彼氏に振られた!立ち直る方法・復縁する方法を教えます

ずっと付き合っていきたいと思っていたのに振られてしまう・・・あまり経験したくはないことですが起こりうることです。

今回は

  • 彼氏に振られた原因
  • 彼に振られた後はどうすればいい?
  • 立ち直るために意識すべきこと

についてまとめました。なぜ彼氏に振られたのか、考えられる理由とそこから立ち直るために何をすればいいのかを知っておきましょう。

彼氏に振られた……私のなにがダメだった?

彼氏になんで振られたのかわからない、そういったことはありますよね。自分のどこがダメだったのかは、当事者だとなかなかわからないものです。ダメだった理由を知っておきましょう。

1人で何でもできる女性だと思われた

彼氏に弱いところを見せたくないと思い、悩みを相談しなかったり何でも自分一人で乗り越えたりすることは、彼からすると頼りにならないのだとガッカリされかねません。

男性は時に頼られたりすることに喜びを感じるので、何でも1人でできる女性は彼氏を必要としないと思われ、振られることもあるでしょう。

彼氏を怒ることが多かった

ささいな口喧嘩はどのカップルにでもあることです。ですが喧嘩はすべて彼氏のせいだと思い込み、彼氏を責めたり思い通りにしようとしたりして、一方的に怒り愛想をつかされるパターンもあります。

束縛が激しかった

彼氏のことが好きすぎて自分と会っていない時は何をしているのか気になり、浮気をしていないか心配して束縛してしまうパターンもあります。

予定を聞くくらいはかわいくていいのですが、彼氏のなにもかもを把握しておかないと許せない姿勢についていけない男性も多いのでしょう。

感情の起伏が激しかった

女性は男性に比べて感情的な生き物ではありますが、感情の起伏が激しすぎると彼氏はついていけなくなって振られます。

ささいなことで泣いてみせたり、いつも怒っていたりすると付き合っていても楽しくありませんし、彼氏は疲れを感じてしまうでしょう。

いつもねだられるのが嫌になった

彼氏から食事などをおごってもらったりプレゼントをもらったりするうちに、何かしてもらうことが当たり前になってしまうことがあります。

それが日常的になると、彼氏の経済的負担も大きくなりますし、お金を出してもらうことが当たり前になっている彼女の自分本位さに、腹立ちを覚えることもあるでしょう。

すれ違いが不満だった

仕事の休みが合わないことが続き、両方が忙しすぎてすれ違い生活になることがあります。またどちらかが趣味を持っていたり、十分に会える時間が少ないと不満につながるでしょう。

すれ違い生活を解消することができなくて振られてしまうケースはたくさんあります

新鮮さが足りなくなった

付き合っているうちにどんなカップルでもたいていマンネリ化するものです。慣れてきたからといって彼氏に素の自分を見せすぎてしまうと、女性としての新鮮味が薄れてしまい別れにつながるケースもあります。いくら長いお付き合いになっても、女性らしさは失わないようにしましょう。

結婚する未来が見えなかった

彼女と結婚する未来が見えずに、別れてしまうケースもあります。料理や家事が壊滅的に下手だとか、思いやりのない性格だった、仕事が男性並みに忙しく家庭に収まるつもりがない、などといった理由から結婚生活がイメージできないパターンはいくつかあるでしょう。

そうすると男性は奥様になるのにふさわしい子を探したくなるのです。

他に好きな人が出来た

彼氏にほかの好きな人ができてしまうのも、振られる理由の一つです。こればかりは防ぎようもなく仕方のないことかもしれません。

自分がたとえどんなに尽くしても、ほかの女性に気をひかれることは残念ながらあり得ることですね。

彼氏の仕事が忙しくなった

彼氏の仕事が忙しくなりすぎて、恋愛どころではなくなってしまったことが原因の可能性も。彼女の存在が仕事の励みになればよいのですが、逆に恋愛に時間と労力をとられて仕事の重荷になることもあります。そうすると別れの原因になってしまうのです。

彼に振られた後はどうすればいい?

