旦那の浮気の兆候と証拠集めのポイント・発覚後の解決方法

お互い好きになって結婚しても、旦那が浮気に走るときはあります。スマホばかり見る、外出が多くなる、電話しても出ないなどの怪しい行動があれば、妻としては旦那が浮気しているのではないかと疑いを持つかもしれません。

ここでは、

  • 旦那の浮気兆候をチェック:行動編
  • 旦那の浮気兆候をチェック:態度編
  • 浮気の証拠集めのポイント
  • 浮気発覚後の解決方法

をご紹介します。うまく隠す男性もいると思いますが、どこかに兆候は見え隠れしている場合も。とはいえ、変に勘ぐり過ぎても浮気の証拠を隠されたり、そもそも浮気なんてしておらず旦那に逆に不信感を抱かれてしまうことにもなりかねません。自分も気をつけながら兆候を探ってみてください。

旦那の浮気の兆候をチェック:行動編

浮気の兆候としてわかりやすいのは行動です。浮気をすると、特に普段と違う行動が目立つようになります。その不自然な行動をチェックしてください。

携帯・スマホを肌身離さず持ち歩く

浮気をすると、相手からの連絡を待ったり都合のよい時間に連絡をしたりするために、いつも携帯やスマホを持ち歩くようになります。トイレやお風呂にまで持っていくようであれば、浮気の可能性は高いかもしれません。

さらに携帯やスマホを失くしたり、電池が切れて使用できない状態になったりすると、とても困って焦る様子を見せます。

妻の前で電話に出ない

携帯やスマホに電話がかかってきても、妻の前では電話に出ません。それが浮気相手からの連絡だった場合、妻の前で電話に出ると浮気がバレてしまうからです。

1度携帯やスマホを手に取り、誰からの電話か確認したうえで出ないのであれば、それは妻に話の内容を聞かれたくないような相手からの連絡だと考えてよいでしょう。

プライベート用のPCにロックをかける

浮気をしていると、パソコンを使ってメールなどで浮気相手と連絡を取るケースもあります。妻にパソコン画面を見られなければ、スマホなどよりはずっと安全だと思っているのかもしれません。

見られないようにするために、使っているパソコンにロックをかけたり、パスワードで保護したりします。

残業・休日出勤・出張の増加

昇進したわけでもなく部署が変わったわけでもないのに、急に残業や休日出勤、さらには出張が増加したときには、浮気の疑いがあるといえるでしょう。

浮気している男性が真っ先に行うのは、浮気相手と会っている時間を会社にいることにして、妻には残業で帰りが遅くなったと説明するという行動です。怪しいと感じたら理由を付けて、残業の時間帯に会社へ電話してみるとよいでしょう。

コンビニ・散歩など旦那一人で外出する機会の増加

コンビニに行く、散歩に行くなど急に外出する機会が増えたとしたら、旦那は浮気しているかもしれません。コンビニや散歩などといった外出が増えた場合、家の近くで浮気相手と会っている可能性が高いのです。

記念日でもないのにプレゼント・お土産を買ってくる

結婚記念日や誕生日でもないのに、プレゼントやお土産を買ってきて妻に贈るような場合、旦那には浮気している可能性があります。浮気をして妻に嘘をついているという後ろめたさや申し訳ないという気持ちから、妻にプレゼントやお土産を買ってくるのです。

特に今までプレゼントなどなかったのに、急に買ってくるようになったとしたら怪しいといえるでしょう。

車の走行距離の不自然な増加

浮気相手とドライブや食事に行くなどして車を使えば、急に走行距離は増えます。たとえばいつも通勤でしか使わないのに急に走行距離が増えていたとしたら、それは別の用事で車を使っているということになるでしょう。

車の走行距離は、メーターをチェックするか、ガソリン料金や使用量をチェックすることで確認できます。

結婚指輪を外している

浮気相手に結婚していることを知られたくないために、結婚指輪を外して密会する男性もいるようです。普段は結婚指輪を付けているのに、特定の日や時間帯だけは外しているとすれば、浮気を疑ってもよいかもしれません。

金遣いが荒くなった

浮気して女性と関係を続けるにはお金がかかります。食事やプレゼント・交通費・身だしなみなど、多くのものにお金をかけているかもしれません。もしも急に金遣いが荒くなったのであれば、浮気を疑ってみましょう。何にお金を使ったかを聞いても旦那が答えられない場合は、余計に怪しいです。

旦那の浮気の兆候をチェック:態度編

浮気をすると妻には気持ちを隠して接しようとしますが、いくら気持ちを抑えても態度に表れます。普段と違う態度を示す、急に態度が変わるなどすれば浮気の可能性が高いです。その態度の変化もチェックしてください。

落ち着きがなくなった

浮気をすると、妻に見付からないかそわそわして落ち着きがなくなります。出勤するときは普通なのに、仕事から帰ってきたあとや休日など、浮気相手と会う時間の前後ほど落ち着きがなくなるでしょう。

