことがクラスメイトにバレて、いじめられるようになった話もあります。離婚をする場合、親権を持つことも危うくなる場合があります。

結婚していない場合でも、彼からなんらかの復讐をされることも…。実際に被害が出た場合は彼が責任を問われることになりますが、わざわざ、怖い思いをしたい人なんて誰もいません。人を裏切ることは必ず、何らかの形で自分に返ってきます。別に好きな人ができても最初に必ず話し合って、別れたい旨を伝えるべきです。

浮気の代わりになる発散方法を見つける

例を挙げると、男性アイドルグループやミュージシャンのファンになるのもよいのではないでしょうか。ライブへ行ったり、家で曲を聴いていたりすると存在を身近に感じられ、擬似恋愛のように楽しんでいる方も多いです。話題も広がり、ファン同士の交流も生まれ、浮気や不倫をするよりはよっぽど、生産的です。

アニメや漫画に興味がある方は2次元のアイドルグループやキャラクターのファンとなるのも良いでしょう。こちらに関しては二次創作物を作り出し、サークル活動として一部の好きなキャラをメインとしたオリジナルストーリーを描き、イベントで販売している方もいます。商用ではなく、個人的に絵を描いて、SNSにアップロードして、同士と一緒に盛り上がる方もいます。中の人、いわゆる声をあてている声優のファンも多く存在し、男性アイドルグループと同じような扱いをされている場合もあります。

浮気願望、浮気性診断やチェックができるサイト


ネット上にはさまざまな診断サイトがありますが、浮気に関しても無料で手軽に診断できるサイトがあります。スキマ時間で診断ができるので、浮気っぽいあなたもそうでないあなたも一度やってみてはいかがでしょうか。意外な結果が出るかもしれません。

実はしてみたい!?浮気願望チェック

4つの項目別にパーセントで結果が表示され、下部に最終結果とアドバイスが表示されるサイトです。アドバイスはなかなか、当を得ている評判であり、人気を博しています。

絶対ないって言い切れる?隠れた浮気願望度チェック

こちらは設問ごとにシチュエーションに合った写真が表示され、場面をイメージしやすいです。写真下部の「プレイ開始!」のボタンをクリックして、診断を始められます。浮気願望指数100%という結果が出てしまう方も多いようです。

あなたの浮気願望レベルを診断でカンタンチェック!

こちらは5つの項目に分けてアドバイスが表示されます。最上部に指数とアドバイスが記載され、下部4つに気をつけるべきポイントが記載されています。浮気願望の数値が高くなったとしたら、浮気をしたいというあなたの隠された願望なのかもしれません。

まとめ


浮気や不倫はばれた場合、悪い結果にしかなりません。「一度だけなら…」と思っていたものがずるずると尾を引き、関係を絶てなくなってしまうこともあります。彼や夫に不満がある場合でも、きっちりと落とし前をつけてから次の関係に移るべきです。