彼氏に振られたあとはどうすればよいのでしょうか?未練がましく追いかけてばかりでは、新しい恋愛をすることもできませんし気持ちも沈みがちです。

気持ちを切り替える方法を知っておきましょう。

感謝の気持ちはしっかり伝える

付き合ってくれた彼氏には、感謝の気持ちは伝えることにしましょう

振られて辛いからといって恨みばかりを言って別れるのでは、付き合ったときの楽しい思い出までもが帳消しにされてしまいます。彼氏からあなたへは悪印象しか残らないのは残念ですね。

復縁したいと思うなら時間を置く

振られた当初は納得できず「復縁したい」と思うようなこともあるでしょう。しかし彼氏はあなたと別れる決断をするまで、それなりの時間をかけています。

復縁を迫るのであれば、あなたの存在がいかに重要かを考え直すことができるくらいの冷却期間を置きましょう。2,3か月が目安です。

友達でいるなら距離を適度に保つ

別れてからもせめて友達でいたいと思うのであれば、まずは距離を置きましょう

振られたのにベタベタしていたら、あなたに対する嫌悪感が増してくる可能性もありますし、周囲も対応に困るからです。同じ会社やサークルなどで顔を合わす場合など、距離感を保ちましょう。

連絡をしない選択肢もあり

振られてしまった彼氏にあれこれ連絡をするのは、古傷に塩を塗るようなものですし、次の恋愛に向けて進むこともできません。

そのようなときには一度連絡を絶つのもアリでしょう。SNSをブロックし見えないようにして、連絡先を消去してしまうと気持ちの切り替えがしやすくなりますよ。

好きという態度は隠さなくても良い

振られたからといって、すぐに相手を嫌いになれるものでもありませんし、無理に嫌いになる必要もありません

好きという気持ちは心の中に持っていても問題ありませんし、振られても無理をしてわざとよそよそしい態度をとらなくてもよいでしょう。

立ち直るために意識すべきこと

大好きだった彼氏に振られてしまった・・・立ち直るためにはどのようなことを意識すればよいのでしょうか?立ち直るためのコツを集めてみました。

とにかく忙しい時間を作る

失恋から立ち直るには、とにかく忙しい時間を作ることです。忙しければ忙しいほど失恋の痛みを考える時間が無くなるからです。

忙しく充実した時間を作ることにより、振られたことに悩んでいるのがばかばかしくなって失恋から早く立ち直れます。

目標を何かしら立てる

失恋や酷い振られ方をすると、なかなか立ち直ることができずとにかく元気を取り戻すのが難しいこともあるでしょう。

そんなときに自分を元気づけるためにも目標を立て、そしてその成功体験を積み重ねていくことが大切になります。

全て友達に聞いてもらう

自分の中で振られた痛みを消化しようとしても、なかなかうまくいきません。一人で思い悩むと考えが堂々巡りになってしまいます。

そういったときは友達に今までの失恋、そして悩みを話すことで心が整理されることもあるでしょう。

旅行に行ってみる

非日常体験をすることによって、失恋をいやす方法があります

旅行に行ってきれいな景色や大きな建造物を見ると、自分が悩んでいることが小さなことのように思えるでしょう。そうすると失恋からの立ち直りも早くなりますよ。

他の出会いを求めてみる

たとえ彼氏に振られたとしても、世の中にはほかにも素敵な男の人はたくさんいます。合コンをしたり、趣味の集まりに出かけてみたりすることで、ほかの出会いがあるかもしれません。

異性に限らずよい出会いがあると、それだけ過去の失恋の傷をいやすことができます

明るく振る舞う

振られたからといっていつまでも落ち込んでいては、周りの人も離れていきます。振られたときほど明るく振る舞い、ほかの人が話しかけやすいようにポジティブ思考でいきましょう。

そうするとよい出会いがあるかもしれません。

振られたことへのストレスを発散する

自分が思い描いた未来と違う恋愛、すなわち失恋はストレスが溜まります。ですから失恋したことを忘れるようにストレス解消をすることで、一歩前に進めるようになるでしょう。

新たな趣味でもよいですし、おいしいものを食べに行く、好きなことをするなどストレスを解消するように努めてみてください

まとめ

大好きな人に振られる理由はさまざまですが、一人で何でもできる女性だと思われていた、束縛が激しい、いつもねだられる、マンネリ化などといった理由があります。振られたあとは彼氏に恨みや未練ばかりにとらわれず、感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。

また、別れた彼氏と復縁したいと思うのであれば、とりあえず時間をおくことが必要になります。失恋から立ち直るためには、とにかく忙しい時間をつくり、旅行に行く、目標を立てる、新たに出会いを探すといったことが有効です。