身だしなみに気を使うようになった

浮気相手と会うようになるので、身だしなみに気を使います。女性と会う際、男性はできるだけ自分をよく見せようと見た目に気を使うものです。急にオシャレをするようになったなどの変化があれば、浮気をしているかもしれません。

普段とは異なる香りがする

身だしなみに気を使うと同時に、香水を使用し始める男性もいるようです。また、浮気相手の香水の香りが服に染み付くといった場合もあります。旦那から普段と違う香りがした場合は、浮気の兆候があるかもしれません。

妻への接し方が冷たくなった

旦那としてはすでに浮気相手に気持ちが移っているので、妻への態度が冷たくなります。特に喧嘩したわけでもないのに急に態度が冷たくなったりした場合、浮気している可能性が高いでしょう。

夫婦の営みの減少

浮気相手と営みをするので、男性としては疲れてしまい妻との営みは減ります。妻が夜に求めたとしても、疲れたなどと適当な理由を付けて旦那は行為を避けようとするでしょう。何日も行為を避けるようであれば、ほかの女性と会っているのかもしれません。

証拠集めのポイント

浮気の兆候があり、怪しいという気持ちが確信に変わったら次は証拠集めをしてください。ただし証拠を集める際には急がず焦らず、直接的な行動は避けましょう。

証拠隠しを防ぐため問い詰めない

カップル マンネリ

浮気しているとわかり旦那に対して怒りがこみあげても、直接問い詰めることはおすすめしません。問い詰めるのは決定的な証拠が見付かってからです。

その前に旦那を問い詰めると、話をあやふやにされるだけでなく証拠を隠されてしまい、これまでよりさらに厳重な状態のもとで浮気をされてしまいます。

自力での証拠集めはプライバシー権侵害などのリスクあり

自分で証拠を集めるならば、行動に気を付けましょう。浮気相手の家の周囲を嗅ぎ回るなどの行為は、プライバシーの侵害になるおそれがあるかもしれないのです。

プライバシーや権利を侵害すると、訴えられる危険性もあります。勝手にスマホやカバンの中身を見るのも、プライバシーの侵害です。

離婚裁判で不利になるため仕返しとしての浮気をしない

将来的に離婚を視野に入れているなら、いくら旦那が浮気をしても、妻は仕返しとしての浮気をしないようにしましょう。離婚裁判を行うときに妻も浮気をしているとなると、裁判は不利に進みます。有利に進めたいならば、妻としては旦那の浮気の証拠集めだけに集中してください。

探偵社・興信所に相談・依頼を検討

個人で浮気の証拠を集めるには限界があります。なかなか証拠が見付からない場合も多いかもしれません。具体的な証拠を見付けるために、探偵社や興信所への依頼を検討してみるとよいでしょう。お金はかかりますが、プロのやり方で証拠を集めてくれます。

旦那の浮気発覚後の解決方法

浮気の決定的な証拠が見付かれば、夫婦として今後どうしていくかを考えることになるでしょう。話し合いを行うことになりますが、今後の方針の決め方にはいくつかのポイントがあるので、参考にしてみてください。

今後について冷静に話し合う

まずは旦那と話し合って、今後どうしていくかを決めます。ただし話し合いの際には、お互いに冷静な状態を保ってください。興奮して感情に任せて話し合っているうちに、暴力沙汰に発展するという危険性もあります。

DVを問われる可能性もあるため暴言・暴力はしない

女性から男性への暴言や暴力もDVです。旦那に対して暴言を吐いたり暴力を振るったりしないよう、冷静な状態で話し合いましょう。逆に旦那から暴言や暴力を受けた場合、それは裁判や慰謝料請求において有効な証拠となるので、記録しておいてください。

旦那の浮気相手に慰謝料を請求する

浮気の証拠があれば、相手に慰謝料を請求することが可能です。慰謝料を旦那に請求しても夫婦間でお金が移動するだけなので、浮気相手に請求します。慰謝料は離婚するかしないかで金額が変わることも覚えておきましょう。

離婚する

浮気が原因で、これ以上旦那と一緒に生活ができないと判断した場合は、離婚を決断することもあるでしょう。旦那との話し合いで、どのように離婚するか決めるケースが多いです。夫婦間の話し合いで決まらない場合は家庭裁判所で話し合い、それでも決まらない場合は最終的に裁判へと移行します。

弁護士に相談・依頼を検討

離婚するにはどうすればよいか、慰謝料についてはどうなっているかなどを知りたいなら、弁護士に相談してください。なかには無料相談を行っている弁護士もいます。相談に対するアドバイスをもらえることはもちろん、離婚の手続きの代行を依頼することも可能です。

まとめ

旦那の浮気を疑ったなら、まずは証拠を集めましょう。そして証拠が見付かれば話し合いを行い、離婚するかどうかなどを決めていくことになります。

ただし証拠集めにしても話し合いにしても、冷静になって行うようにしましょう。興奮してカッとなった状態で行動すると、プライバシーの侵害や暴力行為などを引き起こし、裁判沙汰に発展するかもしれません。気持ちを落ち着かせてから行動してください。